*

岡崎泰葉「私は先輩だもの…!」喜多見柚「おおっ」工藤忍「…」ハラハラ


1:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 19:52:35.71 ID:qlxvxnkc0


ガチャ


「ただい――」

泰葉「!わあ…」ボスッ

岡崎泰葉(16)
岡崎泰葉(16)

「っと」

「…泰葉?」

泰葉「あ、あー…えっと…その」ポフポフ…

泰葉「す、すいません。ぶつかってしまって」ペコ

「うん。べつに大丈夫だけど…」

「なにか急ぎの用か?」

泰葉「そ、そうなんです!」

泰葉「なので、失礼しますね。あの、本当にごめんなさい」ペコペコ

「おー…」

バタンッ

「…なにかあったのかな」


2:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 19:54:12.35 ID:K7mFHj2Wo

「あみあみ」

喜多見柚(15)
喜多見柚(15)

「…」モクモク

工藤忍(16)
工藤忍(16)

「…」アミアミー

「?…あっ」パァァ

「Pサンだ!へへっおかえりー」

「おう。ただいま」

「今日も編み物か」

「ですですー」ニヘー

穂乃香「お疲れさまです。プロデューサーさん」

綾瀬穂乃香(17)
綾瀬穂乃香(17)

「うん。ありがとう」

「…」モクモク

「…相変わらず忍はすごい集中力だな」

「ね。柚のぐさぁーも効かないからねー。たいしたものですなー」ウン

穂乃香「ほ、本当にそうですね…」コクコク

(ぐさぁが効くのは穂乃香だけなのでは…)


3:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 19:54:46.23 ID:qlxvxnkc0

「へへ。でも柚このまえいいこと思いついたんだー。そだっ試してみようかなっ」ゴソゴソ

穂乃香「??いいことですか?あっもしかしてぴにゃこら太の新しいふぉるむですか…」ワクワク

(アイツ形態あれだけじゃなかったのか)

「ほ、穂乃香チャンはぴにゃこら太のことが好きすぎじゃないかナー…」

「じゃなくてーえっとですねー」

「取り出しましたるこのポッキーを!」サッ

穂乃香「?」

「…」モクモク

「へへっもくもくしてる忍チャンにそっとぐさぁーします」スッ…

「…」…パク

「…」モクモク

「するとほらっ忍チャンがなんだか食いしん坊サンみたいに!」ペカー

穂乃香「おー…たしかに見えます…」

「え、見えます?」


5:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 19:55:22.07 ID:K7mFHj2Wo

「というか見えたら、なにかいいことなのか、これは」

「ほらほら。穂乃香チャンもやってみよっ」

穂乃香「は、はい。ではそっと…ぐさー」

「…」パク

「…」モクモク

穂乃香「…!」キュン

穂乃香「な、なんだか忍ちゃん、とても可愛いですね…」

「ねー」

「あっPサンもどぞー。ぐさー」

「ん。どうも」ポリポリ


7:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 19:55:58.68 ID:qlxvxnkc0

「…」モクモク

「うーん。こうなると、どのくらい食べてくれるのか気になって来るなー」

穂乃香「…ふふ。ぐさぐさ…」

「…」パク

「…」モクモク…

(…これはすごく集中しているとかどうとかいう問題なんだろうか…)ハハ…

「…あ、そういえば…」モグモグ

「なあ。さっきそこで泰葉に会ったんだけど」

穂乃香「泰葉ちゃんですか?」

「ぐさぁーっ」

「…」パク、モクモク

「…けぷ」

「うー。こらぁ!アタシは柚と穂乃香ちゃんのおもちゃじゃないんだよっ」

「あわっ、し、忍チャンがおこったよ!…ふむふむ、十三本が限界だったかー」

「数えてたんだ…は、反省してないなー、このー」グサー

「ふにぷ…ほ、ほっぺをぐさーしにゃいでくらはい」

穂乃香「…ふふ…」クスクス

(楽しそうだな)

8:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 19:56:57.05 ID:K7mFHj2Wo

「なにか急いでるみたいだったんだけど…」

穂乃香「…??ああ。そういえば…」

「なにか心当たりがあるか?」

穂乃香「あ、心当たりというか…」

「ぐさぁ!」

穂乃香「ぷひゅぅ」

「もー。穂乃香ちゃんもじゃましてたでしょーっ。なんでプロデューサーさんと楽しそうにお喋りしてるのかな!」プニプニ

穂乃香「し、しのぶひゃん…いや、それはでふね…いたいれふ…」

「そうだそうだー」

「柚はてきとうに悪乗りしないのっ。主犯だよ主犯っ」ブニッ

「あわあっ。へへーでもあのくらいで乱れる忍チャンの集中力がわる…あっちょ、そこにぐさーはだめなんじゃないかナっ…にゃうん」ビクビク

(なにやってんだ)


9:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 19:57:45.11 ID:qlxvxnkc0

「…まだ戻って来たばかりだったんだけどね」プニプニ

「ん?」

「泰葉ちゃん。そのまま出て行っちゃった」

「…ふーん」

穂乃香「そうでしたよね。なにか用を思い出したんでしょうか?」

「…どうだろうね」

「なにか…ぼそっと言ってた気もする」

「…なんて言ってた?」

「…たぶんだけど。…私は先輩だもの、って」プニプニ

「……。そっか」

「し、忍チャンそろそろやめ…あああ」ビクビク

「まだだめだよー」

「いつまでやってんだ」

穂乃香「…いまの柚ちゃん、少しぴにゃこら太に似てます…可愛いです…ふふ」

「え、どこが…?」

10:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 19:58:44.96 ID:K7mFHj2Wo







「お」

泰葉「…あ」

「奇遇だな。こんばんは」

泰葉「こんばんは」ペコ

泰葉「プロデューサーさんは、どうしてここへ?」

「買わないといけない雑誌があってな」

泰葉「…?買わないと…いけない、ですか?」

「うん」

11:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 20:00:13.99 ID:qlxvxnkc0

「あったあった」

泰葉「…それ」

泰葉「見本誌が届いていたような気がします」

「うん。でもやっぱり自分が担当してる子が表紙にいたり、特集を組んでもらえたときは」

「自分で買っておきたいんだ。まあ、普通に、一ファンとしてもな」

泰葉「…ふふ。そうなんですか」クス

「はい。そうなんです」

12:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 20:00:48.88 ID:K7mFHj2Wo

泰葉「…」

泰葉「は、恥ずかしいですから、早くお会計を済ませてください」

「いや、いま何冊買うか考えてるから待ってくれ」

泰葉「一冊で十分ですよ!?」アワワ…

「いやいや。布教用はともかく保存用と観賞用は…もしくは三人が表紙に載っているんだから三人分買うべきか…」

泰葉「あのー、前者はともかく…後者はまったく意味が分かりません…」

「よし。じゃあ二冊にしよう」

泰葉「えぇ…」

13:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 20:01:47.07 ID:qlxvxnkc0

「冗談だよ」

泰葉(分かり辛いです…)

「できるだけたくさんの人に泰葉たちを知ってもらいたいしな」

泰葉「……」

泰葉「…ふふ。プロデューサーさんは、きっと子煩悩なお父さんになります」

「俺もそう思う」

泰葉「しつこくて嫌われないように気をつけてください」

「…う…了解です…」

泰葉「はい」

14:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 20:04:03.97 ID:K7mFHj2Wo

泰葉「……」

泰葉「これって…私たちなんですよね」

「うん。そうだよ」

泰葉「…はい」

泰葉「…」

泰葉「…頑張ろうって、思います」

「?」

泰葉「こうして見ると、いまの私は」

泰葉「アイドルなんだって。客観的に、見えて来るから」

「…そっか」

泰葉「はい。…だから、身が引き締まる…というか」

泰葉「それに私は二人の先輩だから、引っ張って行かないとって思います」

泰葉「いつもからかわれてばかりですけど」

「うん」

泰葉「…いまのは否定してくれてよかったのに」

「実際そうだしな」

泰葉「むぅ。そ、そんなことないです。いじわる」プクー

15:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 20:04:44.83 ID:qlxvxnkc0

「はは」

「……」

「これ、やっぱり二冊買おうかな」

泰葉「え?…い、いまの話で、どうしてそう…」

「あのさ、泰葉」

「いま言ったことを本気で思っているなら、もう一度ちゃんと自分が映ってるこの写真を見てみて欲しいんだ」

「俺は泰葉が、ここにいる自分のことをちゃんと客観的に見れているとは思わない」

泰葉「…?あの、それは…」

「ああ、ごめん。…べつにさっき言ったことが間違ってるって言いたいわけじゃないんだ」

「…でも…泰葉が今日買ったその本…」

泰葉「……」ギュ

「…それを読むのもいいと思うけど、」ポン

「…勉強もまじめもいいけど。もっと気楽に構えていいんじゃないかな、とは思う」ナデナデ

泰葉「……」ガサ…

泰葉「…分かりました。そう、努めます」

「うん。気楽にな」

泰葉「は、はい。努めるでは、まだ固いですね…が、がんばる、です」

「…可愛い口調だな」

泰葉「が、頑張りますだと、固いままだと思ったので…ち、ちょっと違いましたね。うー」

「…まあちょっと修正の方向がおかしいかな……可愛いからいいと思うけど」クス

16:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 20:05:22.95 ID:K7mFHj2Wo

泰葉「…はぁ…」

泰葉「……こんなふうに、」

泰葉「同じようなことは、もしかすると…私は何度も、プロデューサーさんに言われているのかもしれないですね」

「うん」

泰葉「はい。そのたびに…アイドルって、難しいなぁって思います」ニコ

「そうだな」

「でも大丈夫だと思うよ。そんなに泰葉が思うほど、悪いようには絶対になってない」

「難しいけど、それはなにより、難しく考えるからだと思う。気負わずたのしくな」

泰葉「はい。…あの、これからもよろしくお願いします」ペコ

「いえいえこちらこそ」

泰葉「…」

「…」

泰葉「…ふふ。本屋さんで話すようなことでもないです」クス

「…はは。うん、そうだな」

「そろそろ出るか。買って来るよ」

泰葉「はい」

17:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 20:05:53.14 ID:qlxvxnkc0







ガチャ


泰葉「ただいまー…」

泰葉「…えいっ」ポスン…

泰葉「……」

泰葉「…」ガサガサ

18:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 20:06:42.35 ID:K7mFHj2Wo


パラパラパラ…


泰葉「…ふふ。私…楽しそう」

泰葉「…もっと気楽に、か…はい。そうですね」

19:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 20:07:21.92 ID:qlxvxnkc0







ガチャ


「おっはよーございます!」

「お、柚は今日も元気だな。おはよう」

「おー。柚は今日も元気だよー」

「まだ泰葉サンは来てないカナ?」キョロキョロ

「うん。今日は柚が一番だな」

「そかそか。じゃあこの辺りにさり気なく置いておこうかナー」ゴソゴソ

「?なにか渡したいものでもあるのか」

「へへっこれこれ。編み物の本。お母さんの借りて来てみたんだ」

「ちょくせつじゃなくて泰葉サンが見つけてくれるといいんだけどなーむむー」

「……」

「そっか」ナデナデ

「??おお。Pサンどうして柚のあたまを撫でるのかなっ」

「なんとなくな」

「なんとなくかー。じゃあしょうがないねー」ヘヘー

20:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 20:07:55.17 ID:K7mFHj2Wo


ガチャ


「おはようございまーす」

穂乃香「おはようございます」

「おう。おはよう」

「二人ともおはよー」

「…」

「泰葉ちゃんはまだ来てない?」

「ああ」

「そっか。じゃあ、えっと…」

穂乃香「うん。そこで待ってみましょうか」

「……、椅子を入口の方に持って行って…どうする気だ?」

「張り込み」キュ

(その帽子懐かしいな…)

「おお。なんだか忍チャンかっこいいかも!」

穂乃香「…」ギュ

ぴにゃこら太「」グニョ

(しかしアイツがいるだけで雰囲気が弛緩するな…)

21:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 20:08:26.30 ID:qlxvxnkc0


ガチャ


泰葉「…」

「奴さんだ。えいっ」パサッ

泰葉「きゃっ」

穂乃香「え、えいえい」ぽむぽむ

泰葉「わ、わー」

「おおー。見事な手際っ」

(なんだこれ)

泰葉「…?…??あ、あの…き、急になに…」

「泰葉ちゃんっいまアタシの帽子してるから勝手に帰っちゃめっだよ!」

泰葉「あ、は、はい」

(なにその捕らえ方斬新)

「おおっ忍チャンはかしこい」

ぴにゃ穂乃香「…」

ぴにゃ穂乃香「や、泰葉ちゃん。こんにちは」

泰葉「…穂乃香さん。あの、なん…」

ぴにゃ穂乃香「ち、違うよ。わ…ボク、ぴにゃこら太」ピョコピョコ

「あー。穂乃香チャンはちょっと残念な感じかー」

「そうだな」

穂乃香「ええっ。ど、どこがですか?」ガーン

泰葉「…ぷ」クス

「…うん、穂乃香ちゃんやっぱそれちょっと面白い」クスクス

穂乃香「あれー…ど、どうしてみんな笑うんですかー…いいアイディアだと思ったのに…」グス

22:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 20:09:36.06 ID:K7mFHj2Wo

泰葉「…ふふ」

泰葉「ん…」コホン

泰葉「……あの、穂乃香さん。ちょうどよかった…お願いがあるんです」

穂乃香「あ、は、はい。なんでしょう」

泰葉「…」モジ

泰葉「私にも…二人と一緒に、編み物、教えてくれませんか?」

穂乃香「…あ」

「…泰葉ちゃん」

「へへ」

穂乃香「は、はい。もちろん」コクコク

穂乃香「一緒にやりましょう?」

泰葉「…うん。どうもありがとう」

「どーん!」

「どーん!」

泰葉「わ、わ」

穂乃香「きゃ」

「へへっじゃあ今日は四人であみあみ!」

「しよっかー!」

泰葉「…うん。ね」クス

穂乃香「はい」ニコ

24:◆xwjzAyxf0s:2014/04/09(水) 20:10:25.85 ID:qlxvxnkc0


ワイワイ


「…」

「うん」


「へへーじゃあだれが一番はやく上達できるかしょーぶだね!」

「ふふ。アタシは柚よりは集中力があるから負けないよ」フフーン

「な、なんだとー」

穂乃香「…あ、あの。二人とも…もう少し楽しく…ね?」

泰葉「…私も負けない。だって私は先輩だもの」

「おおっ」

「…。あの、やすはちゃ――」

泰葉「ふふ」

泰葉「でも私は…そのまえに二人の友達だから、それよりも、仲良く…頑張るね」ニコ

「…」

「うん。だね」

「おー」

穂乃香「はい。おー」ニコ


「よかったな。泰葉」



・・・・おしまい


元スレ
岡崎泰葉「私は先輩だもの…!」喜多見柚「おおっ」工藤忍「…」ハラハラ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397040755/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑