*

脇山珠美「タマミックスRPG!」


2:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:37:17.85 ID:RgU9j7Ou0
珠美「RPGの仕事……まさか珠美に白羽の矢が立つとは」

珠美「珠美のポジションは女侍! 憧れの! 侍!」

珠美「しかも新撰組をイメージした衣装とは、なおさら気合いが入ります」

珠美「ここで華麗な演技を見せて、珠美のオトナの女性としてのイメージをアップです!」

珠美「今から楽しみだなー」アハハハハー

P「珠美、なんでそんなに笑顔でブランコ漕いでるんだ……」

脇山珠美(16)
脇山珠美(16)


3:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:38:24.80 ID:RgU9j7Ou0
シーン1

珠美「この珠美、あこがれの女侍役! 無事つとめおおせてみせまする!」

珠美「珠美の出番は三回……シーン1のメンバーはこの部屋にいるとの事ですが」ガチャ

里奈「うぃっすー☆ このハンマーちょー手に馴染むっつかマジハマりー?」

珠美(ハンマー!?)

フレデリカ「フンフンフフーン♪ 踊り子的なシーフ的なそんなカンジー☆」

珠美(ヘソ出し……)

美玲「ぐるる…ウチのツメでひっかかれたいのかッ?」

珠美(いつもより狼してますね……)

「えー……喚ばれたのー? 仕方ないなー、でも働かないよ?」←139cm

珠美(杏殿はかわいいなあ)←145cm

珠美(総合的に見てキュートしてますね……ここは珠美がクールらしくビシっとせねば!)

藤本里奈(18)
藤本里奈(18)

宮本フレデリカ(19)
宮本フレデリカ(19)

早坂美玲(14)
早坂美玲(14)

双葉杏(17)
双葉杏(17)


4:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:39:56.63 ID:RgU9j7Ou0
麗奈「ひっひっひ! 合法的に嫌がらせも足の引っ張り合いもできるのよ!」

珠美「最初は麗奈殿が相手ですか……適役といえば適役ですね」

麗奈「その前に、まずはこの飴を舐めなさい!」

「飴!?」

珠美「いけません、杏殿!」

麗奈「ほらっ!」

「キャッチ! んー、飴うm辛いー!?」

麗奈「あーっはっはっゲホッゲホッ……どうよ、この海の投げれば魚を浮かばせるほどの特性激辛キャンディーは!」

珠美「ああ、言わんこっちゃない……」

小関麗奈(13)
小関麗奈(13)


5:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:40:50.48 ID:RgU9j7Ou0
フレデリカ「イェーイ♪ おフランス風にフレンチカンカンだよー♪」

里奈「このクマのストラップマジヤバくない?」

珠美「こちらはこちらで……」

美玲「マジメにやれよっ!」

珠美「美玲殿! ここは二人で一気に決めましょう!」

美玲「ああ!」

6:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:41:53.50 ID:RgU9j7Ou0
珠美「真正面から打ち込みます!」

美玲「ひっかくぞッ!」

麗奈「フン、このレイナサマに敵うわけがアイタッ!?」

フレデリカ「ごめーん、クツ飛んじゃったー♪」

麗奈「い、いまのはたまたま」

里奈「そろそろテンションアゲアゲでいくぽよー♪」ブンッ

麗奈「あぶなっ!? そんなもの振り回すとか反則でしょ! に、逃げないと」ガシッ

「杏にした仕打ち、忘れたとは言わせないよ」

麗奈「ど、どこにこんな力が……ぐぬぬ」

珠美「てやーっ!!」

美玲「がおーッ!!」

麗奈「ぎゃーっ!!」

7:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:43:13.99 ID:RgU9j7Ou0
麗奈「やっぱりアタシが勝つストーリーのほうがいいわよ!」

ちひろ「ほら、今回は麗奈ちゃんの色じゃなかったから、それまで我慢我慢」

麗奈「ふん、せいぜい楽しむがいいわ、すぐにレイナサマの時代が来るわ!」

ちひろ「そういえば今回、紗南ちゃんも参加していましたよね?」

麗奈「それがどうしたのよ」

ちひろ「この間、麗奈ちゃんが紗南ちゃんにイタズラをしたって話を聞きましたけど?」

麗奈「え!? いや、それはもう千夏に怒られ……」

ちひろ「……」ニコニコ

麗奈「~~!」

8:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:44:31.03 ID:RgU9j7Ou0
シーン2

珠美「さて、次のメンバーは……」

紗南「ついにあたしがRPGに登場! これは廃プレイ間違いなしだね!」

珠美「ゲームは一日一時間を守りましょうよ……」

きらり「よばれてー飛び出てーきらりんとうじょーう☆」←186cm、B92

珠美(くっ、珠美もいつかきらり殿のように大きく……)←145cm、B72

美嘉「ワルい子はアタシのムチでビシバシ! イッちゃうかんね★」

珠美(鞭使いは適役が別にいるような……)

アーニャ「マギヤ&ミエーチ…魔法も剣もアーニャにお任せ、ですね」

珠美(ああ、なんとなく安心します)

三好紗南(14)
三好紗南(14)

諸星きらり(17)
諸星きらり(17)

城ヶ崎美嘉(17)
城ヶ崎美嘉(17)

アナスタシア(15)
アナスタシア(15)


9:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:45:56.84 ID:RgU9j7Ou0
幸子「フフン♪ 悪魔でもカワイイボクが最後の相手になってあげます!」

幸子「魔王も勇者も似合うボクですが……何の役でもボクが一番カワイイのは不変の事実ですからね!」

きらり「幸子ちゃんきゃわわー☆」

幸子「ってきらりさんが相手だなんて聞いてませんよ!?」

紗南「なんかもう、存在がチートキャラだよね」

美嘉「アタシも同感かな」

珠美「身体も大きいですし……」

アーニャ「まるでマギヤ……魔法みたい、です」

きらり「じゃあいくよー☆ せーの、きらりんぱわー☆」

幸子「フギャー!!」

輿水幸子(14)
輿水幸子(14)

10:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:47:06.79 ID:RgU9j7Ou0
幸子「なんなんですか、これ!」

ちひろ「正直、私もきらりちゃんを侮っていました」

幸子「そもそも身長40cm以上の差があると壁ですよ壁! 全く……」

ちひろ「でも、ちっちゃくてもカワイイ幸子ちゃんなら目立つんじゃないかな?」

幸子「それは当然です! カワイさでの勝負ならきらりさんにも絶対負けません!」

ちひろ「その意気ですよ、幸子ちゃん!」

幸子「ええ! 次はボクが如何にカワイイかを知らしめてあげます!」
12:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:48:30.97 ID:RgU9j7Ou0
シーン3

珠美「ラストは魔王戦とのことですが……」

春菜「ふっふっふ…私の作った秘薬でだれもが眼鏡をかけたくなる…」

珠美(眼鏡をかければ珠美も大人っぽく……いやいや、眼鏡をかけた侍などあまり聞いた事が……)

卯月「私、勇者役にチャレンジです! 卯月の活躍、見ていてくださいね!」

「ふーん、剣士か。…ま、私はどんな役でも務めるよ」

未央「カモン! シューティングスター! 未央ちゃんに…見とれないでね!」

珠美(そしてニュージェネレーションの皆さんが勢ぞろい……凄いメンバーですね)

上条春菜(18)
上条春菜(18)

島村卯月(17)
島村卯月(17)

渋谷凛(15)
渋谷凛(15)

本田未央(15)
本田未央(15)

13:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:49:22.50 ID:RgU9j7Ou0
蘭子「我が呪われし右手には炎! 我が聖なる左手には氷を!」

珠美(あの手、どうやって光っているんだろう……)

「一気に走るよ! ワンダフルマジック、『アイオライト』!」

卯月「島村卯月、頑張ります! ワンダフルマジック、『スマイリング』!」

未央「負けないからね! ワンダフルマジック、『パーフェクトスター』!」

蘭子「蒼き乙女、花咲く乙女、そして三つ星の乙女よ……我が真の力の前に溺れよ!」

珠美(皆思っていた以上に全力……珠美が入る隙が)

春菜「……! ……」

珠美(そしてこちらには眼鏡を両手に隙を窺ってる方が……なるほど)

珠美「春菜殿、少し作戦が……」

神崎蘭子(14)
神崎蘭子(14)

14:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:50:15.58 ID:RgU9j7Ou0
春菜「ふふふ、その話、乗りましたよ!」

珠美「では、行きます! てやぁぁああ!」

蘭子「ひっ、結界の陰からだと!? だが、我が力の結晶、この程度では砕けぬ!」

春菜「そう、砕く必要はないんです。むしろ、さらけ出すんです」カシャン

蘭子「!?」

春菜「どうですか? 眼鏡をかけた事で見える世界は美しいでしょう?」

蘭子「えっ? えっ?」

凛卯月未央「……」ポカーン

珠美「いや、皆さんまで動きが止まってどうするんです!」

春菜「私は剣と魔法の世界にも眼鏡は似合うと思うんですよ。事実、私も以前騎士の衣装を着る仕事もした事がありますし、眼鏡をかける事でいかなる職業であっても知的なイメージがつきます。もちろん魔王とて例外ではなく、むしろ眼鏡をかけているという事実が存在する事により、ノー眼鏡の普遍的な魔王とはまた魅力を――」
15:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:51:01.92 ID:RgU9j7Ou0
数十分後

蘭子「うぅ……」チーン

「眼鏡についての講釈だけで倒しちゃった……」

卯月「すごいですね!」

未央「私達、必要だったかなぁ……」

珠美「皆さんが引きつけてくれなかったら成功しなかったので……まさかそのまま決まるとは思いませんでしたが」

蘭子「ぐはっ…我が覇道は潰えぬ…何度でも蘇るわ…! きっと!」

春菜「こうして眼鏡によって浄化された魔王は、今度は世界の隅まで眼鏡を伝えるための活動を始めましたとさ。ちゃんちゃん♪」
16:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:51:53.01 ID:RgU9j7Ou0
蘭子「猫耳の乙女……みくちゃんよりも恐ろしかったです……」

ちひろ「春菜ちゃんにとっては当然の事なんでしょうけどね」

蘭子「最近は絵にも思わず眼鏡を描き込んでしまいそうで……」

ちひろ「あら……」

蘭子「もう、自信なくしそうです……」

ちひろ「ほらファイト! 弱気は禁物ですよ!」

蘭子「ちひろさん……」

ちひろ「たとえ眼鏡があってもなくても蘭子ちゃんは蘭子ちゃんじゃないですか」

蘭子「私は私……?」

ちひろ「天使で魔王、そして二代目シンデレラガール。これは、蘭子ちゃんだけの価値。他の誰も侵せない、蘭子ちゃんだけの領域」

蘭子「私だけの領域……?」

ちひろ「そう。そこに眼鏡が加わっても、蘭子ちゃんが壊れるわけじゃない。もちろん、受け入れなくてもね」

蘭子「私、私……ふ、ふふ、そうであったな……我が覇道はまだまだこれからよ!」

ちひろ「ふふ、闇に飲まれよ♪」

おわり
17:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:53:04.79 ID:RgU9j7Ou0
おまけ

珠美(ふう、休憩時間のうちに、せっかくなので他の方も見ておきましょう)

小梅「ふ、ふふ…喚ばれちゃった…私も…たくさん喚んでいい…?」

珠美「ひゃああああああ!?」

小梅「……?」

珠美「あ、べ、別に、珠美は、たま、み、は……」

珠美(同じチームにならなくて本当に良かった……)

小梅「何もないならいいけど……」←142cm

珠美(でも、小梅殿といると何故か見下ろされてる気になるんですよね……)


あの子(     )←???cm

白坂小梅(13)
白坂小梅(13)

18:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:53:39.68 ID:RgU9j7Ou0
「アタシを呼んだのはアンタかい? あぁ、任せろ!」←140cm

珠美(半年前に共に仕事をしましたが、光殿もかわ)

南条光:B79

珠美(くっ……)

「正義の味方は挫けない! 行くぞっ!」

麗奈「ここで会ったが百年目、今日こそ決着をつけてあげるわ!」

珠美(そしてやってる事はいつもと変わらない気が……)

南条光(14)
南条光(14)

19:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:54:20.68 ID:RgU9j7Ou0
莉嘉「ねーねーみてみてー! クマだよクマー! すごくなーい?」←149cm

珠美(……)

幸子「ふふーん♪ 誰が相手でもボクが一番カワイイのは変わりませんね!」

莉嘉「しかもこのクマねー、ジェット機能がついてるんだよー☆」ビューン

幸子「何か急に速くなった!? クマの表情とスピードがマッチしてなくて不気味ですよ!」

莉嘉「いけークマジェットー☆」ビューン

幸子「うわぁぁぁぁあああ!!」

珠美(身長と大人らしさって関係ないのかな……)

城ヶ崎莉嘉(12)
城ヶ崎莉嘉(12)

20:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:54:58.72 ID:RgU9j7Ou0
ありす「私も喚ばれた以上は完璧な仕事をしますから」←141cm

珠美(ありす殿もかわいいなあ。イチゴとフライパンの組み合わせが気になりますが……)

ありす「この一皿で黙らせます」

蘭子「苺の妖精よ! その緋色の一皿を除けよ!(ありすちゃん、そのイチゴパスタを何故私に勧めるんですか……?)」

珠美(魔王をも黙らせる一皿……)

橘ありす(12)
橘ありす(12)

21:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/04/01(火) 23:56:04.64 ID:RgU9j7Ou0
菜々「ビビッときました! この感じ…メルヘンですね♪」←146cm

珠美「菜々殿は妖精ですか」

菜々「はい! 皆をウサミンパワーでメルヘンチェーンジさせます♪」

珠美「……」

菜々「あれ? 急に真剣な顔をしてどうしたんですか?」

珠美「菜々殿、珠美もウサミンパワーの加護を受けたら大人になれるでしょうか」

菜々「え?」

珠美「菜々殿の明るさと時折見せる大人っぽい陰、それらを繋げるのはウサミンパワーの力なんですね?」

菜々「ななななななナナは17歳ですよ!? 大人らしさなんて知りませんよ?」

珠美「いいえ、菜々殿なら大人の秘訣を知ってる筈です! さあ、お答え下さい!」

菜々「え、えーと……そうなんです、菜々が立派な大人の女性なのはウサミンパワーの力なんです、キャハッ♪ なんちゃ」

珠美「やはりそうでしたか! いやぁ、流石は菜々殿、ためになります。あ、そろそろ時間ですので珠美はこれで失礼します。では!」

菜々「いやあのちょっと今のはエイプリールフールの嘘っていうか珠美ちゃぁぁぁぁん!!」

おわり

安部菜々(17?)
安部菜々(17?)


元スレ
脇山珠美「タマミックスRPG!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396362988/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑