*

そら「そらちんはぁーっ!この事務所をぉー!…ウゥ……変えたいっっ☆」


1 : ◆5/VbB6KnKE:2014/11/28(金) 18:14:58.95 ID:M0P8HoH10


そら「こんな事務所でー☆ウォァ……そらちんは、頑張っていけるか不安でぇー!☆」


そら「生き残るためにはぁー☆事務所を……ウッ…変えなきゃってぇー☆」


そら「その一心でぇー!ふおおぉぉぉ☆」ブンブン


そら「博士に頼みにきたんDA☆」


晶葉「何だこいつ」


そら「きたんDA……きたんだ…おらんだ!!そーれっ☆」ダダダダダダダダダダダ


晶葉「何だこいつ」

野々村そら(15)
野々村そら(15)

池袋晶葉(14)
池袋晶葉(14)



2 : ◆5/VbB6KnKE:2014/11/28(金) 18:21:58.31 ID:M0P8HoH10


そら「え?だから……そらちんはぁー!このじむ」ガバッ


そら「むぐぅ」


晶葉「二回やらなくてもいい」パッ


そら「ぷはぁ」


晶葉「で?何だって一体」


そら「んふふ☆そらちんはこの事務所をちぇんじんぐしたいのだ☆」


3 : ◆5/VbB6KnKE:2014/11/28(金) 18:22:46.07 ID:M0P8HoH10


晶葉「事務所を」


そら「ちぇんじんぐ☆」


晶葉「ふむ…どういった理由があるんだ?」


そら「だってうちのェイドゥたちはさー……あ、ほらあれとかっ!」


晶葉「ん?」チラッ


4 : ◆5/VbB6KnKE:2014/11/28(金) 18:24:49.09 ID:M0P8HoH10


「プロデューサー、昨日はお肉食べた?ちょっと酸っぱいよ」


「気が済んだら上着置いておけよ」


「Pの素肌はあったかいでごぜーます!」


「やめなさい、服の中に潜り込もうとするのはやめなさい」


「あっ……プロデューサー、社会の窓が開いてますよ……つんつん」


「アアッ」


晶葉「あぁいつもの光景だな」


そら「こんなェイドゥばっかりじゃ困っちゃうよー……」


晶葉「(どうしてアイドルだけ発音がいいんだ)」


5 : ◆5/VbB6KnKE:2014/11/28(金) 18:25:42.52 ID:M0P8HoH10


そら「西にくんかー!東にもふらー!北に出ずるは二十五歳児☆」


晶葉「モフラー?」


そら「こんな個性が強い事務所……そんな事務所を、そらちんはちぇんじんぐしたい☆」


晶葉「なるほど」


そら「だから博士!なんとかしてけろー☆」


晶葉「丸投げか……」


そら「そんなことないよー☆そらちんは博士のぱわーを信用してるんだよー☆」


晶葉「ほぅ……私の力を」


そら「信用してる☆」


晶葉「信用」


そら「そんな天才博士以外に頼れるひとなんていないよー☆」


晶葉「天才博士」


そら「天才博士☆」


晶葉「……フ、仕方ないな…仲間の頼みならば断わる訳にはいかない」


そら「やったぜ☆」


6 : ◆5/VbB6KnKE:2014/11/28(金) 18:26:25.77 ID:M0P8HoH10


―――――――――――――――
――――――――――
―――――


ガチャッ


晶葉「出来たぞそら!」


そら「わお☆そらちんお着替えなう☆」


晶葉「知るか」


ポイッ


そら「おぉー!こ、これが噂の……!」


晶葉「ああ!『個性ちぇんじんぐましーん』だ!」


そら「個性ちぇんじんぐましーん!☆」


晶葉「個性ちぇんじんぐましーんだっっ!!」


そら「ださいね」


晶葉「とばすぞ」


7 : ◆5/VbB6KnKE:2014/11/28(金) 18:26:55.70 ID:M0P8HoH10


そら「で、どうやって使うんDIE☆」


晶葉「うむ、このダイヤルを右に回すことで他人の個性が強く現れるぞ」


そら「ふーん……みんなの個性っていうのはらんだむなの?」


晶葉「あぁ」


そら「ぶぅー何だか選べる方がよかったなー」


晶葉「む……だがそれだけではないぞ!」


そら「おぉ☆」


晶葉「二つ目のダイヤルがあるだろう?」


そら「ふむふむ」


晶葉「これは対象の元々の個性を調整するものだ!」


そら「な、なんだってぇーっ☆」


8 : ◆5/VbB6KnKE:2014/11/28(金) 18:28:15.86 ID:M0P8HoH10


晶葉「つまり!このダイヤルを使用することで……」



『元の個性を残したまま他人の個性を相乗する』

『元の個性は無くして他人の個性を追加する』



晶葉「二つの試行を行えるのだァァーッ!!」


そら「すっごぉー☆」


晶葉「ん?『凄い』だって?」




晶葉「ん?」ドヤ




晶葉「んん?」ドヤ




晶葉「んん~?」ドヤァァァァ




9 : ◆5/VbB6KnKE:2014/11/28(金) 18:29:21.06 ID:M0P8HoH10


晶葉「ちなみに」


そら「ちなみに?☆」


晶葉「対象を設定するには一定の動作を行ってもらう必要がある」


そら「ほー☆」


晶葉「あぁ、対象に『ぶりっこポーズ』をしてもらう必要がある」


そら「むぇー…きっつぅー☆」


晶葉「安心しろメガネ好きにする訳ではない」


そら「よっしゃー☆じゃあそらちん、いってきまーっす!れっつごー☆」タッタッ


晶葉「くれぐれも悪用するんじゃないぞー」



10 : ◆5/VbB6KnKE:2014/11/28(金) 18:31:29.61 ID:M0P8HoH10


―――――――――――――――
――――――――――
―――――


ガチャッ


そら「……」


晶葉「おっ、戻って来たか」


そら「……」


晶葉「ん?どうしたんだ」


そら「……とりあえず、ついてきてほしいな…☆」



11 : ◆5/VbB6KnKE:2014/11/28(金) 18:32:05.77 ID:M0P8HoH10


「……高峯は仕事なんて嫌よ。引きこもっていたいわ」


「どうしたんですかのあさん……頭ぶつかってますから出てください。あと下着見えてます」


「……の、乃々…胸、揉んでいいか…?フヒ」


「うぅ…輝子さんが完全に変態なんですけど……で、でも輝子さんなら…」


「ふぅ……この人口密度、暑いですね……脱いでもいいですか?ふふっ」


「おい高垣やめろぉ☆くっそ綺麗な身体しやがって羨ましいなくそが☆」


「うきゃー☆きらりもPちゃんの服の中はいるぅー☆」


バリバリバリィ


「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!」





晶葉「中々良い成果じゃないか!」


そら「もうここにはいないけど……みくにゃんにもやったの☆」


晶葉「みくか」


そら「……追加された個性が葵っちだったの」


晶葉「あ……」


そら「…みくにゃん、泣きながらお魚さばいてた」


晶葉「……」


そら「それをみて、こんなことして誰が喜ぶんだろうって」


晶葉「……」


そら「みくにゃんは悪くないのに、いっぱい泣かせちゃって」


晶葉「……」


そら「それで、こんなこともうやめようって」


晶葉「……」


そら「そらちんおもった」



12 : ◆5/VbB6KnKE:2014/11/28(金) 18:33:09.40 ID:M0P8HoH10


そら「でも、せっかくだからうづきんにもやった☆」


晶葉「えっ」


そら「何でか、どれだけダイヤルを『つよい!』にしても変わらなかったんだよ~…」


晶葉「卯月はほら……な?」


そら「みくにゃんには出来たのになぁー…なんでだろー」


晶葉「仕方ない……仕方ない」


そら「だから最後に瑞樹さんにやってもらおーって☆」


晶葉「えっ」


そら「ほぇ?」


晶葉「川島さんにやってもらうのか?……ぶりっこポーズ」


そら「うん!そらちん頑張ってぶりっこぽーずさせるよっ☆……ぶりっこぽーず……ぶりっこ……」


そら「もろっこ!!そーれっ☆」


ダダダダダダダダダダダ


晶葉「……まぁいいか、川島さんだし」




エ?ナニナニブリッコポーズ?

ウン☆

マッカセナサイヨー!キャッピピーン☆

ミズキサンイキマスヨ……ウワキツ

トバスゾ





おしり


元スレ
【モバマス】そら「そらちんはぁーっ!この事務所をぉー!…ウゥ……変えたいっっ☆」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417166088/

Comment

  1. 匿名 より:

    「……高峯は仕事なんて嫌よ。」が地味に破壊力高ぇwww

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑