*

最上静香「うどんおいしいです」 P「それはラーメンです」


1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/24(月) 22:05:30.84 ID:DUBalzlbo
静香「!!!?!!!?!?!??!?!?!?!?!?!」

P「どうしたんだ静香…疲れているのか?」

最上静香(14)
最上静香(14)


3:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/24(月) 22:07:57.42 ID:DUBalzlbo
静香「そんな…私はたしかにうどんを食べていたはず」

P「いや、そもそもここはラーメン屋だぞ」

静香「えっ」

P「お前が昼はここがいいって言ったんじゃないか」

静香「そんな…嘘です…」

静香「今日の私は完全にうどんのお腹でした」

静香「ラーメンを食べたいなんて言うはずが」

5:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/24(月) 22:11:59.83 ID:DUBalzlbo
P「う~ん、最近仕事が多かったか?」

静香「い、いえ!私はそんな!」

P「いや、年頃の女の子だしな。仕事以外にもいろいろあるよな」

P「ちょっと仕事を減らしていこう。俺でも聞ける悩みなら聞くからな」

静香「ま、待ってください!」

静香(ようやくアイドルとしての仕事も増えてきたのに…!)

静香(お父さんにも私を認めてもらえる機会がきそうなのに…!)

6:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/24(月) 22:14:56.79 ID:DUBalzlbo
P「ど、どうしたそんなに必死になって。らしくないぞ」

静香「わ、私なら大丈夫ですから!まだお仕事頑張れますから!」

P「鬱病の人間ほど頑張れるって言うんだぞ」

静香「えっ」

P「静香、貴方疲れてるのよ」

P「とりあえず今日はもう帰ろう」

静香「」

7:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/24(月) 22:18:36.73 ID:DUBalzlbo
事務所

P「ただいまー」

静香「ただいま戻りました…」

美希「あ、おかえりなのー」ズズズー

静香「み、美希さん!?何を食べて…!?」

美希「なにってラーメンなの」

静香「美希さんがおにぎりじゃなくてラーメンを…!?」

P「美希だっておにぎり以外のもの食べるだろ」

8:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/24(月) 22:21:51.22 ID:DUBalzlbo
静香「いえ!これおかしいですよ!」

静香「私だってうどんのお腹のときにラーメンを食べたりなんかしません!」

静香「765プロのアイドルたちに謎の力が働いているんです!!」

P「なに言ってんだお前」

P「少し冷静になれ」

静香「冷静に考えた結果がこれなんです!」


貴音「なんだか騒がしいですね…」ズズズー

9:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/24(月) 22:25:51.55 ID:DUBalzlbo
静香「あ、ラーメン!…じゃなくて貴音さん」

貴音「静香、あなたがくうるな中に熱い心を秘めていることは知っているつもりですが」ズズー

貴音「いささか興奮しすぎているのでは」ズズズー

P「食いながら喋るなよ」

静香「…」

静香「そうですか…わかりました」

貴音「落ち着いてくれましたか」ズズズー
10:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/24(月) 22:29:20.97 ID:DUBalzlbo
静香「わかりましたよ…この異常の原因が!」

静香「貴音さん…あなたがみんなにラーメンを食べさせていたのですね!」

P「はっ?」

貴音「め、面妖な」

P「いやいや、貴音が食べさせたってお前自分でラーメン屋に」

静香「そこです!」

静香「貴音さんが不思議な力を使って私や美希さんの思考を操ったんです!」

貴音「それはまたなんとも麺用な力ですね」
12:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/24(月) 22:33:44.74 ID:DUBalzlbo
静香「ごまかしても無駄です」

静香「こんなことができるのは貴音さんしかいません!」

貴音「静香…あなたはわたくしをどのような目で見ているのですか」

貴音「ぷろでゅうさぁ殿もなにか言ってあげてください」

P「たしかに貴音ならできるかもしれんな」

貴音「なんと」

静香「貴音さん、観念してください」

貴音「め、面妖な」
13:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/24(月) 22:38:29.43 ID:DUBalzlbo
貴音「しかし…ばれてしまっては仕方ありませんね」

貴音「たしかに…みなを操ってラーメンを食べさせたのはこのわたくしです」

P「えっマジで」

静香「やっぱり」

静香「でもどうしてこんなことを?」

貴音「わたくしは…わたくしはただみなとラーメンを食べたかっただけなのです」

貴音「それがこのような結果になってしまうとは…不徳の致すところです」

P「静香と美希がラーメン食っただけだろ」
14:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/24(月) 22:41:58.56 ID:DUBalzlbo
貴音「この力のことを知られてしまってはもうここにはいられません」

静香「貴音さん…」

貴音「わたくしはくにに帰ることといたします」

貴音「ラーメンの星に」

P「!?!?!?!?!?!??wwwwwwwwwwWWWWWWWWWWWWwwwwwwwwwww?!?!??!!?!?!??」
17:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/24(月) 22:44:33.50 ID:DUBalzlbo
こうして貴音さんは帰っていった…

でも私にはわかるんです

貴音さんはきっとまたここに来るって…更に強い力を持って…!

静香「それまでに私も、もっと強いうどん力を身につけておきます…!」

P「午後から貴音の仕事あるのにどうしよう」


終幕

元スレ
最上静香「うどんおいしいです」 P「それはラーメンです」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395666330/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑