*

モバP「レイナサm」ちひろ「うるさい」


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 20:01:31.46 ID:nWex85zp0
事務所

「おーい麗奈ー!はやくはやくー!」

麗奈「うるっさいわねぇ!今準備してるでしょ!?」

P「レイナサマ、どこへ?」

麗奈「ああ、光と一緒にサッカーしに公園行くの。久しぶりにオフが重なったって喜んでて朝からうるさいのよ……」

P「そうですか……おやつがありますから、三時には一回帰ってきてくださいね?」

麗奈「ふん!そんなお子様じゃないわ!」

P「いいんですか?チーズケーキがあるんですが」

麗奈「……いいわ、一回帰ってくるから」

P「そうですかそうですか」ニコニコ

小関麗奈(13)
小関麗奈(13)

南条光(14)
南条光(14)

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/11(木) 20:08:07.31 ID:nWex85zp0
麗奈「じゃあ行ってくるわ」

P「はい、行ってらっしゃい。変な人についていっちゃダメですよ?」

麗奈「うるさいわよ!行ってきまーす!」ハ゛タン


麗奈「はい!公園まで競争!よーいドン!」ハ゛タハ゛タ
「なにー!?卑怯だぞー!」タ゛タ゛タ゛


P「ふぅ……」

ちひろ「プロデューサーさんは仕事があるからともかく、麗奈ちゃんは待ち合わせで事務所に来てたんですか……」

P「自分は生憎オフじゃないんですよね……あはは」

ちひろ「そりゃそうですよ。私達は実質いつお休みしてるかわかんないですから」

P「仕方ないことですよ。自分はレイナサマの専属ですから多少仕事も楽でしょうけど、他のみんなは掛け持ちでプロデュースしてますから……キツいはずですよ」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/11(木) 20:12:44.86 ID:nWex85zp0
ちひろ「私だってつらいんですから労ってください」

P「そうですね、ありがとうございます」

P「……労るといえば、自分はこのオフでレイナサマに何か労ることができるでしょうか……」

ちひろ「ん?」

P「ちひろさん、この三つだったらどれがいいですか?1、ディナーに誘う。2、ドライブに誘う。3、ホテルに誘う」

ちひろ「とりあえず最後を選んだら私はあなたを訴えます」

P「え、ホテルの食べ放題ってダメですかね……?」

ちひろ「え?」

P「なにを想像していたんですか……?」

ちひろ「ちょっとやめてそんな目で私をみないでください」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 20:17:35.08 ID:nWex85zp0
P「1を選んだ場合レイナサマは喜んでくれるだろうか……いや、レイナサマは大人っぽい場所では落ち着きはしないはず。」

P「ドライブに出かけるほうが……でも明日は仕事なのに疲れさせてはいけない……」

ちひろ「あの」

P「ああ!3を選んでも結局食べてる!どうしよう!ザギンのホテルに行こうと思っていたけどレイナサマはそんな場所にはお似合いじゃない!」

ちひろ「ちょっと」

P「また前のオフのように家でレイナサマをマッサージでもしたほうが良いのだろうか…いやでも今日は……」


ちひろ「うるさいです!!!!!」

P「!?」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 20:19:52.49 ID:nWex85zp0
ちひろ「そんなにレイナサマレイナサマ言ってないで仕事してください!!それ以前にうるさい!!」

P「ご、ごめんなさい……」

ちひろ「オフはオフなんですし、普通でいいじゃないですか」

P「で、でも、今日は……」

ちひろ「今日は?」

P「……えへへ」

ちひろ「なんだよ!!」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/11(木) 20:52:10.66 ID:nWex85zp0
P「実は今日、専属プロデュースを初めてから二年目なんです」

ちひろ「そうなんですか。じゃあやっぱりパーティーみたいなのにしたらいいじゃないですか?」

P「で、でもお体に障らないかと……」

ちひろ「お前は何だよ!どうしたらいいんだよ!」

P「す、すいません……」

ちひろ「……あ、そういえば……どういう経緯で専属プロデューサーになったか知らないんですけど私」

P「え?知らないですか?」

ちひろ「はい」

P「……それって昔話聞きたいってことですか?」

ちひろ「そもそも麗奈ちゃんをなんでそう呼ぶようになったかも知らないんですよ」

P「そうですか……ちょっと長くなりますよ」

ちひろ「はあ」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 20:56:19.84 ID:nWex85zp0
二年前

かな子「プロデューサーさぁん!」

P「はいはーい!」ニコニコ

かな子「仕事で伊勢行ってきたんですよね!?赤福買ってきてくれるって言ってましたよね!?」

P「そうだよ」ニコニコ

かな子「……」キラキラ

P「あ……ごめん、今日は朝から忙しくて忘れちゃったんだ。また明日持ってくるよ」ニコニコ

かな子「はーい…」

P「……」ニコニコ

三村かな子(17)
三村かな子(17)

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 20:59:02.87 ID:nWex85zp0
「プロデューサー!」

P「はいはーい!」ニコニコ

「あのさ、私指輪のサイズ10号なんだ」

P「うん」ニコニコ

「プロデューサーの指のサイズ計っといてね。この前言ったのにまた忘れちゃって」

P「ごめんね」ニコニコ

「今日は?」

P「あ、今日の仕事はね……」ニコニコ

渋谷凛(15)
渋谷凛(15)

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 21:03:02.93 ID:nWex85zp0
「プロデューサーさーん!」

P「はいはーい」ニコニコ

「今日は午前で仕事終わるんですよね!?走りませんか!?」

P「うん、でもね、今朝も4時からハーフマラソンくらいの距離一緒に走ってたでしょ?俺もう疲れて…」ニコニコ

「疲れている!?ならお風呂行きませんか!?いいスーパー銭湯あるんですよー!」

P「それはちなみにどこにあるの?」ニコニコ

「ここから4キロ先です!でも駐車場ないんですよね」

P「……走るの?」ニコニコ

「はい!」

P「今日は普通に帰るからね?」ニコニコ

「はーい……」

日野茜(17)
日野茜(17)

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/11(木) 21:08:20.34 ID:nWex85zp0
P(毎日毎日毎日俺はアイドルに付き合わされる)

P(なんだかアイドルの言いなりになってるみたいだ)

P(笑ってれば何も疑われないし、気持ちよく仕事が出来てる気がする)

P(俺は一体何に笑っているのか忘れた気がする)

P(プロデューサーは何の仕事をしているのか忘れかけてる気がする)

P(無性につらい……)

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 21:11:15.43 ID:nWex85zp0
「こらーーーー!!!麗奈ぁぁぁーーーー!!」

麗奈「おっそいおそい!そんな足でついていけると思ってんのぉぉ!?」タ゛タ゛タ゛

「待てコラァァァァァーーーーー!!」

P(他のPさん大変そうだなぁ)

P(俺はまだ大丈夫なほうなのかな)

P(だとしても、俺は変われないけど)

P(あんな子に振り回されるなんて、他のPさんも一緒なのかもな……)

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 21:19:53.75 ID:nWex85zp0
かな子「プロデューサーさん!」

P「はいはい!」ニコニコ

かな子「これから外用事あります?」

P「はい!」ニコニコ

かな子「ブラックサンダーの新しい味が出たみたいです!コンビニ寄って買ってきてくれませんか?」

P「は、はい!わかりましたー!」ニコニコ

「私もちょっといいかな」

P「はいはい?」ニコニコ

「ここの式場のパンフもらってきてほしいんだけど」

P「はいはい!」ニコニコ

「走ってきますかー!?」

P「それはいいです」ニコニコ

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 21:23:26.31 ID:nWex85zp0


P「コンビニここらへんないんだよなぁ……ちょっと歩いていかないと……」


P「ここのパンフ式場でしか貰えないじゃん……」


P「ああー!バス待ってー!!」タ゛タ゛タ゛


P「はぁ……」

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 21:29:58.99 ID:nWex85zp0
P「ただいま帰りましたー!」ニコニコ

P「かな子さんはブラックサンダーですよね?どうぞ」ニコニコ

P「凛さん、式場にパンフ貰いにいくの時間かかりますから、また明日にしますね」ニコニコ

P「茜さん、もう勘弁してください」ニコニコ


P(……)

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 21:32:38.24 ID:nWex85zp0
「お茶いれるついでにコピーとってくれる?」

「留守番よろしくー」

「飲みいかない?幹事出来たら助かるんだけど」

「ペロ探してくれないか!?どっか行っちゃって……」


P「はい!わかりました!」ニコニコ

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 21:36:18.92 ID:nWex85zp0
翌日

P(朝起きるのがつらくなってきた)

P(笑顔がつらくなってきた)

P(どうしたのかわからなくなってきた)


「待て麗奈ぁぁぁぁぁぁ!!!」

P(またやってんのか……)

P(いいなぁあの子は……自由そうで……麗奈ちゃんだっけ……)

P(俺が何でもホイホイ言う事聞いちゃうのも悪いんだけど……)

P(うらやましいなぁ……)

「暇なの?じゃあ社長にお茶いれてもらえる?」

P(この人……自分が頼まれたことを俺に……)

P「はい!わかりました!」ニコニコ

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 21:40:46.42 ID:nWex85zp0
P「社長、お茶を……」カ゛チャ

「社長!もう耐えられません!」

社長「まあまあ、落ち着きなさい」

「だったら変えてください!」

社長「でも、代わりに誰が勤まるか……」

「ぐっ……」

P「お茶を……」

「ん?」チラッ

社長「ん?」ああ、そこのデスクに置いてくれたまえ。ご苦労様だった」

P「じゃ、僕はこれで……」

「……ちょーっと後で話があるんだが、いいか?」

P「……?はい」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/11(木) 21:43:52.63 ID:nWex85zp0
「あのさぁ……頼みがあるんだよ」

P「はぁ……」

P(この人麗奈ちゃんいっつも追いかけてる……)

「社長と話し合ってて、実はお前に麗奈を任せることになったんだ」

P「へ!?」

「そういうことだよ」

P「そ、そんな話聞いてな……」


「今さっき決まったところなんだ、気にするな」

P「へ、あ、あの…」

「頼むよ」




P「……はい!わかりました!」ニコニコ

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/11(木) 21:53:16.92 ID:nWex85zp0
「そうかそうか!じゃ、頼むよー……」

P(さっきまで麗奈ちゃん追いかけてたのに……よっぽど限界だったんだろう……)

P「あの人みたいになるのか……」

P(うらやましいとか言ってたけど前言撤回するな……)

かな子「プロデューサーさん!」

P「はい!なんでしょう!」ニコニコ

かな子「あの……冷蔵庫にあったエクレア食べちゃったんですけど……あれプロデューサーさんのだって聞いて……」

P「ああ、いいんですよそんn」

かな子「プロデューサーなら許してくれますよね!?ごめんなさい!」

P(………)

P「もちろんですよ!いいんですよあんなの。また買えばいいんですし」ニコニコ

かな子「ああ良かったぁ。次は気をつけます!」

P「いえいえ」ニコニコ


P(プロデューサーさんなら許してくれますよね、か……)

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/11(木) 21:58:47.20 ID:nWex85zp0
P「……」カタカタ ニコニコ

「プロデューサー」

P「うん?」ニコニコ

「今度出るテレビのディレクターにセクハラされたからビンタしてきちゃったんだけど」

P「………うんん?」ニコニコ

「どうしよう」

P「……先方にはこっちから話つけておくよ。心配しないで」ニコニコ

「……ありがとう」

「あとついでに『あんたの局の番組になんか出てやるもんか』って言っちゃったんだけど」

P「………うん!大丈夫だから心配しないで!」ニコニコ

「ご、ごめんね……ほんとに……」

P「うん!」ニコニコ

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 22:02:48.61 ID:nWex85zp0
「プロデューサーさーん!!!」

P「どうしたの?」ニコニコ

「トレーニングルームのランニングマシンが……」

P「が?」ニコニコ

「連続的に使いすぎたとかで煙吹いちゃって……」

P「……うん、大丈夫だよ!あの備品ずいぶん前から使ってるし、もう壊れてもしょうがないよ!」ニコニコ

「ほ、ほんとですか!?」

P「俺から社長にかけあって新しいの入れるから、気にしないでいいよ」ニコニコ

「やったー!やっぱりプロデューサーさん頼りになります!」

P(……)

P「あはは、ありがとう」ニコニコ

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/11(木) 22:08:46.95 ID:nWex85zp0
P「……」カタカタ

P(いつ麗奈ちゃんに担当変わるのかな……)

P(……変わっても同じかな……)

P(少しでいいから…『お疲れ様です』とか言ってくれたらなぁ…)

P「ちょっと外の空気吸いに行こう……」

かな子「あ!プロデューサーさん!」

P「!」

P「はい!」ニコニコ

かな子「シュークリーム今安いんですよ!買ってきてくれますか?」

P「……」

P「はい!わかりました!」ニコニコ

かな子「行ってらっしゃーい」

P「……」ホ゜ロホ゜ロ

29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 22:15:12.22 ID:nWex85zp0
P「これだけ買えばいいか……」

P「……?誰だこんなに公園で寝てるの……」

P「子供……?」

麗奈「………Zzz」ク゛ーク゛ー

P「……麗奈ちゃん?」

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 22:17:32.88 ID:nWex85zp0
P「あのー……」

麗奈「うーん……?」

P「事務所に帰らないんですか?」

麗奈「……あんた、誰?プロデューサー?」

P「そうですが……」

麗奈「うーん……?いたっけ?あんたみたいなシケた顔した奴」

P「あっ……とと……」

P「事務所に戻らないんですか?」ニコニコ

麗奈「……あっ、あんた!いっつもヘラヘラしてる奴!」

P(ひでぇな)

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 22:19:49.01 ID:nWex85zp0
麗奈「なに?またおつかいしてたの?」

P「うっ……そ、そうですけど……」ニコニコ

麗奈「可哀想ねー」

P「そ、そんなことないですよ?」ニコニコ

麗奈「嘘でしょ」

P「え?」

麗奈「嘘って顔に書いてあるわ」

P「そ、そんなわけないじゃないですかぁ!」ニコニコ

麗奈「もうやめなよそのヘラヘラ顔」

P「………」

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/11(木) 22:27:22.88 ID:nWex85zp0
P「……なんでわかったんですか?」

麗奈「そりゃー嘘だって顔に書いてあったからよ」

麗奈「そんな不自然な笑顔、よく気づかれなかったわね」

P「すごいですね麗奈ちゃんは」

麗奈「はぁ?あんた、あたしを何だと思ってるの?レイナサマと呼びなさい」

P「いや、いいです」

麗奈「……それは正直にいやなのね」

P「はい。嫌です」ニコニコ


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 22:34:03.09 ID:nWex85zp0
麗奈「あんたみたいな人がプロデューサーだったらなぁ……今の人つまんないんだもん」

P「今の人?」

麗奈「アタシ、今のプロデューサーになる前に何回か変わってんのよ」

P「どうし……あ」

麗奈「まぁアタシがイタズラしてるから悪いんだけどね」ケラケラ

P「反省してないですね……」

麗奈「またやめたいって言うなら、ざまぁみろって返してやるのよ」

P「……ざまぁみろ?」

麗奈「アタシの方針なんかなーんも聞かないで、自分のやり方でプロデュースしていこうとしてるのよ。みんな。そんなのアイドルじゃないわ」

P「はぁ……」

麗奈「アタシはね、そんな連中に振り回されたくないの」

P「……」

麗奈「満足出来ないような環境で、アイドルとして輝けると思ってるのかしら?バカなんじゃないの」

P「はぁ……」

麗奈「……あんたも、同じなんじゃないの」

P「はぁ?」

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 22:37:36.06 ID:nWex85zp0
麗奈「嘘だって顔に書いてあったとき、あんた何考えて笑ってたのよ」

P「……あ」


P(なんだかアイドルの言いなりになってるみたいだ)


P「そう……ですね」

P「俺も……振り回されっぱなしだったんです。」

P「言う事聞いてニコニコしてれば、きっと嫌われないで済むだろうと思って生きてきたら、こうなっちゃって……あはは」

P「もう今更どうしたらいいのかわからないんです……」

P「俺は……どうしたらいいんでしょう」

麗奈「ふーん……」

麗奈「知らないわよそんなの」

P「えっ」

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 22:41:43.09 ID:nWex85zp0
麗奈「そんな安易な考えで生きてきたあんたが悪いんじゃないの。アタシはどうしようもないわ」

P「そ、そんな……」

麗奈「だいたい、あんたはどうしたいのよ。どうなりたいわけ?」

P「……はっきりとした人間に……なりたいです……」

麗奈「……そう。良かったわね。なりたいものが見つかって」

P「麗奈ちゃん……」

麗奈「……どう呼べって言ったかしら?」

P「……レ、レイナサマぁ……」

麗奈「「さーて、寒くなってきたわ。帰りましょ」

P「……はい!」

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 22:46:15.99 ID:nWex85zp0
翌日

社長「えー、事務所のみんな、特にかな子くん、凛くん、茜くん。今日からプロデューサーが変わるぞ」

かな子「えー!」
「えー……」
「新しい人はランニングする人でしょうか!」

社長「これから彼には、小関麗奈くんの専属プロデューサーになってもらう」

ざわざわ……

「あーあー、可哀想にな」
「まーた誰かやめるかもな」
「良かったなお前、外れたぞ」
「だよなー、ラッキーだぜ」

P「……」ニコニコ

麗奈「……あんたかよ!」

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 22:49:17.81 ID:nWex85zp0
社長「まあ各々頑張るように。以上!」

麗奈「ふーん……ま、頑張りな」

P「はい!レイナサマ!」

麗奈「……悪くないわね、それ」

P「ありがとうございます!」

麗奈「……顔、変わったわねあんた」

P「そうでしょうか?」

麗奈「顔に正直って書いてあるわ」

P「ありがとうございます!」ニコニコ

39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 22:53:20.29 ID:nWex85zp0
現在

P「ということがあったんですよ」

ちひろ「プロデューサーさぁん…よかった……よかったですぅ……」ホ゛ロホ゛ロ

P「ちひろさん!?」

ちひろ「ほんとにぃ……いい人と巡り会えたとお゛ぼい゛ま゛ずぅ……」ホ゛ロホ゛ロ

P「ちひろさん!?」

ちひろ「任せてください!とっておきの良い場所がありますから!そこで今夜は過ごしてください!」

P「あ、ありがとうございます……」

41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/11(木) 22:59:13.33 ID:nWex85zp0


麗奈「あー……さみー……」

P「レイナサマ、もう少々で着きますからね」

麗奈「アタシをドライブに誘おうなんて、あんたも男らしいもんね」

P「ありがとうございます、レイナサマ」

麗奈「で?どこ行くのよ。海沿い走ってるけど」

P「着きました。ここです」

麗奈「あ?……うわぁ」

麗奈「すごーい!海が綺麗に!なんでー!?なんでなんで!?」

P「あはは、ホタルイカがいっぱいいるんですよ。間近で見れるスポットなんです。綺麗ですよね」

麗奈「うわー……すごーい…」

42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 23:03:04.05 ID:nWex85zp0
P「まあ、ベンチにお座りください。お疲れでしょう」

麗奈「なかなか良い演出するじゃないのあんた。気が利くわね」

P「やっぱり、覚えてらしたんですか」

麗奈「当然でしょ?アタシのプロデューサーとの記念日よ」

P「ありがとうございます……あの」

麗奈「ん?」

P「今まで、ありがとうございます」

麗奈「……は?」

43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 23:06:53.81 ID:nWex85zp0
麗奈「な、なに!?あんたまさか辞めるとか……」

P「ああいえ!そういうわけじゃないんですが……」

P「公園でおっしゃってくださったお言葉……今でも頭に入っております」

P「自分は……なれたでしょうか…?はっきりとした人間に…」

P「正直、ここの場所を選ぶまでにずいぶん時間かかって……情けないですが」

麗奈「……あんた、今誰をプロデュースしてるのよ」

44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 23:10:13.34 ID:nWex85zp0
P「レイナサマですが」

麗奈「何で辞めなかったの?ハードなスケジュールでせかせか動いて、疲れたんじゃないの?何で辞めないの」

P「自分がレイナサマをプロデュースしていたいから……です」

麗奈「合格だわ」

P「はい?」

麗奈「なれてるじゃないのよ。はっきりした人間に」

P「……レイナサマ」

麗奈「あーもう何も言わないで。言葉にしたら冷めちゃうようなこともあんのよ。頭いれときなさい」

P「……はい!レイナサマ!」

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 23:16:44.26 ID:nWex85zp0
P「綺麗ですねぇ……」

麗奈「……綺麗ね」

P「……」

麗奈「……ねぇ」

P「はい?」

麗奈「アタシもね、あんたがいてくれて良かったわ」

P「……レイナサマ?」

麗奈「いい!?アタシがこの覇道を歩き終わるまでにヘバってぶっ倒れないことね!わかった!?」

P「はい!レイナサマ!」

麗奈「だから……」

P「はい?」

麗奈「……アタシと、ずっと一緒に、いてくれるかしら……」

P「もちろんですよ!レイナサマにお仕えするのが喜びですから!」

麗奈「……あんたねぇ!空気とかそういうのわかんないの!?」

P「あぇっ!?す、すいませんレイナサマ……」

麗奈「……ありがと」

P「……はい?」

麗奈「……いや、なんでもないわ」

46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/11(木) 23:24:14.90 ID:nWex85zp0
麗奈「さーて、帰ろうかしら」

P「そうですね、寒くなってきましたし」

麗奈「アタシの家寒いのよー。間違えて冷房のボタン入れちゃって空気抜けないのよ」

P「……自分の家で良かったら、来ますか?」

麗奈「お、ラッキーね。上がらせてもらうわ」

P「またマッサージでもしますか?レイナサマ」

麗奈「そうね!今日は遊び疲れたわ!」

P「ゆっくりしてってくださいね、レイナサマ」

麗奈「そうね……さっさと車出しなさい」

P「は、はい!レイナサマ!」フ゛ルル

47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 23:27:19.44 ID:nWex85zp0
事務所

ちひろ「今頃楽しんでるかな……」

ちひろ「……楽しんでくれてるといいなー……」

ちひろ「……はぁ」

P『レイナサマ!レイナサマ!』

ちひろ「……チヒロサマー、なんて」

カ゛チャ

社長「忘れ物をしてしまっ」
ちひろ「何か聞きました?」
社長「え」



終わり
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/11(木) 23:31:12.37 ID:nWex85zp0
読んでくれた人に感謝したいです。ありかどうございました。
ところどころの誤字すいませんでした。キャラが嫌いとかそういうのじゃないんです!
全部僕の表現力のせいなんです!本当に!マジで!


幸子Pとして記念日に何もしてくれなくてしょんぼりするもサプライズが用意されてて感涙にむせぶ幸子を提案します


元スレ
モバP「レイナサm」ちひろ「うるさい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410433281/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑