*

伊織「あふぅを煮ちゃったわ……」



1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/10(日) 15:35:18.53 ID:8A47WYPM0
※この話はぷちますの世界観を一部含んでいますが、暗くなることが予想されます。
 またタイトルのような描写が苦手な方はご注意ください。
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 15:37:11.94 ID:8A47WYPM0

「じゃあ自分料理作るから、あふぅの面倒見ててね」

伊織「ええ、わかったわ」

伊織「……とは言っても」チラッ

あふぅ「……zzz」

伊織「ずっと寝てるから見るも何もないのよね」

伊織「今の内にあふぅが散らかした部屋でも片付けようかしら」スタスタ

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 15:39:36.99 ID:8A47WYPM0

あふぅ「……ナノ」ムクリ

あふぅ「……」テクテク

あふぅ「……」テクテク

「~♪」

あふぅ「……」チラッ

 あふうはお鍋を見つけた

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 15:40:58.15 ID:8A47WYPM0

あふぅ「……」パカッ

 中身はお米+αだった

あふぅ「!」

あふぅ「……」チラッ

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 15:42:13.25 ID:8A47WYPM0

「~♪」

あふぅ「……ナノ」スッ

 カパッ

「ん?」チラッ

「……気のせいか」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 15:43:27.37 ID:8A47WYPM0

あふぅ「……」めっしめっし

あふぅ「……」めっしめっし

あふぅ「ナノ……」

あふぅ「……」コテン

あふぅ「……zzz」

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 15:44:46.45 ID:8A47WYPM0

「さて、あとはこれを煮れば、雑炊の完成だぞ」スッ

「よっと、……あれ?こんなに重かったっけな」

「ま、いっか。じゃあ火を……」カチッ

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 15:49:40.19 ID:8A47WYPM0

「圧力なべだから、時間は少し短めでいっか」

「あ、蓋が開いた状態になってる。ちゃんと固定しなきゃ」カチッ

「それにしても、お鍋が圧力なべしかないなんて思わなかったぞ……」

「ま、元々は無人島だから仕方ないか」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 15:50:29.36 ID:8A47WYPM0

伊織「いやあぁぁ!」ドシーン

「い、伊織!? 何があったんだ?」ダッ

「い、伊織、大丈夫か!?」

伊織「いたた…… きー! 何なのよこの荷物!」

「足の踏み場もないぞ……」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 15:51:24.87 ID:8A47WYPM0

伊織「ちょっと、あんたも手伝いなさいよ!」

「あ、でもお鍋が……」

伊織「いいから引っ張って!」

「う、うん」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 15:52:31.04 ID:8A47WYPM0



鍋「……」

鍋「……」グツグツ

あふぅ「ナノ!?」ガバッ


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 15:54:22.29 ID:8A47WYPM0

あふぅ「ナノ! ナノ!」バタバタ

あふぅ「ナノナノ!! ナノ!」ジタバタ

あふぅ「ナノ!!! ナノーー!!」ジタバタ

あふぅ「ナ、ナノ……」グッタリ


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:02:52.14 ID:8A47WYPM0



伊織「ありがとう、何とか片付いたわ」

「あ! お鍋火にかけっぱなしだった!」

「よ、良かった、溢れてはないぞ……」カチッ

伊織「ちょっと、大丈夫だったんでしょうね」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:03:52.26 ID:8A47WYPM0

「うん、ちょうど考えてたくらいの時間だったから」

伊織「そ、そう、それなら良かったわ」

伊織「い、伊織ちゃんが片づけを手伝わせて料理がだめになったとか……」ボソボソ

「?」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:06:59.86 ID:8A47WYPM0


「なあ、伊織、あふぅはどこ行ったんだ?」

伊織「え?そっちの部屋で寝てない?」

「こっちにはいないぞ」

伊織「嘘、さっきあんなによく寝てたのに」

「あふぅ、どこ行ったんだー?」

伊織「まったく、さっさと出てきなさいよね」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:08:54.30 ID:8A47WYPM0



「どこを探してもいないな……」

伊織「あと探してないのは、……そのお鍋くらいかしら」

「じょ、冗談言うなよ。この中にいるわけ……」

伊織「どうしたのよ?」

「もしかして、さっき妙に重いと思ったのは……」

伊織「え? あ、あんた何言ってるのよ! 冗談に決まってるじゃない!」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:09:40.99 ID:8A47WYPM0

「じゃあ、……開けてみるか」

伊織「……」

「……」

伊織「……」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:10:58.52 ID:8A47WYPM0

「……開けるぞ」

伊織「……」

「……」パカッ


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:12:23.83 ID:8A47WYPM0

 
あふぅがいた。いや、あふぅだったものがいた。
すっかり煮えてしまったのか、面影はほとんどない。


「あ…… あ、あ……」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:13:11.04 ID:8A47WYPM0

こんなことになると誰も思わなかった。
そしてこんなことをしようとは誰も思わなかった。
あまりにも非現実的だと思っていた。
しかしそれは実際に起きてしまった。
現実を理解しようとしないまま、自分たちは暫く呆然と立ち尽くしていた。

変わり果てたあふぅの姿を前にして。


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:18:38.97 ID:8A47WYPM0


伊織「何よ……、何よこれ」

「な、んで……」

伊織「ちょっと、これどういうことよ! ねえ!」

「じ、自分だってわからないぞ」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:21:31.10 ID:8A47WYPM0

伊織「わからないってこれ作ったのはあんたでしょ!?」

「そ、それを言うならあふぅの面倒見るのは伊織の担当だっただろ!?」

伊織「な、だいたいあんたが鍋から目を離さなければ気づいたでしょ!?」

「伊織が大きな物音を立てるから見に行ったんじゃないか!」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:22:22.91 ID:8A47WYPM0

そうして無意味な責任のなすりつけ合いが続いた。
途中から何を言ったのかすら覚えていない。
ただひたすらに散々何かを叫んで、ようやく何も始まらないことに二人で気づいた。


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:24:59.27 ID:8A47WYPM0


「どうしよう。と、とりあえず律子に電話を……」スッ

伊織「やめておきなさい」

「ど、どうしてだ?」

伊織「あんた、あの事務所にあふぅを殺したって言ってみなさい?」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:25:41.30 ID:8A47WYPM0

伊織「明日から事務所にいられなくなるわよ」

「あ……」

その時の伊織は恐ろしく冷静だった。
冷静に見えただけかもしれないが、それに比べてうろたえている自分がより一層馬鹿に見えた気がする。


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:26:43.66 ID:8A47WYPM0

伊織「……あふぅは目を離した隙にいなくなった。かしら」

「……う、うん」

伊織「まあ、いなくなったってことは言ったほうがいいかもしれないわ」

「うん、後で電話する」


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:27:27.22 ID:8A47WYPM0

伊織「あとは…… それね」

「……山の中に埋めてくる」

伊織「そう、それなら律子に連絡する前に行ったほうがいいわね。律子なら飛んで来かねないわ」

「ちょっと行ってくるぞ」


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:28:17.24 ID:8A47WYPM0

伊織「あんた一人で行くつもり?」

「え? だって……」

伊織「あんただけだとかわいそうだからこの伊織ちゃんがついてってあげるわ、光栄に思いなさい」

「あ、ありがとう伊織」


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:29:11.88 ID:8A47WYPM0


 山の中

「……」ザックザック

伊織「……」ザックザック

お互い何も言わなかった。ただひたすら地面を掘ることに集中した。
そうしなければいけない気がしたし、とにかく早くあふぅを目の届かない場所へ持っていきたかった。
それはきっとお互いに同じ気持ちだった。


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:29:53.34 ID:8A47WYPM0

「これだけ掘ればいいんじゃないか?」

伊織「そうね」

「じゃあ……」スッ

伊織「……」


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:30:39.25 ID:8A47WYPM0


「ごめんな、あふぅ。……さよなら」

伊織「……ごめんなさい」ボソッ

「じゃあ、……戻そう」

伊織「……」


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:32:40.36 ID:8A47WYPM0

宿に戻ってきた頃にはすっかり夕方になっていた。
大して食欲のない自分達は適当にあったものを食べて夕飯を終えた。
とにかくあの鍋のものは一口も食べなかった。


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:33:23.77 ID:8A47WYPM0

「あ、律子、あのさ、あふぅがいなくなっちゃったんだ」

「うん、自分達も最初はすぐ戻ってくると思ったんだけど、夕飯の時間になっても帰ってこないんだ」

「え? うん、いつもの無人島だよ」

「うん、わかった。また戻ってきたら連絡するよ」


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:33:59.33 ID:8A47WYPM0

伊織「……」

「律子、明日こっちに来るって」

伊織「……」

「……」


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:34:37.00 ID:8A47WYPM0


 翌日

伊織「……来たわ」

「う、うん」

律子「あんた達、あふぅは?」

「……」

伊織「……」


38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:35:26.41 ID:8A47WYPM0

律子「そう…… とりあえずやよを連れてきたわ」

やよ「うっうー」


律子「やよ、あふぅの匂いをたどれないかしら?」

やよ「うっうー」すんすん


39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[] :2014/08/10(日) 16:36:02.83 ID:8A47WYPM0

やよ「……」すんすん

やよ「……」すんすん

やよ「うー」タッ

「!?」

伊織「!?」

律子「わかったの!?」


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:36:41.16 ID:8A47WYPM0

やよ「うっうー」クイクイ

律子「これは、お鍋?」

やよ「うー」

律子「この中に、いたの?」


41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:37:17.92 ID:8A47WYPM0

(まずい!)

「あ、も、もしかしてあれつまみ食いしたの伊織じゃなかったのか!?」

伊織「し、失礼ね! そんなことするわけないでしょ!」

律子「ほら、そこでけんかしないの」

(……ごまかせた、のかな?)


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:38:03.31 ID:8A47WYPM0

やよ「うー」

律子「そう、ここから先はわからないのね……」

律子「どうしたものかしら……」

律子「とりあえず外にも行くしかなさそうね」



43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:38:38.13 ID:8A47WYPM0


やよ「……」すんすん

やよ「うー」タッ

律子「この山のほうから匂いがするのかしら?」


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:39:30.03 ID:8A47WYPM0

伊織(気を逸らすには……)

チャリーン

やよ「うっうー」ダッ

「い、伊織何やってるんだよ!?」

伊織「う、うるさいわね! 走ったらポケットに入れておいた小銭が落ちちゃったのよ」

律子「ほら、そんなことでけんかしないの」

やよ「うっうー」ガジガジ


45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:40:22.43 ID:8A47WYPM0


 夕方

律子「結局手がかりはないわね……」

律子「仕方ないわ。今回はもう帰りましょう」

「……」

伊織「……」

律子「大丈夫よ、今までみたいにすぐ帰ってくるから。ほら、そんな顔しないの」


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:41:19.55 ID:8A47WYPM0


 事務所

小鳥「律子さん、どうでした?」

律子「……」

小鳥「そう、ですか……」

律子「でも私たちが落ち込んでいては仕方ありません。事務所のみんなにはなるべくいつも通りにしてもらうつもりです」

小鳥「そうですね。そのほうがあふぅちゃんも帰ってきやすいでしょうし」


47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:42:15.73 ID:8A47WYPM0

 翌日・事務所

「……」

伊織「……」

貴音「響、災難でしたね」

「貴音、ごめん」

貴音「響が悪いわけではありません。今日は営業までゆっくり休むのです」

「うん」


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:42:57.57 ID:8A47WYPM0

あずさ「伊織ちゃん……」

伊織「何よ」

あずさ「大変だったわね」

伊織「私は別に……」

あずさ「早く見つかるといいわね」

伊織「……」コクリ


49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:43:28.26 ID:8A47WYPM0

美希「あ、おにぎりなの!」

「!?」ビクッ

伊織「!?」ビクッ


50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:43:59.51 ID:8A47WYPM0

貴音「響、どうかしましたか?」

「な、何でもないぞ」

あずさ「伊織ちゃん、どうかしたの?」

伊織「な、何でもないわ」


51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:44:49.58 ID:8A47WYPM0

 帰り道

伊織「……やっぱり意識しちゃうわね。あの声」

「うん、ほとんど同じだもんな」

伊織「かと言ってやめさせるのは不可能だし、耐えるしかないわね」

「……いつまで?」

伊織「決まってるじゃない」


52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:45:47.33 ID:8A47WYPM0


伊織「死ぬまでよ。私達か、美希が」

「死ぬ、まで……」


53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:47:57.08 ID:8A47WYPM0




律子「伊織、響、ちょっと来なさい!」

「ど、どうしたんだ律子?」

伊織「なんだって言うのよ」


54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:48:26.45 ID:8A47WYPM0

あふぅ「ナノ!」

「あ、あふぅ?」

律子「普通に無人島の山の中にいたわよ」

伊織「そ、そんなわけ……」


55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:49:03.61 ID:8A47WYPM0

「あふぅ、ごめんな!」ガシッ

あふぅ「……ナノ」ドロッ

「な、なんだ!? あふぅが融けて……」

律子「やっぱりあんた達だったのねー?」


56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:49:34.55 ID:8A47WYPM0

伊織「な、何よこれ!?」

律子「この子が寂しいってずっと泣いていたわよー」

律子「深い土の中でずーっとずーっと……」


57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:50:47.49 ID:8A47WYPM0


「はっ!」

「ゆ、夢か……」

「……まだ1時だぞ」

「……」


58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:51:24.12 ID:8A47WYPM0

「……」

「……」

「はっ!」

「……ま、また夢か」


59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:51:50.02 ID:8A47WYPM0


「結局朝まで寝れなかったぞ……」チラッ

ちびき「……zzz」

「……」


60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:52:24.98 ID:8A47WYPM0

 事務所

「はいさーい!」ガチャ

千早「あら、我那覇さん。隈すごいわよ」

「え? 本当か?」

千早「あふぅのことはあるかもしれないけど、ちゃんと寝なきゃだめよ」

「う、うん」


61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:52:57.16 ID:8A47WYPM0

伊織「……あんた、寝てないわね?」

「伊織だって隈すごいじゃん」

伊織「……」

「……」


62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:53:31.12 ID:8A47WYPM0


美希「でーこちゃん!」ガバッ

伊織「で、でこちゃん言うな!」

美希「あ、でこちゃん隈すごいの。ちゃんと寝ないとだめなの」

「!?」ビクッ

伊織「!? う、うるさいわね……」ビクッ


63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:54:09.80 ID:8A47WYPM0

美希「あれ?でこちゃんが大人しいの。 あ、眠いからかな?」

伊織「あー…… まあそんなところね」

美希「それなら美希のソファ使っていいよ」

伊織「いや、あんたのじゃないから」


64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:55:20.28 ID:8A47WYPM0

美希「いいのいいの」グイグイ

伊織「ちょ、押さないでよ!」

美希「じゃ、でこちゃんおやすみなの!」

伊織「!?」ビクッ

「!?」ビクッ

伊織「だ、だからでこちゃん言うな!」

65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:55:59.46 ID:8A47WYPM0

美希「さてと…… あれ? 響、どうかしたの?」

「い、いや、何でもないぞ」

美希「あ、響も寝てないからソファ使いたかった?」

「そ、そういうわけじゃないから!」

美希「ひ、響? 急に大きい声出したらびっくりするの」


66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:56:31.03 ID:8A47WYPM0

「あ、ご、ごめん……」

美希「響、今日のレッスンは出れそう?」

「あ、うん、大丈夫だぞ」

美希「じゃあそろそろ行こう?」

「う、うん」


67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:57:23.68 ID:8A47WYPM0

 レッスン場

「よっ、とっ」

「ふぅ……」

美希「……なんかやっぱり今日の響はキレがないって感じがするな」


68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:57:57.17 ID:8A47WYPM0

「そ、そうか?」

美希「確かに色々あったかもしれないけど、響がそんなふうに落ち込んでちゃあふぅも帰ってこないって思うな」

「!!?」ビクッ

美希「響?」


69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 16:58:35.26 ID:8A47WYPM0

 「う、うるさい!!」バンッ

 美希「ひ、響……?」

 「そうやってあふぅを思い出させるようなことばかり言ってさ!」

 美希「あ、あのね、響……」

 「うるさいうるさいうるさい!!!」


70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:00:12.37 ID:8A47WYPM0

美希「響、聞いてる?」ジー

「え? あ、ご、ごめん」

美希「もう、今日の響は本当に変だよ? やっぱり疲れてるんじゃないかな?」

「う、うん。色々あったから疲れてるのかもしれないな……」


71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:01:01.58 ID:8A47WYPM0

美希「それなら今日はもう切り上げるの」

「え? あ、か、帰るのは自分だけでいいぞ。美希はもっとレッスンしててよ」

美希「やなの」

「!?」ビクッ


72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:02:12.68 ID:8A47WYPM0

美希「だって、今の響目を離したらどっかにいっちゃいそうなんだもん」

「……」

美希「だから、ね?」ニコッ

「……」


73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:02:59.93 ID:8A47WYPM0

 帰り道

「……」

美希「……」

「……」

美希「ミキね、この前あふぅとおにぎりの取り合いしたの」

「……!?」ビクッ


74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:03:45.13 ID:8A47WYPM0

美希「それでね、結局ミキがおにぎり食べちゃったんだ」

「……」

美希「だから帰ってきたら、あふぅにおにぎりいっぱいあげるの」

「……っ」

美希「それでね、ごめんなさいって……」


75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:04:15.42 ID:8A47WYPM0

 「帰ってこないよ」

 美希「え?」

 「あふぅは帰ってこないよ」

 美希「ど、どうして響がそんなこと断言できるの!?」

 「だって……」


76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:04:56.73 ID:8A47WYPM0

 美希「だって?」

 「……あふぅは自分が殺したから」

 美希「じょ、冗談だよね? 響がそんなことするわけ……」

 「殺したよ。事故かもしれないけど、自分が殺したのは確かだ」

 美希「な、なんで……? 響が?」


77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:05:28.41 ID:8A47WYPM0

美希「ひーびーきー?」ジー

「うわぁ!? み、美希?」

美希「もう、さっきからボーっとしすぎなの」

「!?」ビクッ


78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:06:10.38 ID:8A47WYPM0

「あ、ご、ごめん……」

美希「……」

「あ、あのさ、自分、ちょっと先に帰るね。事務所には電話しておくから。じゃあ」ダッ

美希「あ、ひ、響! 響!?」


79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:06:53.12 ID:8A47WYPM0

 響の家

「はぁー、はぁー……」

「む、無理だ。あの声とずっと生きていくのは」

「何とか…… 何とかしないと」


80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:07:32.46 ID:8A47WYPM0

「……っ」

 伊織『耐えるしかないわね』

 『……いつまで?』

 伊織『決まってるじゃない』


 伊織『死ぬまでよ。私たちか、美希が』

「死ぬまで……」


81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:08:07.49 ID:8A47WYPM0

「……」

「やだ、やだよ」ガタガタ

「……」ガタガタ

「……」


82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:08:50.84 ID:8A47WYPM0

「美希の声を聞かずに済むのは……」

「もうこれしか……」スッ

「……」

「あ、包丁に自分の顔が映ってる……」

「……酷い顔」



83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:11:47.29 ID:8A47WYPM0

 翌日

「はいさーい!」ガチャ

美希「あ、響おはようなの!」

「み、美希、あのさ……」

美希「実は響に渡すものがあるの」

「え? 自分に?」


84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:12:34.54 ID:8A47WYPM0

美希「うん! はい、おにぎりなの!」ジャーン

「お、おにぎり?」

美希「うん! 響この前からずっと疲れてるみたいだから、ミキ特製おにぎりを食べれば元気出ること間違いないの!」ニコッ

「う、あ……」


85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:13:22.99 ID:8A47WYPM0

美希「後は…… あ、でこちゃんおはようなの!」

伊織「あ、あんたはでこちゃん言うな!」

美希「でこちゃんにあげたいものがあるの!」

伊織「だから! って、何よそれ」


86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:14:03.70 ID:8A47WYPM0

美希「はい、おにぎりなの!」ジャーン

伊織「おにぎり?」

美希「うん! でこちゃんもこの前からずっと疲れてるみたいだから、ミキ特製おにぎりを食べて元気出すの!」ニコッ

伊織「あ、ありがと……」


87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:14:42.70 ID:8A47WYPM0

美希「~♪」

伊織「……響、いつまでそこにいるのよ」

「い、……おり?」ポロポロ

伊織「何よ、あんた泣いてるの?」


88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:16:10.70 ID:8A47WYPM0

「伊織……」ポロポロ

伊織「言いたいことがあるならさっさと言いなさいよ」

「自分、……もう、ダメだ」

伊織「はぁ? あんた何言って……」

「……ごめん」ダッ

伊織「あ、ちょっと待ちなさい! 響!!」


89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:17:02.73 ID:8A47WYPM0

 無人島

「……ちびき、ありがとう」

ちびき「ないさー!」

「……もう事務所帰っていいよ」

ちびき「だぞ?」


90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:17:39.73 ID:8A47WYPM0

「うん、帰りたくなったら連絡するから」

ちびき「だぞ!」

「……」バッサバッサ

「……」

「……帰りたくなったら、な」

91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:18:49.51 ID:8A47WYPM0

「……」ザックザック

「……」ザックザック

「……」ザックザック

「……」


92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:19:35.67 ID:8A47WYPM0

「久しぶりだな、あふぅ」

あふぅ「」

「元気…… じゃないよね」

あふぅ「」


93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:20:11.51 ID:8A47WYPM0

「あの時、ちゃんとあふぅを殺したって言えば少しの許されたのかな?」

あふぅ「」

「ううん、どっちにしてもダメだよな」

あふぅ「」


94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:20:48.92 ID:8A47WYPM0

「大丈夫、もう一人にはしないよ」

あふぅ「」

「おいで、一緒に寝よう?」

あふぅ「」


95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:21:25.38 ID:8A47WYPM0

「え? そっちが来い? わかったわかった」

あふぅ「」

「じゃあおやすみ、あふぅ」


 おわり

99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:31:56.28 ID:8A47WYPM0
メインディッシュである本編をあまりに重くしすぎたので、何も考えずに見られるデザート代わりのおまけを用意しました。この後適当に投下します。
本編の内容でギャグに走らせた作品です。
ぷちます本家くらいの軽いノリを目指しました。

100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:32:54.92 ID:8A47WYPM0

 伊織「あふぅを煮ちゃったわ……」 「ギャグ編!」

※最初は本編と同じです

「なあ、伊織、あふぅはどこ行ったんだ?」

伊織「え?そっちの部屋で寝てない?」

「こっちにはいないぞ」

伊織「嘘、さっきあんなによく寝てたのに」

「あふぅ、どこ行ったんだー?」

伊織「まったく、さっさと出てきなさいよね」


101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:33:30.89 ID:8A47WYPM0


「どこを探してもいないな……」

伊織「あと探してないのは、……そのお鍋くらいかしら」

「じょ、冗談言うなよ。この中にいるわけ……」

伊織「どうしたのよ?」


102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:34:30.34 ID:8A47WYPM0

「もしかして、さっき妙に重いと思ったのは……」

伊織「え? あ、あんた何言ってるのよ! 冗談に決まってるじゃない!」

「じゃあ、……開けてみるか」

伊織「……」

「……」

伊織「……」


103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:35:06.77 ID:8A47WYPM0

「……開けるぞ」

パカッ


あふぅ「ナノーー!!」バッ

「あっつ!」

伊織「きゃっ」

あふぅ「ナノナノー!!」プンスカ


104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:35:39.40 ID:8A47WYPM0

「ご、ごめんな、大丈夫か!?」

あふぅ「ナノ!」プンスカ

伊織「……どうして生きてるのよ?」

「伊織」

伊織「な、何よ? 私何か変なこと言った?」


105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:36:19.59 ID:8A47WYPM0

「ギャグに真面目なツッコミは無粋だぞ」

伊織「う、うるさいわね! なんでこれいきなりギャグになってるのよ!」

「それより伊織! あふぅのご機嫌をとるために急いでおにぎりを作るんだ!」

伊織「わ、わかったわよ」


106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:37:11.12 ID:8A47WYPM0

おにぎりドーン

「どうにか出来たぞ!」

伊織「私達の分も使ってね」

あふぅ「ナノ!」めっしめっし

「自分たちの分は…… これ?」


107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:37:52.54 ID:8A47WYPM0

伊織「それあふぅが入ってた鍋じゃない!」

「だって他にないんだぞ!?」

伊織「……わかったわよ」

「じゃ、いただきます」


108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:38:19.04 ID:8A47WYPM0

伊織「はむ。……!? こ、これは……」

「おいしい! おいしいぞ!」

伊織「……」コクリ

「……」コクリ


109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:38:57.98 ID:8A47WYPM0

伊織「ねえ、あふぅ」

「おにぎりもっと作ってあげるから、ちょっとお風呂に入らないか?」

あふぅ「ナノ!」ダッ

「あ、待て!」

伊織「どこ行くのよ!」


110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:39:25.86 ID:8A47WYPM0

あふぅ「ナノー!」

律子「何、どうしたの?」

あふぅ「ナノナノ」

律子「へぇー、二人が、そう……」


111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] :2014/08/10(日) 17:41:59.99 ID:8A47WYPM0

伊織「り、律子!?」

律子「あんた達、楽しそうなことしてたのねぇ?」

「は、話せばわかるぞ!」

この後二人は律子に怒られましたが、あふぅのだし汁を飲ませたら律子も納得してくれました。

ただ熱湯はかわいそうだと、40℃くらいのお湯につかってもらうことが流行りました。

たまにはるかさんが入ろうとするのが困ったことですが……

かくして、今日も765プロ事務所は平和です。

 おわり

元スレ
伊織「あふぅを煮ちゃったわ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407652508/

Comment

  1. 匿名 より:

    伊織と響があふぅなんかの命を背負う必要ない

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑