*

へへっ今週のオススメSSですよ!プロデューサー! – 2014年4月第3週編

公開日: : オススメSS

いつも当サイトをご利用していただきありがとうございます。今週のオススメSS紹介のお時間です。

月日が経つのがやたら早い今日このごろ。気がつけば今月も後半へと突入。暖かった気温が何故か急激に冷え込んだりしていますが、くれぐれも体調にはお気をつけ下さい。
また、実生活が忙しく更サイト新頻度が先週の3分の2程になってしまい申し訳ございません。少しでも多くのSSを皆様にご紹介していけたらと思っておりますので今後共よろしくお願い致します。


それでは改めまして2014年4月第3週のオススメSS五作のご紹介、いってみましょう。


2014年4月第3週 アイマスSSなの特選!オススメSS


輿水幸子「お疲れですか?」

まだ投票券が余っている方はこのSSを読んで当サイト一押しアイドル輿水幸子に清き一票を!
素直じゃない態度ばかり取ってしまう彼女ですが、このSSでは好感度メーターが振りきっており最初からデレッデレで甘々な展開。このカワイさはもう自称とは言わせない程。
SS界では所謂バラドルとして不動の立ち位置をキープしている幸子。いじった時の反応を見るのも良いのですが、たまにはこんな純愛系SSもどうぞ!



輿水幸子「お疲れですか?」

晶葉「おい助手よ、これはいったいどういうことだ!」

全く科学の分からないPと晶葉&志希二人によるコメディSS。誰でも一回は聞いたことがあるエセ科学の数々へのPの騙されっぷりとアイドル二人の掛け合いについ吹き出してしまいます。オチも非常に良く出来ていて、人が良すぎるのも危険なんだなぁとしみじみ思いましたw
同タイプのSSとして、モバP「DHMOだって?」志希「にゃははははー♪」という作品もございます。こちらもスレタイから分かるように同種のコメディSSとなっておりますので、上記SSが気に入った方は是非ともこちらの作品も読んでみてください。



晶葉「おい助手よ、これはいったいどういうことだ!」

南条光「受け継がれる光」

光が主役の物語。光の人生を彼女の視点から辿るような構成です。ただ漠然とした”ヒーロー”に憧れていた幼少時代からプロデューサーに出会って迎えた転機、そしてクライマックスと彼女の成長を追うことが出来ます。

この物語を読む上でのポイントはプロデューサーに感情移入したうえで、光に対してどのような想いを持ちながら読むか、でしょうか。光のことを異性として見るのではなく娘のように感じながら読むからこそのあのクライマックス。父性を刺激されてうるっと来てしまいました。

よく懐いてくれる娘が欲しくなる、そんな一作でした。


南条光「受け継がれる光」

渋谷凛『不思議なお店?』

モバマスキャラにオリジナル設定を加えた全七話の大長編。このオリジナル設定も上手いことキャラクターとマッチしているのが面白い。物語としては一話一話で完結しているためどこからでも読むことが出来ますが、最終話の演出を楽しむためには是非頭から読むことをおすすめします。

ジャンルとしてはホラーものに分類されていますが、人を驚かせるようなホラーではなく所謂オカルトに分類されるちょっとだけ不思議なお話です。これまでのお話を経てからの最終話が面白いのはSS上部のコメントに書いた通り。最終話を覗いた個人的なオススメシナリオは第二話の騙し絵です。

長編なのに読みやすいため、寝る前などに布団に入りながら読むことをおすすめします。

渋谷凛『不思議なお店?』

安部菜々「笑顔の魔法と月うさぎ」

本日最後に紹介するのがこちらのうづななSSである安部菜々「笑顔の魔法と月うさぎ」

ただ仲が良いだけでなく、時折黒い部分をも見せてくれるのがより自然な信頼感を演出しています。
菜々さんから見た卯月は彼女にとって遥か上の存在。今でこそ同じユニットで同じ立場だとしても気持ちの整理が難しい部分もありそうです。
それでも嫉妬心以上に憧れや勇気などをポジティブな気持ちを強く持てたのがさすが菜々さん。
それまで憧れるだけの存在だった卯月と今度はアイドルの、そして恋のライバルとして気持ちの整理が出来た菜々さんを見ているとこちらまで明るい気分になります。

お互いに思いをぶつけ合うことが出来る二人の関係に凄い勇気付けられます。うづななもっと流行っても良いのでは!




安部菜々「笑顔の魔法と月うさぎ」



以上、今週のオススメ作品5作の紹介でした。
今週は約1ヶ月ぶりに自作SSを投下したりということもあり、非常に充実した1週間でした。
それでは今後共アイマスSSなのをよろしくお願い致します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑