*

今週のおすすめSSです。まあ、なんでも、いいですけれど。 – 2014年4月第1週編

公開日: : オススメSS

いつも当サイトをご利用していただきありがとうございます。今週のオススメSS紹介のお時間です。

前回のオススメSSのまとめから月が変わり、今回は2014年4月第1週編。環境が大きく変わる新生活シーズンです。休み明けで気力が湧きにくい季節ではありますが頑張っていきましょう。

今週から当サイトでは総選挙応援週間ということで、いつもスポットライトが当たりにくいキャラのSSを多くまとめていくことに致しました。この時期は作者様方がイチオシするキャラのSSが沢山読めて毎日幸せです。
それでは前置きが長くなりましたが、2014年4月第1週のオススメSS五作のご紹介、いってみましょう。


2014年4月第1週 アイマスSSなの特選!オススメSS


モバP「杏のために飴はある」

ゲームのメタなシステムを上手いこと設定に取り入れていますのでモバマスユーザーにとっては馴染みやすい設定がお見事。レア度とコストをアイドルランクの指針にしているのは見ている側からもひと目で業界での立ち位置が分かります。
物語の主要人物は実力はあるのに働こうとしない杏と自分に自身が持てないかな子の二人。思いを素直に吐き出すかな子と違ってどうしても天邪鬼になってしまう杏との対比にやきもきしました。ちぐはぐな関係から始まってプロデューサーも含めた3人の成長、特に杏からPの対しての気持ちの変化が面白い。
ぜひとも杏Pやかな子P以外の方にも読んで欲しい一本です。

モバP「杏のために飴はある」

モバP「結婚の華」

晶葉博士の結婚シミュレーターシリーズも堂々の完結。特にこの最終話はシリーズ過去作品を読んでもらってから閲覧をして欲しい一作です。
数にしてみると全シリーズで16人分のシミュレーションを書き上げたのだから驚き。どのお話もそのキャラらしさがしっかりと描かれており、時に笑いながら時にドキドキしながら読んでいました。
物語としての山場はやはりこの最終話。16人目に出て来た人物の言葉とそのクライマックスがシリーズ一番の見所です。
本作でシリーズが終わってしまうのは残念ですが、一ヶ月という長い期間をかけて本作を書き上げた作者様にはお疲れ様でしたの気持ちを伝えたいです。

モバP「結婚の華」

肇「だから、湯呑」

凛「プロデューサーってさ……」から設定を共有するSSの肇編となるストーリーです。このシリーズは何と言ってもアイドルとPの距離感、そしてアイドル同士の距離感が素晴らしいです。あくまでも一定の距離を保ちつつも、自分の思いを伝えるために踏み込もうとするアイドル側の立ち位置がいじらしい。
凛の独白形式でストーリーが進むも本作の主役は肇。凛はシリーズ一作目でプロデューサーが肇に対してどう思っているのかを知っている訳で、そのことを頭に入れながら読むと一つ一つのアクションにドキドキします。
凛からしたら肇やトライアドのメンバーは倒すべき恋のライバルではあるのですが、同時に仲間として大事に思っていることがよく分かるのが読了感に心地よさを与えてくれました。


肇「だから、湯呑」

貴音「異国の方に発音を馬鹿にされました」

実際にYoutubeにアップされている動画に付いた外人さんのコメントを元にするという発想に脱帽。またその外人さんのコメントややり取り、外人さんのユーザーネーム、そしてオチに使われているアイコン全てが奇跡的に噛み合っていて吹き出してしまいました。
メタ的な設定も面白いですが、作中のちょっとポンコツな貴音と響のやり取りもオススメです。
読む際にはPrincess Snow Whiteを流す準備を忘れずに!原曲を聞きながら読むとより面白く読めるはず。


貴音「異国の方に発音を馬鹿にされました」

春香「未来のトップアイドル」

今週は春香の誕生日というイベントもありました。誕生日記念にアップされた中の一作がこちらの作品です。
これまで自分が目指していたものに向かって走っていたと思ったら、気付けばその自分を目指している人がいる。夢を貰う側から与える側に立つことが出来たこの春香はアイドルとしての本懐を遂げることが出来たのではないでしょうか。
もちろん目指すトップアイドルは遥か彼方。ここで終わりではありません。この物語の出来事はちょっとしたきっかけに過ぎないのですが、迷子の女の子だけでなく春香自身にも新たな目標という大きな影響を与えたように思えます。
うるっと来るシナリオなのですが、読了後のすっきり感がたまらない作品です。読んでいる最中は作中の春香に感情移入してしまい涙腺が緩くもなりました。

春香「未来のトップアイドル」



以上、今週のオススメ作品5作の紹介でした。
新年度も始まったばかり。外はこんなに心地よいのに何で仕事・学校があるんだ…とどうしても気が滅入る時期ではありますが、ピンチな時こそチャンス!気合を入れて頑張っていきましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑