*

市原仁奈「モフモフな日々!」





1:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 00:06:10.10 ID:uduWLCIDO


仁奈「で、ごぜーます!」

市原仁奈(9)
市原仁奈(9)

「そうはさせんぞ」


2:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 00:08:26.72 ID:YT/VmKQao
ザッ


仁奈「ふふ…プロデューサー! そろそろ観念しやがるですよ!」ジリ

「…はは、俺がそんなに簡単に諦めるやつだと思っているのなら、大間違いだぞ。仁奈」

仁奈「…それでこそ仁奈たちのプロデューサーでごぜーます…ですが!」カッ

仁奈「だからと言ってこの戦い、手を抜くわけにはいかねーですよ!」バッ

「させるかぁ!」



「…」

喜多見柚(15)
喜多見柚(15)

「ねえ比奈さん」

比奈「どうしたっスか」カリカリ

荒木比奈(20)
荒木比奈(20)

「Pサンと仁奈ちゃんって、なにしてるの?」

比奈「……えっと」

比奈「仁奈ちゃんがプロデューサーの相手をしてあげてるんじゃないでスか?」

「おい」

「なるほど」

「柚は素直すぎるな?」

仁奈「隙ありでごぜーます!」バサッ

「うおっと」ヒョイ

3:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 00:10:55.97 ID:uduWLCIDO
「って、うおお!? な、なんだこのでけーきぐるみ!」

仁奈「プロデューサー用のキグルミでやがります! 観念して、プロデューサーもモフモフしやがるですよ!」

「ぐわああああ!!」モフモフー



「いいなー。楽しそう」

比奈「柚はもうきぐるみ着てるじゃないっスか」

4:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 00:13:41.67 ID:YT/VmKQao
「もふもふー♪ えへへ、パーカーもいいけどきぐるみもいいね」モフモフ

比奈「…それは…けっこう違う気もするっスけどね…」

「比奈さんも、似合ってるよー」モフモフ

比奈「…ありがとでス」

「Pサンも着ちゃえばいいのにー。どうして嫌なのかな?」

比奈「(真っ当な成人男性なら普通の反応でス)」

5:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 00:15:56.38 ID:uduWLCIDO
「…くぅ」zz…

「楓さんはパンダな感じだね」

比奈「…騒々しい事務所の中での癒しっスね…」

「ン?」



「…」

仁奈「わー。やっぱりプロデューサーはキグルミが似合うですよ!」パチパチ

比奈「ぷっ。なんでスかプロデューサー、その可愛い格好」ケラケラ

「…」

「可愛い! これペンギン?」

仁奈「はい。仁奈のとっておきでごぜーます」フンス

「へー」モフモフ

「……」ジタバタ

比奈「くくっ、プロデューサー、…下手に動くと、よけいに可笑しいっスよ…!」アハハハ

「……」

6:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 00:18:18.05 ID:YT/VmKQao
「……なあ、これ…俺、ほとんどどうにも身動きが取れないだが…」

比奈「ちょっと歩いてみるっス」

「……」ヨチヨチ

ガッ

「あっ」ガッ

「……」ググ…

ツルッ

「ぐえ」バタッ

「……」ジタバタ

比奈「プロデューサー…萌える動作を心得てるっスね」

「あはは、すごく可愛いよPサン!」ケラケラ

「……どうしてこんな目に…」パタ

7:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 00:20:35.66 ID:uduWLCIDO
仁奈「さすがプロデューサーでやがります! すっかりペンギンのようですよ!」キラキラ

「……助けてくれー…」バタバタ

比奈「とりあえず、仰向けにしておいてあげまス」クル

「おえ」

比奈「ちょっと。ペンギンが発する声じゃないっスよ、それ」

「ペンギンじゃねえよ、プロデューサーだよ」

8:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 00:22:12.27 ID:YT/VmKQao
「…ん」パチ

「…」ポーッ

「あ、楓さん。おはよー」

「…」ニコ

「? あれ…なんだか、大きなペンギンさんが…」

「…あの、楓さん、…恥ずかしいので、できればこっちを見ないでもらえると…」

「ふふ」ニヘラ

「へ?」

9:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 00:24:06.73 ID:uduWLCIDO
ギュ

「…! えっ」

「わー。プロデューサーさん、ペンギンさんになったんですね…もふもふで、あったかいです…くぅ」

「ちょ、楓さん、あの、寝ぼけてます!?」ジタバタ

比奈「羽の動きが虚しいでス」

「♪」ギュウ

「あの、いくら互いにきぐるみを着ているとはいえ、さすがにちょっと恥ずかし…と、いうか、それ以前にアイドルがですね…」

「えいっ」ギュ

「な、なんで柚まで来るんだ?」

「てへ?」ペロ

仁奈「とーっ」ガシ

「ぬわっ」

仁奈「仁奈を仲間外れにしないで欲しいですよー」モフモフ

「えへへ。もふもふー」

「……ぐえ…押し潰されるぅー…」

比奈「でスから、ペンギンPがそんな生々しい声を漏らすのはやめるっス」

「ペンギンPってなんだよ!」
10:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 00:26:06.45 ID:YT/VmKQao
「もふもふ」

仁奈「もふもふ」

「もふもふ」

柚・仁奈・楓「「「もふもふ♪」」」

「(なにこれ怖い)」

比奈「楽しそうっスねぇ」ハハ

「…ま、まあな…」ハア

「あ、どうでもいいことかもしれんが」

比奈「はい?」

「比奈はくっついて来ないんだな」

比奈「…」

比奈「ちょっと早苗さん呼んで来るっス」ニッコリ

「ちょ」
15:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 15:47:41.46 ID:jF8m+l4qo
―――モフモフな日々。


それが仁奈の野望でごぜーます。

プロデューサーもおねーさんたちも――ファンの野郎どもも、みんなでキグルミを着て、モフモフすれば、きっとみんな幸せになりやがります。



仁奈「そう、仁奈は思うんでごぜーますが…」ショボン

比奈「…」

「…」

比奈「ほらプロデューサー。仁奈ちゃん悲しんでるっスよ」コソ

「いや、そうは言っても…」

キグルミ「ペンギーン」

「…あれ着てたら仕事にならないし…」
16:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 15:49:58.93 ID:uduWLCIDO
比奈「じゃあ、もっと機動力のあるきぐるみならいいんでスか?」

「機動力ってなんだよ」

比奈「そんな感じのやつを、仁奈ちゃんに持って来てもらえばいいっス」

「そういう問題なのか?」

比奈「でス。だって今の様子だと、」

仁奈「……」モフモフ

比奈「…けっこう仕事に支障が出るんじゃないかと思いまスよ?」

「う…そ、それはいかんな」

比奈「でス」
17:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 15:51:52.61 ID:jF8m+l4qo
仁奈「……」モフモフ

「えへへ。今日は羊さんだね」

仁奈「はい。…羊の気持ちになりやがると、きっと、」

「?」

仁奈「…いやなことをなにも考えずに、気持ちよく眠ることができるでごぜーます」ニコ



比奈「」ブワッ

「えっ」
18:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 15:53:23.76 ID:uduWLCIDO
比奈「…仁奈ちゃんは健気っス…いい子っス…」グス

「…い、いやなことって、…俺がきぐるみを着ないことか?」

比奈「他になにがあるんスか?」ズビ

「……さ、さあ」

比奈「…きっと仁奈ちゃんはさみしいんでスよ」

「?」

比奈「最近は、仕事の時間も多いでスよね。半分、プロデューサーが親代わりってとこもあるんじゃないでスか」

「…俺の分まで、柚や楓さん、比奈だって、仁奈に付き合ってるじゃないか」
19:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 15:54:35.36 ID:jF8m+l4qo
比奈「私たちとプロデューサーじゃあ違いまス」

「…はぁ、そんなもんかね…」

比奈「でス」



「…」

「? 楓さん、どうかしましたっ?」

「…いえ、仁奈ちゃんを見ていると、ふと」

仁奈「?」

「ジンギスカン、食べたいなって」

「(食べる方ですか!?)」

「あー。羊のお肉って、珍しいけどおいしいですよね」コクン

仁奈「ヒツジを食べちゃうでごぜーますか?」キョトン
20:◆qEJgO2U6bM:2013/05/09(木) 15:56:13.64 ID:uduWLCIDO
「ええ。お酒にも合うし…プロデューサーさん、私ビールが飲みたくなっちゃいました」フフ

仁奈「仁奈、食べられちまうでごぜーますか…?」

「Pサン、みんなで晩ご飯にどうかな?」



「…なあ、比奈」

比奈「はい」

「ジンギスカンって、高いんだっけ」

比奈「安くはないんじゃないでスか?」

「…そっか…」

比奈「…ご馳走さまでス」

「…おう」
23:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 01:55:59.09 ID:eFIG2p+6o
「おっにく♪ おっにく♪」カンカン

比奈「行儀悪いでスよ」コラ

「…ジンギスカン用のお鍋って、なんだか面白い形をしてますよね…ふふ。丘みたいで、寝ころべたら気持ちよさそうだなー、なんて…」ポンポン

「……まあ、たしかに変わった形ではありますが」

仁奈「…」ジーッ

「仁奈? どうかしたか?」

仁奈「…ヒツジの気持ちになってるですよ……」ドヨン

「…」

「…ほどほどにな」

「ふふっ」

「えっなんでいま笑ったんですか楓さん」

「になになー♪」
24:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 01:57:58.90 ID:H/Z3lwqDO
「まずは野菜を敷くそうです」

「わさー」

比奈「すでにちょっとおいしそうでスね」

「どんだけ草食だよ。お前は肉もちゃんと食えよ」

「はーい♪」

「柚はちゃんとやさいを食べなさい」

「(プロデューサーさん、なんだかみんなのお母さんみたいだなぁ…)」フフ

「えー、やだー♪」

「そんなに嬉しそうなやだは初めてだ」

「へへっ?♪ なんだか楽しくて」

「それはよかった」
25:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 02:00:32.09 ID:eFIG2p+6o
「で、肉を載せて行く」ペタペタ

「これは味付きの肉なんですねー」

「ですね。食べる分には、この方が手軽かと思って」

仁奈「……味付きのヒツジ…むむ、ちょっとこいつの気持ちになるのは難しいでごぜーます…」ブツブツ

「おーい仁奈ー戻ってこーい」ポンポン

仁奈「はっ」

「あと、きぐるみは脱いでおいた方がいいんじゃないか? 匂いがつくぞ」

比奈「羊のきぐるみに、リアル羊肉の匂いがつくわけでスね」

「……想像したくないな」

比奈「茸塗れのきぐるみとどっちが厳しいでスかね?」

「…どっこいどっこいだな」
26:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 02:02:42.38 ID:H/Z3lwqDO
仁奈「…分かりやがりました…キグルミは脱ぐですよ」モゾモゾ

比奈「(仁奈ちゃん、明らかにテンションが下がってまスね…)」ボソ

「(いや、でもさすがに…脂が跳ねるのもよくないし…)」

比奈「(…そうでスね、まあ、今回ばかりはプロデューサーが正しいでスかね)」

「(今回ばかりって)」オイ
27:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 02:03:58.84 ID:eFIG2p+6o
「代わりと言ってはなんだが…ほれ」キュ

仁奈「…これは…」

「前掛け。服が汚れると悲しいだろ?」

仁奈「…そ…うで、ごぜーますね…」

「? どうかしたか? ちょっと顔が赤いけど…火が近かったかな?」

仁奈「な、なんでもねーですよ」

仁奈「というかプロデューサーが近いからでごぜーます…い、一瞬、抱き着いて来るのかと思いやがりましたよ」ドキドキ

「あ、ああ。悪い悪い。…けど、俺ってそんなに体温高いのかな」

比奈「うっわ白々しい。ないっスわープロデューサーそれはないでスわー」

「はあ?」

「アタシもそう思う」モグモグ

「…プロデューサーさんは、女心をちっとも分かってませんね」チビチビ

「…えぇー…俺が悪いのか…」ワカラン…
28:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 02:05:49.79 ID:H/Z3lwqDO
比奈「…まあ…」イタダキマス

ギュ

仁奈「…」//エヘヘ

比奈「(仁奈ちゃんが嬉しそうだから、いいんでスけどね)」

仁奈「プロデューサー! 仁奈は、プロデューサーから頂いたこの前掛け、大事にするですよ!」

「前掛けを大事にしてどうする」

「ほら、焼けたぞ。どんどん食べろー」

仁奈「はい!」

「はーい♪」

「お前はほどほどにな」

比奈「ラジャーっス」

「お前は食えっつってんだろ」

「私は?」

「楓さんは二杯までです」

「(ノ´・ω・`)ノ」ソンナセッショウナ…
32:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 11:34:26.65 ID:5zqxv9Gvo
「PサンPサン」

「ん?」

「あーん♪」

「……」

「それ、この前もやったろ――」

「えいっ」

「もがが」

比奈「あー。よくないっスねプロデューサー。肉ばっかりじゃなくて野菜も食べるっス」モサモサ

「むぐ」

「プロデューサーさんももっと飲みましょう?」グイ

「ごぼ」
33:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 11:37:00.07 ID:H/Z3lwqDO
「殺す気かお前ら」ゼーッ

「? そんなことないって」

「陸で溺れたのは初めてだ」

比奈「それは主に楓さんのせいかと」

「野菜にも溺れたわ!」

「…農家の方の台詞みたいですね…ふふっ」

「楓さんが一番罪は重いですからね」ポコ

「いたいっ」
34:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 11:37:55.28 ID:5zqxv9Gvo
「…あ」

仁奈「…」モフ…

「…大人しいと思ったら、寝ちゃってたのか…」

比奈「…ちょっと、さみしがらせちゃいましたかね…」ゴメンネ…

ナデナデ

仁奈「…ん…」

「…かもな」

「よし、じゃあ出るかー。タクシー呼んでもらおう」

「お。なんだかそれはわくわくするかも」

「仕事でもよく使ってるだろ?」

「…そうだったね」

「そうだったって、おい」
35:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 11:38:53.09 ID:H/Z3lwqDO
「…だって…まだウソみたいでさ。Pサン、アタシたちってもう売れっ子だよね?」」

「そりゃそうだ。CDだって出したし、ライブもやった」

「まだまだこれから先があるけど、もう四人とも、立派なアイドルだよ」

比奈「まあ、楓さんは私たちより先にアイドルしてたっスけどね」

「まるで自分はアイドルじゃなかったみたいな言い方だな」

比奈「大した仕事はなかったでスから」

「…すまん」

比奈「やだな、そういうつもりじゃないでスって」

「なので庶民派のアタシは、タクシーを使うたびにあっ自分アイドルやってるって思うんだー♪」

「たしかに庶民派だな、それ」ハハ
36:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 11:39:46.13 ID:5zqxv9Gvo
「プロデューサーさんは、事務所に戻られるんですか?」

「ええ。代行を呼んで帰ります。それと…しょっと」

仁奈「…ふにゃ」

「一旦、仁奈のお家に連絡をして…迎えに来てもらうか、まあ俺が送ってもいいんですが」

比奈「あ、じゃあ私もついて行っていいでスかね」

「忘れ物か?」

比奈「そんなとこでス」

「あ、それならアタシもー」ピョンピョン

「へへっ、夜の事務所にみんなで残るのって、なんだかわくわくするかも!」

「…子どもかよ」

「うんっ♪」

「あ、それなら私も…」チョイ

「…」ハア

「…まあ、別にいいですけどね…じゃ、のんびり歩いて行きますか」

比奈「はいっス」

「はーい♪」

「はい」

仁奈「…もふ」
37:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 11:40:59.28 ID:H/Z3lwqDO
キグルミはあったけーですよ。



モフモフで、フワフワで。


だから一人で寝るときも凍えずに済みやがります。

一人でも、仁奈はさみしくねーでごぜーます。


さみしく、なんて…。
38:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 11:41:57.36 ID:5zqxv9Gvo
仁奈「…むにゃ…」パチ

仁奈「……なんだか、あったかい、ですよ…」

「お? 目が覚めたか?」

仁奈「…プロ…デューサー…?」

比奈「あー。だめじゃないっスかプロデューサー、お姫様はもっとそーっとおんぶして上げないと」

「あ、すまん。ちょっと揺れちゃったか」

仁奈「…」

「…仁奈?」

仁奈「」ニヘラ

仁奈「なんでもねーです。…プロデューサーの背中は、あったかいですね」ギュウ

「…そうか?」

比奈「まあプロデューサーの体温は高いでスからね」ニヤニヤ

「なんだよー」

「ふふっ」

「えへへ」
39:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 11:42:51.66 ID:H/Z3lwqDO
仁奈「プロデューサー」

「どうした?」

仁奈「……わがまま言って、ごめん」

「…え?」

仁奈「もう仁奈は大丈夫でごぜーます」

仁奈「プロデューサーが、キグルミを着なくても平気です。あったかいですから」

「…そっか」

「よかったな」

仁奈「はい」

比奈「(なに他人事みたいな言い方してんでスか)」
40:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 11:43:36.02 ID:5zqxv9Gvo
「…今日は、満月さんですねー」

「……月見酒…肴はどうしましょう…」ブツブツ

「花より団子ですか」

「月より酒だねー♪」

「ただの飲んだくれだな、それ」

比奈「まあ、楓さんより飲んだくれな人もいるにはいるっスから」

「…そうだな」
41:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 11:44:12.06 ID:H/Z3lwqDO
「そうだ。仁奈、お家の方に連絡を取りたいんだけど…」

仁奈「? 今日は家にはだれもいねーですよ」

「…はい?」

仁奈「パパは出張で家を空けてやがるですよ」

「……じゃあ、今日は一人で留守番なの?」

仁奈「はい」

仁奈「でも、仁奈は大丈夫ですよ。キグルミがありやがりますから」ニヘラ

比奈「(´;ω;`)」ブワッ

「うおっ!」

比奈「…あんまりっス…いくらしっかりしているとはいえ、こんな小さい子を一人にしちゃうなんて…」エグエグ

「さみしくない?」

仁奈「いつもはお姉ちゃんもいやがりますから、平気ですよ」
42:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 11:45:31.77 ID:5zqxv9Gvo
「…むぅ、とはいえ一人になると分かっていて家に帰すのは…」

比奈「だめでス。私が許さないでス」

「…俺としても避けたいところだが…」

「こうなったら、みんなで事務所に泊まればいいよ」

「はあ?」

「えへへ、たまにはそんなのも、いいんじゃないかなーって♪」

「…いや、それはさすがに」

グイ

「私、まだ飲み足りないんですよねぇ…」

比奈「実は書きかけの原稿を事務所に置いてまして…半分徹夜覚悟でしたから、案外私は、お泊りの方が都合がよかったり」テヘ

「てへじゃねえよ。アイドルが徹夜なんてするもんじゃありません」
43:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 11:46:06.20 ID:H/Z3lwqDO
仁奈「お泊りですか!? うへへ、そうしたら今日の仁奈はちっともさみしくないですよ!」ワーイ

「ちょ、耳元で叫ぶなって」キーン

「…ていうか、やっぱりさみしかったんだな」

仁奈「あっ」

仁奈「ち、違うです。気のせいです。Pの聞き間違いですよ」

「? 仁奈、いま俺のこと名前で…」

仁奈「あー! もう、違うです! だめです!」ギュウー

「ぐふっ、苦しい…締まってる、…」
44:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 11:47:10.10 ID:5zqxv9Gvo
「よーっし。じゃあ夜通しみんなでお喋りしよー♪ お菓子買って行こうよ!」

「お酒も買わないと。ふふっ♪」

比奈「…栄養ドリンクは…事務所にあるっスよね」

仁奈「…えへへ」

「…はあ。明日が休みじゃなかったら、こんなことしないからな、ホント…」

仁奈「ねえねえ、P」グイ

「はいはい。どうした?」

仁奈「仁奈はいま、アイドルをすることができてとっても幸せでごぜーます!」

仁奈「だから、ありがとう」

「…そうか。どういたしまして」

仁奈「はい!♪」
45:◆qEJgO2U6bM:2013/05/13(月) 11:47:46.96 ID:H/Z3lwqDO
もう仁奈には、キグルミがなくたって平気でごぜーます。



ウソです、それでもやっぱり、キグルミはあったかくて、幸せな気持ちになれるですよ。



だからみんなもどうですか?
仁奈と一緒にモフモフしやがるですよ。

そしたらきっと――今の仁奈みたいに、幸せになれるでごぜーます!





おわり



元スレ
市原仁奈「モフモフな日々!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1368025570/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑