*

赤城みりあ「食べちゃうぞー!」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/03(月) 21:47:19.65 ID:gAmbnY7p0
「……」カタカタ…

みりあ「ねえねえプロデューサー?」

赤城みりあ(11)
赤城みりあ(11)

「んっ、なんだ?」


バッ!


みりあ「がおーっ!たべちゃうぞー!」


「どうした急に?」

みりあ「えへへ♪どうかなプロデューサー?」

「いいんじゃないか?可愛くて」

みりあ「むぅぅ!ちがうよぉ!」

「違う?」

みりあ「カワイイかどうかじゃなくて、怖かったかどうかを聞いてるの!」

「怖い?うーん…」

みりあ「うぅぅ…考えるってことは怖くないんだ…」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/03(月) 21:51:39.96 ID:gAmbnY7p0
「どうしたんだよみりあ?」

みりあ「あのね、今度私の学校で学芸会やるの!」

「へぇ、学芸会か」

みりあ「うん!私たちのクラスはね、赤ずきんちゃんをやるんだよ!」

「なるほど、それでみりあはオオカミ役ってわけか?」

みりあ「そうだよ!だから今練習してるの!がおーっ!」

「そうかそうか、練習熱心だなぁみりあは」

みりあ「でもプロデューサー、全然怖がってくれないから自信無くしちゃった…」

「そんなことないよ、怖いなぁ、怖い怖い」

みりあ「本当に怖いと思ってる?」

「本当だよ、怖いなぁオオカミみりあは」ナデナデ

みりあ「もー!ウソついてるでしょ!ニコニコしてるもん!」

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/03(月) 21:57:09.92 ID:gAmbnY7p0
------


美玲「どうしたら怖くなるか?」

早坂美玲(14)
早坂美玲(14)

みりあ「うん!プロデューサー全然怖がってくれないんだもん!」

美玲「ふーん、でもなんでそれをウチに言ってきたんだ?」

みりあ「だっていっつもガルルルって言っててオオカミみたいだから、美玲さんならどうすれば怖く見えるか知ってると思ったの!」

美玲「そ、そうなのか…本当にそう思うか?」

みりあ「うん!思うよ!」

美玲「じ、じゃあさ…ウチのこの爪とか…眼帯とか…どう思う?」

みりあ「うーんとね、オシャレだと思う!爪はカッコイイと思うし、その目に付けてるのもちょっと変わっててオシャレ♪」

美玲「そ、そうか!オマエなかなかセンスあるなッ!」

みりあ「えへへ、そうかな?ありがと♪」

美玲「まあ、ウチがその気になればプロデューサーを怖がらせるなんてとってもカンタンなんだけどなッ!」

みりあ「ホント?じゃあじゃあ、私にも教えて!おねがーい♪」

美玲「ふふんッ!しょうがないな、そこまで言うんならウチがオマエのことレッスンしてやるッ!」

みりあ「わーい♪ありがとね美玲さん!」

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/03(月) 22:15:02.97 ID:gAmbnY7p0
美玲「それじゃまずは唸り方からな、思いっきり唸るんだッ!」

みりあ「がるる~♪こんな感じ?」

美玲「違うッ!もっと相手を震え上がらせるくらいおっかなく!」

みりあ「震え上がらせちゃうくらい…うーん…」

美玲「仕方ないなぁ、それじゃウチがお手本見せてやるッ!」

みりあ「うん、お願いします!」

美玲「こうやって…ツメと立てながら…」


美玲「ガルルルー!ひっかくゾーッ!」


みりあ「すごいすごーい!美玲さんすごーい!」

美玲「へ、へへ…まあなッ♪」

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/03(月) 22:41:42.20 ID:gAmbnY7p0
------



みりあ「がおーっ!」

美玲「違う違う、もっとこう…ガオーッって感じでッ!」

みりあ「うーん…がおーっ!!」

美玲「そうそう、そしたら今度は飛び掛るような動きをするんだッ!」

みりあ「飛び掛るような?それってどんなの?」

美玲「こんな感じだッ!油断してると首とかに噛み付いちゃうぞって思わせるんだッ!」

みりあ「むぅぅ…えーいっ!」ピョンピョン♪

美玲「うん!いいんじゃないか?まあ、ウチほどじゃないけどなッ!」

みりあ「えへへ!やったぁ!」

美玲「よし!そろそろ実戦でやってみるかッ」

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/03(月) 22:50:10.12 ID:gAmbnY7p0
「……」カタカタ…


みりあ「プロデューサー、一生懸命お仕事してる…」

美玲「仕事に夢中でウチらに全然気付いてない、今がチャンスだッ!」

みりあ「うまくできるかなぁ…」

美玲「大丈夫だ、ウチが教えたとおりにやれば絶対に大丈夫ッ!」

みりあ「うーん、でも…」

美玲「しょうがないな、じゃあウチが見本見せてやるッ!」

みりあ「本当に?」

美玲「そこでウチの動きをしっかり見てろッ!」

みりあ「うん!がんばって美玲さん!」

美玲「へへ…きっとプロデューサー、ビックリしてひっくり返るぞッ♪」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/03(月) 22:58:46.10 ID:gAmbnY7p0
「……」カタカタ…


コソコソ…


「んっ?」


バッ!


美玲「ガオーッ!ひっかくゾーッ!」

「おっと美玲か、今日も元気だなぁ」

美玲「あ、あれ?が、ガオーッ!」

「ゴメンな、今ちょっと忙しいからあとで遊んでやるよ」

美玲「うぅぅ…違うッ!違うぞプロデューサーッ!」

「なにがだ?」

美玲「もっと他にやることあるだろッ!怯えるとかビックリするとかッ!」

「はいはい」ナデナデ

美玲「ひあっ…」

「いい子だからもう少しだけ待っててくれな」ナデナデ

美玲「や、やめろぉ…そんなに…撫でるなぁ…力…抜けるからぁ…」

「よーしよーし」ナデナデナデナデ…

美玲「も、もう…手に噛み付いてやるぞぉ…ふにゃぁ♪」カプッ

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/04(火) 18:26:34.48 ID:cUMrgTi40
------


みりあ「……」ジーッ

美玲「な、なんだよその目は?なに見てるんだッ!」

みりあ「だって美玲ちゃん、プロデューサーに撫でられたらおとなしくなっちゃうんだもん」

美玲「あ、あれは…っていうかなんでちゃん付けなんだよッ!さっきまでさん付けだったのに…」

みりあ「ふーんだ!撫でられただけでふにゃふにゃになっちゃうようなオオカミさんは『ちゃん』で充分だよ!」

美玲「う、うるさいうるさいッ!ガオーッ!」

みりあ「怖くないよーだ!そんなこと言うなら私だって撫でちゃうからね!」ナデナデ

美玲「や、やめろぉ…もふもふするぞぉ…」ペシペシ

みりあ「じゃあ私だってもっと撫でちゃうよ!」ナデナデ

美玲「ふにゃあ…」

みりあ「美玲ちゃんカワイイなー、オオカミっていうよりワンちゃんみたい♪」

美玲「そ、そんなことないモン…」



美優「えっと…どういう状況なのかしら…」

三船美優(26)
三船美優(26)

39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/04(火) 18:44:09.68 ID:cUMrgTi40
みりあ「あっ、美優さんお疲れ様!」

美優「お疲れ様…どうしたの?」

みりあ「うーんとね、美玲ちゃんにオオカミのことを教えてもらったんだけど、でも美玲ちゃんはどっちかって言うとワンちゃんで…」

美玲「ち、違うぞッ!ウチは孤独なオオカミだッ!」

みりあ「もうー、まだそんなこと言ってるの?」ナデナデ

美玲「ふにゃあ…やめろぉ…」

みりあ「って感じかな!」

美優「あの…よく意味が…」

みりあ「あっ、そうだ!美優さんにも見てもらおうかな!」

美優「なにを?」

みりあ「えっと…こうやって…」


みりあ「がおーっ!たべちゃうぞー!」


美優「……」

みりあ「えへへ、どう?怖い?」

美優「可愛い…」ナデナデ

みりあ「ひゃあっ!も、もう美優さんまで…」

41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/04(火) 18:54:57.74 ID:cUMrgTi40
美優「でも、どうしてオオカミのことが知りたいの?」

みりあ「今度学芸会でオオカミの役をやるんだよ!だから練習してたの!」

美優「そう…えらいわねみりあちゃんは…」

みりあ「えへへ♪あっ、そういえば美優さんならわかるかも!」

美優「なにが?」

みりあ「あのね、どうやったらオオカミっぽくなるかな?」

美優「オオカミっぽく?」

みりあ「うん、美優さんドラマとかにいっぱい出てるし、役作りとか教えて欲しいなって」

美玲「な、なんだよッ!ウチは頼りにならないのかッ!?」

みりあ「そんなことないよー、でも美優さんのお話も聞いてみたいの!」

美優「役作り…オオカミ…」

43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/04(火) 18:59:44.51 ID:cUMrgTi40
みりあ「どうすればいいと思いますか?」

美優「そうね…オオカミの役なんてやったことがないから…よくわからないわ…」

みりあ「あれ?でも前にオオカミの衣装でライブをやってなかったっけ?」

美玲「むっ、そうなのか?」

みりあ「うん!美玲ちゃんが来るちょっと前だよ、すごく素敵だったのっ!」

美優「あ、あれはその…プロデューサーさんが…」

みりあ「プロデューサーね、美優さんがあの衣装を着るの好きみたいだよ♪」

美優「ほ、本当に?」

みりあ「うん!だって美優さんがライブであの衣装を着るたびにニコニコしてたもん」

美優「そ、そうなの…」



美優「…あとで噛みついちゃおうかしら?」ボソッ

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/04(火) 19:06:58.92 ID:cUMrgTi40
みりあ「あとはやっぱりセリフの言い方が大事だよねっ」

美優「そうね…どんなセリフなの?」

みりあ「これだよっ♪『ふっふっふ、お前を頭から全部食べちゃうぞー!』」

美優「け、結構過激なセリフなのね…」

みりあ「まだ練習中なんだ♪ねえ美優さん、お手本見せて欲しいなー」

美優「お、お手本?」

みりあ「うん、美優さんの演技見て勉強したいのっ!」

美玲「ウチもちょっと見てみたいな、美優さんの演技」

美優「うぅぅ…」

みりあ「ねっ?おねがーい♪」

美優「わ、わかったわ…えっと…」



美優「ぜ、全部食べちゃうぞー…」カアァァァ



みりあ美玲「おぉー…」パチパチパチパチ…


「あめーでごぜーますっ!」バーン!


美玲「だ、誰だッ?」

美優「に、仁奈ちゃん…」

仁奈「なってねーです、美優おねーさん!」

市原仁奈(9)
市原仁奈(9)

50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/04(火) 21:07:02.00 ID:cUMrgTi40
みりあ「仁奈ちゃん、いつからいたの?」

仁奈「ついさっきからです、美優おねーさんとごはんに行こーと思ったからお誘いに来たのです」

美優「あら、そうなの?いいわよ、後で行きましょう…」

仁奈「ありがとーごぜーます美優おねーさん♪」

みりあ「あっ、私も行きたいなー!」

美優「じゃあみんなで行きましょうか…」

みりあ「わーい!やったー!美玲ちゃんも行こうよっ!」

美玲「う、ウチも行っていいのか?」

美優「もちろんよ、一緒に行きましょう…」

美玲「し、仕方ないなッ!そこまで言うなら行ってもいいぞッ!」

仁奈「って、ちげーですよ!」

みりあ「なにが?」

仁奈「みんなオオカミのことを甘く見てるでごぜーます!」

52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/04(火) 22:10:58.05 ID:cUMrgTi40
みりあ「甘く見てるって?」

仁奈「美優おねーさん、抱っこしてくだせー」

美優「抱っこ?いいわよ…」ヒョイッ

仁奈「いーですかみんな?オオカミになろうとしたら一番大事なことはなんだと思うですか?」

みりあ「うーん、なんだろ?」

美玲「そんなの決まってるぞッ!ツメとキバだッ!」

仁奈「ぶっぶーです美玲おねーさん!」

美玲「じゃあなんだよ?」

仁奈「それはですね、オオカミの気持ちになることですよー!」

みりあ「オオカミの気持ちかぁ…」

仁奈「そうです!お腹の底からオオカミになりきることが一番大事なのです!」

美玲「お腹の底から?」

仁奈「相手を本当に食べてやるって気持ちにならねーと、オオカミの気持ちにはなれねーってことです!」

みりあ「なるほどっ!確かにそうだね♪」

仁奈「美優おねーさん、オオカミになりきるなら恥ずかしがったりしちゃダメでごぜーます!オオカミははずかしがったりしねーですよ?」

美優「はい、ごめんなさい…」シュン…

53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/04(火) 22:34:37.91 ID:cUMrgTi40
ガチャッ


「あれ、なんか人が増えてるな?」

みりあ「あっ、プロデューサー!お仕事終わったの?」

「まあ、とりあえず一段落だ、みりあたちはなにしてたんだ?」

仁奈「オオカミの気持ちになるための方法を教えてあげたですよ!」

「へえ、みんなでみりあの学芸会のために協力してあげてたのか」

みりあ「そうだよ、美優さんと仁奈ちゃんに手伝ってもらってたの!あと…美玲ちゃんにも!」

美玲「おいッ!なんでウチを最後に持ってくるんだよッ!ちゃんと協力しただろッ!」

美優「み、美玲ちゃん…怒らないで…」

「なるほどな、それでオオカミの気持ちにはなれたのか?」

みりあ「うーん、多分大丈夫!えっと…全部まとめるとね…」

みりあ「こうやって…がるる~って唸って飛びかかるっ!」ピョンッ

みりあ「それからセリフ!『頭から全部食べちゃうぞー!』」

みりあ「そしたら…えーっと…」

仁奈「オオカミの気持ちですよ!オオカミになりきるです!」

みりあ「オオカミの気持ち…オオカミだったらどうするか…」

「みりあ?」



みりあ「ん~…がぶーっ!」カプッ

55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/04(火) 23:39:51.73 ID:cUMrgTi40
「おわっ!」

みりあ「はむはむ…」

「みりあ…」

みりあ「えへへ♪どう?オオカミみたいだった?」

「ビックリしたよ、急に噛みつくんだからな」

みりあ「食べられるかと思った?」

「そうだな、そうかもしれない」

みりあ「えへへ♪やったぁ!私、オオカミの気持ちになれたみたいだねっ!」

「学芸会は大丈夫そうか?」

みりあ「うん!オオカミみりあ、バッチリだよっ!」

「よかったな、よかったよかった」ナデナデ

みりあ「でも急に噛んじゃってゴメンね、痛くなかった?あととか残ってない」

「ちょっとだけだよ、別に平気だって」

みりあ「よかった♪ねえプロデューサー、学芸会見に来てね!」

「ああ、必ず見に行くから頑張れよ」

みりあ「うん!」

63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/05(水) 07:25:23.04 ID:9QuV32i30
みりあ「みんなもありがとう!おかげでプロデューサーに褒めてもらえたよっ!」

仁奈「おやすいごよーですよ!」

美優「あんまり役に立てなかったけど…」

みりあ「えへへ♪本番見に来てくださいね!」

美玲「どうせウチはたいして役にたってないモンッ!」

みりあ「もー、まだ怒ってるの?機嫌直してよー」

美玲「ふんッ!」プイッ

みりあ「ほらほら~、機嫌直してー♪」ナデナデ

美玲「ふにゃあ…撫でるなぁ…」

みりあ「ねっ?みんなで美味しいごはん食べようよっ♪」

美玲「うぅぅ…わ、わかったよ…」

みりあ「プロデューサーも一緒にごはん食べよっ!」

「俺もいいのか?」

美優「お仕事が大丈夫ならですけど…」

仁奈「仁奈もプロデューサーとごはんたべてーです!」

「大丈夫ですよ、今日の仕事はあらかた片付いたからな」

みりあ「わーい!じゃあ今日はみんなでごはんだねっ!」

「ああ、いっぱい練習したからお腹すいたろ?」

みりあ「うん、もうぺこぺこ♪」

「じゃあオオカミらしくお腹いっぱいたべていいぞ」



みりあ「がおーっ!いっぱい食べちゃうぞー!」




おわり

64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/05(水) 07:27:09.40 ID:9QuV32i30
駄文失礼しました~
みりあみたいな元気な子は書いてて楽しいです
あと個人的には美玲も最近好きなので
ひたすら愛でるだけの話とか書いてみたいな
ではまた~


元スレ
赤城みりあ「食べちゃうぞー!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415018474/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑