*

まゆ「凛ちゃんが鬱陶しいんですよぉ」卯月「へ、へぇ……!」ピキピキ


1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/14(金) 03:09:14.22 ID:suJ+viMR0
まゆ「なんとかしてください」

卯月「なんとかって……言われても……」

まゆ「もぅ、卯月ちゃんがそんなんだから凛ちゃんが付け上がるんですよぉ」

卯月「なっ!!」ムカッ

まゆ「ニュージェネレーションの長としてメンバーを纏めないと駄目じゃないですかぁ」

卯月「えっ、あっ、ちょっ、長……?」

まゆ「リーダーですよ、リーダー」

卯月「リーダー……えっ、私が///」カァッ

まゆ「もっとしっかりしてくださいよぉ」

卯月「は、はい……頑張ります!!(リーダー/// 私が……NGのリーダー……///)」

まゆ「……」フゥ

佐久間まゆ(16)
佐久間まゆ(16)

島村卯月(17)
島村卯月(17)


2:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/14(金) 03:18:28.50 ID:suJ+viMR0
まゆ「それでお話の続きですがぁ……」

卯月「う、うん///」

まゆ「凛ちゃんがですねぇ、最近鬱陶しくて堪らないんですよぉ」

卯月「なっ!?う、鬱陶しいって!まゆちゃん、事務所の仲間にそんな言い方、いくらなんでも……」

まゆ「鬱陶しいものは鬱陶しいんです。わたしはそれを偽るつもりはありません。本人にも直接言いました。
でも止めてくれないので、こうして卯月ちゃんに相談しているんです」

卯月「えっ、凛ちゃんに、直接……そ、それで、その時は……なんて返されたの?」

まゆ「……」

まゆ「ッ」ギリッ

卯月「ひっ!?」ビクッ

まゆ「……あ、頭を……」

卯月「あ、頭を……?」

まゆ「………………」


まゆ「頭を………………撫でられました……!!」グッ


卯月「頭を……撫でられたぁ……??」

まゆ「……はい……! もう……何度も……何度も……!!
まゆが何かを言えばあの子はすぐ……まゆの頭を……!!!」

卯月「(良いなぁ)」ホワァ

3:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/14(金) 03:32:27.10 ID:suJ+viMR0
まゆ「……代わってあげますよぉ?」

卯月「えっ!?(心を読まれた……!?)」

まゆ「……うふっ。だからこそ、こうして卯月ちゃんに相談しているんですからぁ」

卯月「……あっ、鬱陶しいって……つまりは、凛ちゃんのスキンシップが……」

まゆ「えぇ……えぇ、解かりますよぉ、女の子特有の陰口だと思ったんですねぇ……」

卯月「あぁ……ま、まぁ……」

まゆ「まぁウザいことには変わりないんですけど」ギリッ

卯月「ひっ!」ビクッ

まゆ「……ですが、まゆも凛ちゃんのアイドルとしての姿勢や事務所創設期のメンバーとしての責任に基づいた行動に関しては……
認める……いえ、尊敬に近い感情を抱いていますからぁ……何を言われても、文句はありません」

卯月「そっか……な、なんだか、疑うようなことしちゃってごめんね……?」

まゆ「まぁだからこそ、最近の凛ちゃんのまゆに対する態度が腹立たしいんですよぉ……なんですかあれ……
わたしの方が……まゆの方がお姉さんなのに……!!」ギリギリ

卯月「あはは……でも、凛ちゃんってかっこいいし、わたしよりもしっかりしてて……時々呆れられちゃうときも
あるから……私は別に……」ポリポリ

まゆ「卯月ちゃんは良くてもわたしは嫌なんです。だからなんとかして欲しいんです」

卯月「えっと……プロデューサーさんには……」

まゆ「……………………」スゥッ

卯月「(あっ)」

まゆ「……『最近、仲良いなぁ』ですって。うふふ、本当、冗談の面白い人なんですからぁ……♪」ウフフフフフ

卯月「ひ、ひぃっ!!」ガタタッ

まゆ「うふふふふふふふふふふ」ウツラ

卯月「(未央ちゃん助けて!!)」

6:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/14(金) 03:59:26.27 ID:suJ+viMR0
まゆ「うふふふ……って何してるんですか?」

卯月「うぅっ……あ、お、終わった……?」

まゆ「なんでPさんの机の下に居るんですかねぇ?」ニヤァ

卯月「ひやぁ!?お、終わってない!!」

まゆ「良いからさっさとそこから出てください」

卯月「ひゃっ、ひゃいぃっ!」ガタガタ

まゆ「あっ、もう……Pさんの大事な書類が散らばったじゃないですかぁ」トントン

卯月「あっ、えへへ……ごめんなさい」

まゆ「全くもう……こんなにPさんに迷惑をかける人たちばかり居るんだから
Pさんは本当にまゆが居ないと……ダメですねぇ、うふっ♪」テキパキ

卯月「で、デスヨネー」

まゆ「うふふふ♪」


まゆ「それで話の続きなんですがぁ」

卯月「アッハイ」

まゆ「ちゃんと聞いてください」

卯月「あっ、はい!ガンバリマス!!」

まゆ「……わたしとしては、凛ちゃんをどうにかしてほしい。卯月ちゃんは凛ちゃんにどうにかされたい、
二人の利害関係は一致しています。解かりましたかぁ?」

卯月「はいっ!……えっ、てっ、ど、どうにか、って……?」

まゆ「卯月ちゃんは凛ちゃんに可愛がって欲しい、そうですよねぇ?」

卯月「か、可愛がってって、そんなことっ……/// で、でも凛ちゃん最近ずっとまゆちゃんに構ってばっかりで
わたしとあんまりおしゃべりとかしてないなーって思ってただけでそ、そんな可愛がってとかは別に……///」

まゆ「……うふっ。正直になって良いんですよぉ……凛ちゃんが……大好きなんですよねぇ?
欲しいんですよねぇ……凛ちゃんがぁ?ずっと一緒に居たいんですよねぇ?」

卯月「えっ、いや、確かに凛ちゃんの事はお友達として大好きだけどずっと一緒に居てほしいのはプロ……って
わーわー!今のは無し!無しで!!///もう……何言おうとしたんだろう私……///」カァッ

まゆ「」ギリッ

7:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/14(金) 04:07:26.30 ID:suJ+viMR0
まゆ「……こほん。とにかく、最近凛ちゃんがまゆに突っかかってばかりでNGやTPの皆さんとの交流を疎かにしていたのは
卯月ちゃんや皆に取ってあまり快い話では無かったと思います。なので、この機会に凛ちゃんをまゆから是非取り返してください」

卯月「うぅ……///」カァァ

まゆ「聞いてるんですかぁ?」バンッ

卯月「ひゃぃっ!? えっ、あっと、ガンバリマス!!!」

まゆ「何を?」

卯月「えっと……あっ、凛ちゃんをまゆちゃんに年上扱いさせること!!!」

まゆ「……期待して良いんですよねぇ?」

卯月「はい、ガンバリマス!!」
11:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/14(金) 06:49:19.66 ID:suJ+viMR0
ガチャッ

「こんにちはー」

卯月「あ、凛ちゃん!こんにちわ!」

「卯月。……と、まゆ」

まゆ「えぇ、凛ちゃん、こんにちわぁ」

「うん」スタスタ

卯月「?」

「……」スッ

まゆ「っ……!」


「こんにちわ、まゆ」ナデナデ


まゆ「――っ!!」ギリッ

卯月「(うわぁ、本当にナデナデされてる……良いなぁー)」ポワー

まゆ「(良いからなんとかしてくださいよ!!)」キッ

卯月「(ひっ! な、なんとかって……ええと……)」アタフタ

「ちゃんと挨拶出来たね。偉いよ」

まゆ「……うふ。それくらい……当然じゃないですかぁ……まゆは凛ちゃんよりも年上なんですからぁ……
それよりもですねぇ……凛ちゃぁん……お姉さんの頭を撫でるのは止めませんかぁ……?
失礼ですよぉ……?」

「そういえば、前に若葉ちゃんも似たようなこと言ってたかな……結局、なすがままだったけど」ナデナデ

まゆ「まゆと若葉ちゃんが同じだって言いたいんですかぁ……?」

「そうじゃないけど……まぁ、ちっちゃくて可愛くて――年上に見えないところは似てるかな」ニコッ

まゆ「」ピキッ

卯月「(あわわわわ)」

「ねぇ、卯月も撫でてみる?」

まゆ「っ」キッ

卯月「わ、私は良いかな~……あはは」フイッ

まゆ「(!! 卯月ちゃん、なんとかしてくれるんじゃなかったんですかぁ?)」ジトッ

卯月「(なんとかって……どうしたら……)」

ムニッ

まゆ「ふひゃっ!?」

「こらまゆ、そんな怖い顔して卯月を睨んじゃダメだよ?」ムニムニ

卯月「」ブフッ

渋谷凛(15)
渋谷凛(15)

12:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/14(金) 07:22:12.50 ID:suJ+viMR0
卯月「りっ、凛ちゃん……や、止めてあげて……!!じゃっ、じゃないと、わ、私のお腹が駄目になる……!!」ヒーヒー

まゆ「……いきなり何するんですかぁ、凛ちゃぁん……?いい加減まゆだって怒りますよぉ……?」

「まゆが卯月を睨んだりするからだよ? あんな顔したら、卯月が怖がっちゃうでしょ? もう、駄目だからね」ペシッ

まゆ「うっ……な、なんでまゆが怒られてるのよぉ……もぉ……!!」ギュッ

卯月「!!」

「笑っているまゆの方が、私は好きかな」ギュゥッ

まゆ「な、何しているのよ……!離して……離しなさい……!!」ググッ

「こらまゆ、暴れないの」

まゆ「うぅ……卯月ちゃぁん!黙ってないでなんとかしてくださいよぉ!!」

卯月「……なんだか……凛ちゃんとまゆちゃん、姉妹みたいだね!」

まゆ「はぁ!?それってどういう……!」

「勿論、私がお姉さんで、まゆが妹だよね」

卯月「うん♪」

「それで、卯月が一番上のお姉さん」

卯月「えっ……!? い、良いのかなぁ、私も……」

「うん。ちょっと、頼りないし、部屋が汚いけど、でも……私は卯月みたいなお姉ちゃんなら、悪くないかな」

卯月「凛ちゃん……えっと、あの――島村卯月!お姉ちゃんガンバリマス!!」

まゆ「ガンバリマスじゃないですよぉ! くっ……!う、裏切り者ぉ!!
貴女結局何もしてくれないじゃないですかぁ!!」

「こら、卯月お姉ちゃんにそんなこと言わないの」

卯月「えへへ、よろしくね、まゆちゃん♪」ナデナデ

まゆ「やだもぅPさぁん助けてぇ……!!」
13:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/14(金) 07:29:41.11 ID:suJ+viMR0
モバP「……一時はどうなることかと思ったけど、凛とまゆが打ち解けられたようで嬉しいよ」

未央「ままゆ、小さいのに妙な迫力があって対面すると萎縮しちゃうからね……」

モバP「本当は凛や卯月よりもずっとちっちゃい女の子だからな……それさえ解かってれば
怖がる必要なんてないんだ……妙な発言も、ちょっとませた小学生みたいなもんだと思えば可愛いものだし」

未央「(いや、ままゆ一応もう結婚できるし子ども産める歳だから……よそう、私の勝手な発言で彼を混乱させたくない)」

未央「何はともあれ一件落着ですな」

モバP「しかしまぁ、なんか未央が輪に入れない空気になってしまって申し訳ないやらなんやら……」

未央「え?ポストならまだ残ってるんだから、そこにPさんと一緒に入るよ」

モバP「えっ、それってどういう……」

未央「……ずっとそばに、居てくれるかい?」キラッ

モバP「……はい///」


Happy☆End

本田未央(15)
本田未央(15)

元スレ
まゆ「凛ちゃんが鬱陶しいんですよぉ」卯月「へ、へぇ……!」ピキピキ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394734154/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑