*

モバP「今日も暑いなー」遊佐こずえ「ぞゔー…だね゛ー……」

公開日: : 最終更新日:2014/08/15 ほのぼの , , ,




1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/04(月) 13:10:20.13 ID:A+xPsDkiO
P「……こずえ」

こずえ「な゛あ゛ー……に゛い゛ー?」

P「危ないから扇風機から離れな。こっちおいで」

こずえ「う゛ん゛ー……わかったー」トテトテ

P「……で、何で俺の膝に座る?」

こずえ「ふわぁ…だめー?」

P「いや、ダメじゃないけど…暑くない?」

こずえ「だいじょうぶー…だよー」

P「そう?なら良いや」ナデナデ

遊佐こずえ(11)
遊佐こずえ(11)

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/04(月) 13:15:33.70 ID:A+xPsDkiO
ガチャ

桃華「ただいまですわ」

若葉「戻りました~……」

P「おっ。お帰りー」

こずえ「ふわぁ…ももかと…わかばー」

若葉「ちょっとPさん!聞いてくださいよ~!」

桃華「もう、まだ言ってますの?」

若葉「だってひどいじゃないですか~」プクー

P「………で、何を買ってきたんだ?」

桃華「ええ。桃がお買い得でしたので。傷物ですが、内々で食べる分には問題ありませんわよね?」

P「うん。上等上等。買い物上手になってきたな、桃華」

桃華「うふふ」

こずえ「ふわぁ…ももー?」

桃華「ええ。一緒に食べましょうね」

櫻井桃華(12)
櫻井桃華(12)

日下部若葉(20)
日下部若葉(20)

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/04(月) 13:23:51.73 ID:A+xPsDkiO
若葉「ちょっと~!無視しないでください~!」

P「えー?だってどうせいつものだろ?」

桃華「ええ。いつものですわ…」

こずえ「いつものー?…なにー?」

P「若葉が子供扱いされてむくれてるんだよ」

こずえ「わかばー…こどもなのー?」

若葉「違うの~!私は大人のお姉さんなんですぅ!なのに、なのに~!」

桃華「お詫びにオマケして頂いたのですから、良かったではありませんの」

若葉「そうですけど~。でもやっぱり、桃華ちゃんより下に見られたのは傷付きます~」

P「ぶふぉっ!」

若葉「あっ!笑わないでくださいよ~!も~!」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/05(火) 20:27:43.37 ID:7EQ1g5RsO
桃華「わたくしは桃とお茶の準備をしてまいりますわね」

P「ああ。悪いな」

こずえ「ももー…たべるー」

桃華「ええ。もう少々お待ち下さいましね」ナデナデ

P「…で、何があったんだ?」

若葉「さっき、桃華ちゃんと八百屋さんに行ったんですけれど~」

こずえ「やおやー?…なにそれー?」

P「野菜や果物売ってる店だよ」

若葉「そこのご店主さんに、『お嬢ちゃん、お姉ちゃんとお使いかな?偉いねー』って言われたんです~!私の方を見ながら~!」

P「それはそれは…」

若葉「私の方がお姉さんなのに~!3cmも高いのに~!」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/05(火) 20:35:08.34 ID:7EQ1g5RsO
P「で、誤解を解いたらオマケしてくれた、と」

若葉「免許を見せて納得してもらいました~」

P「ああ、いつもの流れだな」

若葉「いつもの、って言わないでくださいよ~!も~!」

こずえ「ふわぁ…わかば…おつかいー…えらいのー?」

P「そうだな。ちゃんとお使いが出来て偉いなー」ウンウン

若葉「お姉さんは大人なのでお使いくらい普通に出来ます~!」

こずえ「こずえもー…」

P「ん?」

こずえ「こずえもー…おつかい…するー」

P「っ!」

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/05(火) 20:41:33.76 ID:7EQ1g5RsO
P「こずえが…おつかい?」

こずえ「するー」

P「そうか。そうかそうか!じゃあまずは『はじめてのおつかい』のスタッフににコンタクトをとって…」

「Pちゃま、いくらなんでもその扱いはどうですの?」

P「ん?」

桃華「さ。桃とお茶の準備が出来ましたわ」

こずえ「ももー…いいにおいー」

若葉「よく熟してましたから~、きっと甘くて美味しいですよ」

P「ほらこずえ、前掛けつけるぞ」

こずえ「んー…」

P「はい、若葉も」

若葉「ありがとうございます~。……って、私は大人なので、こんなのはいらないの~!」

桃華「果汁が沢山出ますから危ないですわよ?」

若葉「桃華ちゃんまで!?」

25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/05(火) 20:53:00.45 ID:7EQ1g5RsO
P「うん。よく熟してて美味いな」

こずえ「えへー…もも、おいしー…ねー」

若葉「はい~。この紅茶も桃の香りで美味しいです~」

桃華「うふふ。いつものローズティーも良いですか、折角の桃ですもの。合わせてみましたの」

P「うん。淹れるのも上手くなってるし。昔に比べて随分しっかりしてきたよな」

桃華「うふふ。紅茶は最近雪乃さんに教わっておりますの。桃華はPちゃまの為、日々成長してますのよ」

P「はいはい。嬉しいよ」ポンポン

桃華「もう。またそうやって子供扱いを…」

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/05(火) 21:02:36.07 ID:7EQ1g5RsO
P「こずえ、口拭くよ」

こずえ「んー…」

桃華「ねえPちゃま…」

P「どうした?」

桃華「さっきから気になっていたのですが、なぜこずえちゃんを膝にのせておりますの?」

若葉「じゃすとふぃっとしてますよね~」

P「さっきこずえ呼んだら座ってきた」

桃華「はい?」

P「扇風機の前から離れなかったから呼んだんだよ。そうしたら座った」

こずえ「せんぷーきー…あーってしたら、あーってなって…たのしーよ」

若葉「夏になると一度はやっちゃいますよね~」

桃華「若葉さん…」

29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:48:48.00 ID:qZ1b7UWLO
P「こずえくらいなら軽いから気にならないしな」ナデナデ

こずえ「えへー…ぷろでゅーさーのひざ…あったかくって、きもちいーのー」

桃華「そうですの?」

こずえ「ももかと、わかばも…すわるー?」

桃華「えっ?」ピクッ

若葉「それは~…」ピクッ

P「ん?座る?」

若葉「わ、私は大人のお姉さんですから~…流石に~…でも、Pさんがどうしてもと言うんでしたら~」

桃華「わたくしは…でも…ぴ、Pちゃま」

P「ん?」

桃華「桃華は本日お買い物にお茶の準備にと、Pちゃまの為にとても頑張りましたの!ですので、少しくらいわがままを言っても良いですわよね?ね?」

P「はいはい。おいで」

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:49:33.03 ID:qZ1b7UWLO
P「桃華も軽いなー。ちゃんと食べてるかー?」

桃華「きちんと三食摂っておりますわよ?それよりもPちゃま手を、その…」

P「ああ。はいはい」ナデナデ

桃華「うふふふ。これは確かに癖になりそうですわね…。雪美ちゃんやこずえちゃんが座りたがる訳ですわね」

P「うーん。前から疑問なんだけど何がいいんだ?硬いし座りにくいだろう」ナデナデ

桃華「Pちゃまのお膝と言うだけで充分特別なのでしてよ?」

P「そんなもんかね」ナデナデ

桃華「ええ。わたくしもこれからたまにお願いしたいくらいですわ」

P「いや、いいけど。これ以上人数増えたらマジで順番待ちが出そうだな…」

桃華「うふふ。Pちゃま大人気ですわね」

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:50:05.03 ID:qZ1b7UWLO
桃華「はぁ…。堪能しましたわ」

P「若葉はどうするんだ?」

若葉「へっ?え~と、私は大人なのでそういうのは~」

桃華「その割にはずいぶん羨ましそうにしてましたわよ?」

若葉「そ、それは~」

P「ほら、ついでだしおいで」ポンポン

若葉「つ、ついでなら、仕方ないですよね~」ウキウキ

P「…分かりやすい」

こずえ「わかば…うれしそー」

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:50:43.13 ID:qZ1b7UWLO
若葉「確かに良い座り心地ですね~」

P「自分じゃわかんないけどなー」ナデナデ

若葉「うふふ。どうですか?Pさん?」

P「なにが?」ナデナデ

若葉「こんなに近くに成人の女性がいるんですよ~?お姉さんの大人の魅力にめろめろになりましたか~?」

P「ゴメンな若葉。俺、ロリコンじゃないからさ」ナデナデ

若葉「どういう意味ですか~?」プクー

P「若葉は可愛いなぁって意味」ナデナデ

若葉「わ、私は可愛いよりも綺麗の方が~。でも、Pさんになら~…」


こずえ「あ゛ーーー…」

桃華「こずえちゃん、それ好きですわよね」

こずえ「だの゛じー…よ゛ー?……も゛も゛がも゛…ずる゛ー?」

桃華「ちょっとしてみたいですわ…」

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:51:33.02 ID:qZ1b7UWLO
桃華「あ゛ーーー」

こずえ「あ゛ーーー…」

P「……何やってんだお前ら」ニヤニヤ

桃華「はっ!いえ、Pちゃま。これはですね?」

こずえ「ふわぁ…ももか、おかお…まっかー」

桃華「///」

若葉「ふふっ。何だかんが言っても桃華ちゃんもまだまだ子供ですね~」

桃華「……こほん。あれですわ。全て暑いのが悪いのですわ」

P「また無理やりだな」

こずえ「なつー…あつい、のー」

桃華「Pちゃま、何か妙案はありませんの?」

P「んー?そう言われてもなー…」

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:52:07.92 ID:qZ1b7UWLO
こずえ「ぷろでゅーさー…」

P「ん?」

こずえ「ぷーるー…」

P「プール?ああ。あるにはあるけど…」

桃華「あら?いつの間にそんなもの設置しましたの?」

P「ちょっとな…。うーん。プール入る?」

こずえ「はいるー…ふたりも、はいろー」

桃華「そうですわね。水浴びでもすれば少しは涼しくもなりますわね」

若葉「プールですか~?楽しそうですね~」

P「んじゃ、やるかー。しばらくしたら屋上に来な」

桃華「かしこまりましたわ」

若葉「それじゃあ、水着に着替えて来ようかしら~」

こずえ「おきがえー…するー」

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:52:43.61 ID:qZ1b7UWLO
P「2度ある事は三度あるー…っと。こんなもんか?うん。手慣れてきた自分がちょっと悲しい…」

ガチャ

P「おっ。来たか」

こずえ「ふわぁ…ぷーるー」ツルン

桃華「あら。本当にプールがありますのね」ペタン

若葉「うふふ。Pさん、どうですか~?」ストン

P「おっ。三人ともよく似合ってるな」

若葉「お姉さんのせくし~しょっとに見惚れちゃっても良いんですよ~?」

P「はいはい。あ、こずえ。入る前に一応柔軟しとくぞ」

こずえ「じゅうなんー…」

若葉「うう~」クスン

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:53:16.76 ID:qZ1b7UWLO
桃華「ああ、これは良いですわね」チャプチャプ

若葉「まさか屋上でプールに入れるとは思いませんでした~」チャプチャプ

こずえ「つめたくて…きもちいー、ねー」チャプチャプ

P「うーん。三人入っても余裕があるこの感じ…」

桃華「何かおっしゃいましたか?」

P「何でもない。ほーら、シャワーだぞー」シャワー

若葉「ひゃっ!」

桃華「あんっ!ちょっとPちゃま、いきなりは…」

こずえ「ふわぁ…しゃわー、だー…えへー」

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:53:48.81 ID:qZ1b7UWLO
P「ほーら、ほーら」シャワー

若葉「も~!お返しですよ~!」バシャッ

P「うわっぷ!」

こずえ「おみずのかけあい…たのしそー」パチャー

P「ちょっ!こずえ!?」

桃華「なら、わたくしも乗るべきですわね」バシャッ

P「ああもう!平和だと思ったらこれだよ!そりゃあ!」シャワー

こずえ「えへー」パチャ

若葉「楽しいです~」パシャパシャ

桃華「自業自得ですわね。どうせすぐに乾きましょう」

P「そうだけど…」シャワー

こずえ「ほわー…」

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:54:21.03 ID:qZ1b7UWLO
こずえ「ねーねー」

P「ん?」

こずえ「ぷろでゅーさーも…はいろー」

P「いや、流石にそれは無理かな」

桃華「わたくしは構いませんわよ?」

若葉「私も良いですよ~。お姉さんがのーさつしちゃいます~」

P「はいはい。俺は水着ないし、スーツで入る訳にはいかないだろ?俺はいいからお前らで楽しみな」

こずえ「ざんねんー…」

桃華「仕方ありませんわね」

若葉「じゃあ、私達で楽しみましょ~」

39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:54:57.91 ID:qZ1b7UWLO

P「ほらほら」シャワー

こずえ「わーい…えへー」チャプチャプ

桃華「うふふ」チャプチャプ

若葉「きもちーです~」チャプチャプ

40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:55:32.68 ID:qZ1b7UWLO
こずえ「ふわぁ…んむー」コシコシ

桃華「あら、こずえちゃん、おねむですの?」

こずえ「んー…だいじょうぶー…ふわぁ」

若葉「いっぱい遊びましたからね~。…ふわぁ…あっ」

P「うん。こずえと若葉も眠そうだし、そろそろ上がろうか」

桃華「そうですわね」

若葉「わ、私は大丈夫です~!大人なので、お昼寝はしないんです~!…ふわ」

P「うん。終わりにしような」

桃華「さ、こずえちゃん。戻りますわよ」

こずえ「んー…わかったー」

桃華「若葉さんも」

若葉「わ、分かってます~!」

P「じゃ、俺は片付けるかな…」

41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:56:07.31 ID:qZ1b7UWLO
ガチャ

P「ただいまー」

桃華「あっ」シー

P「ん?」

こずえ「くぅくぅ」スヤー

若葉「すぅすぅ」スピー

P「ああ…」

桃華「うふふ。着替えて力尽きたのか、ソファに座った途端お二人共ぐっすりですわ」

P「桃華は良いのか?疲れただろ」

桃華「少し眠いですが、大丈夫ですわ」

P「そっか。ありがとな」ナデナデ

桃華「うふふ」

42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:56:52.05 ID:qZ1b7UWLO
こずえ「ふわぁ…んー?」

P「?」

こずえ「あー…ぷろでゅーさー…だー」

P「ありゃ。起こしちゃった?」

こずえ「んー…おきたー…ふわぁ」

若葉「ふわ~」

P「こっちもかな?」

若葉「ふにゃ~。あ~。Pさんだ~」ニヘー

P「全開で寝ぼけてるな」

若葉「えへへへへ~」ギュー

P「うわっ」

桃華「ちょっと、若葉さん!?離れなさいまし!」

若葉「や~なの~」ギュー

こずえ「こずえもー…ぎゅー」ギュー

43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:57:45.91 ID:qZ1b7UWLO
若葉「えへへ~」ギュー

こずえ「えへー」ギュー

桃華「………」ギュー

P「…桃華さん?」

桃華「お二人ばかりずるいんですの!」ギュー

P「ああもう。ほら、若葉。とりあえず起きろ」ペシペシ

若葉「ふにゃ?………あ、Pさん~?…ひゃっ!」パッ

P「はい。おはよう」

若葉「おはようございます~。うう~///」

こずえ「ふわぁ…ぎゅー、おわりー?」

桃華「し、仕方ありませんわね」

44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:58:21.42 ID:qZ1b7UWLO
若葉「うう。お姉さんたら大人なのにはしたない真似を…」

こずえ「ふわぁ…わかば、おかおまっかー」

桃華「まったく。寝ぼけるにも程がありますわ」

P「寝ぼけてないのに抱きついてきたのもいるけどな」

桃華「Pちゃま!?」

こずえ「ももかも、まっかー…えへー」

P「そうだなー。恥ずかしいならやらなきゃいいのになー」

桃華「そ、それは…」

若葉「はう~」

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:58:53.42 ID:qZ1b7UWLO
P「あ、そうだ。こずえ、スイカ食べるか?」

こずえ「すいかー…たべるー」

P「うむ。実は今朝から冷やしてたんだよ。一緒に食べような」

こずえ「すいか…えへー」

P「ほら、二人も食べるだろ?」

若葉「いただきます~」

桃華「いただきますわ」

P「じゃあ、こずえ一緒に準備しような」

こずえ「おてつだい…できるー」



おわる

46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] :2014/08/13(水) 00:59:34.66 ID:qZ1b7UWLO

ちひろ「すいかー!ももー!………くすん」カタカタ

END


元スレ
モバP「今日も暑いなー」遊佐こずえ「ぞゔー…だね゛ー……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407125420/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑