*

舞「買い物に行くわよ」小鳥「はーい」

公開日: : ほのぼの ,


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:20:08.62 ID:C+TIfj/Xo

小鳥「……」

小鳥「けーたいとりだし……」ポパピプペ

小鳥「舞さん、まだですか?」

『ごめん、今から家出るわ』

小鳥「早くしてくださいね。ナンパされちゃいますよ?」

『ゆっくり行ってあげよっか?』

小鳥「早くしてください」ピッ

小鳥「……」手帳ピラピラ

小鳥「今年は……」


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:21:09.04 ID:C+TIfj/Xo

―――
――


「お待たせー」ブンブン

小鳥「私も今来たところですよ」

「電話かけてきたくせに何を」

小鳥「だったら早く、時間通りに来てください。誘ったのは舞さんでしょう?」

「OK出したのは小鳥だもん」

小鳥「へぇ」

「ごめん」

小鳥「けど遅れた理由は想像つく私なのでした」

「はずれろ」

小鳥「十中八九、大当たりだと思いますよ」エヘン

「むー」

3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:21:40.94 ID:C+TIfj/Xo


小鳥「さて、何を買いに行くんですか?」

「まず食べよ。その辺ぶらっと入って」

小鳥「お寿司以外でお願いします」

「嫌いになったか?」

小鳥「私の中の舞さんと寿司の関連性を断ち切りたいんですよ」

「あんまり洒落た店には入らないわよ」

小鳥「庶民派ですか?」

「お蕎麦美味しいじゃない」

小鳥「お蕎麦のトップアイドル」

「まぁ、そばにいるわね」

小鳥「舞さんって物理的に距離近いですよね」

「嫌だっけ?」

4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:22:16.88 ID:C+TIfj/Xo

―――
――


「来た」パチンッ

小鳥「蕎麦ですねー」パチンッ

「いただきます」ペコッ

小鳥「っと、いただきます」ペコッ

「一人暮らしでもいただきます、ごちそうさまぐらいはちゃんと言いなさい。ただいまもいってきますも」

小鳥「お恥ずかしいところを」

「七味いる?」

小鳥「」サッ

「なぜ遠ざけたか言ってみなさい」

小鳥「ブワーッとかけられると思いました。バサバサーって」

「食べ物が勿体無いでしょう。そんなことしないわよ」

小鳥「ごはん山盛り太郎とか作ってるくせに」

「あれはあれで大変なのよ?」パッパッ



小鳥「そうだ。太郎でいいんじゃないんですか?」

「嫌よ」

5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:22:47.02 ID:C+TIfj/Xo

小鳥「最初は力入れるのに、日々続くと適当になるものってあるじゃないですか。今日もあれでいいやみたいな」

「今日から朝食のチェックでもしてあげよっか?」

小鳥「ちゃんと食べてますよ」

「ならいいわ」

小鳥「舞さん、そろそろ本番」

「アイドル舞ちゃんに華麗にチェンジね」

小鳥「主婦舞ちゃんでいいんですよ」

「せっかくだから、もうちょっと舞ちゃんと遊んでもいいのよ?」

小鳥「はい、はい。時間は限られているんですから、本題本題」

6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:23:21.10 ID:C+TIfj/Xo
―――
――


小鳥「本とは知的な」

「素敵でしょう」

小鳥「けど似合いませんよね」

「まだ、ね」

小鳥「楽譜は?」

「家に仕事を持ち込みたくないわ」

小鳥「ギター」

「かっこよくできると思ったんだけど……」

小鳥「結果は見えてますね」

「というか、そんな大それたものを買いに来たわけじゃないわ」

7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:23:52.31 ID:C+TIfj/Xo

「一番最初に思ったのはね」

小鳥「はい」

「段々揃っていく系」

小鳥「ああ、分かります。私もやってみたいです」

小鳥「……やってみたいです」

「よしよし」ナデナデ

小鳥「」グスン

「ちょっと待って」ピタッ

小鳥「待ったなし」

「……前がたしか……その前は……」

小鳥「」ピヨピヨ

8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:24:28.91 ID:C+TIfj/Xo


「やってるじゃん」

小鳥「待ったなしですってば」

「綺麗に機器が揃ってくと思ったらそういう魂胆だったのね」

小鳥「ほら、舞さん! あれなんかどーです?」

「ズル」

小鳥「ズルくありません」

「私だってやりたかったのに」

小鳥「パズルのピースを一つずつ渡すとか?」

「よほど少なくなきゃ私が先にくたばるっつーの」

9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:25:11.29 ID:C+TIfj/Xo

小鳥「あっ、私ちょっと見てきたいものがあるので離れますね」

「えー。なんのために連れてきたと思ってるのよ」

小鳥「寂しがりだからですか?」

「断じて違うわよ」

小鳥「私はもう言える意見は出しちゃいましたよ」

「何か隠してない?」

小鳥「隠してないピヨ」

「それやめて」

小鳥「今も少女気分の舞さんよりは痛々しくない、と思います」

「誰が少女気分よ、誰が」

小鳥「少なくとも、毎年、この時期は」テクテク

「……むー」
10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:25:39.03 ID:C+TIfj/Xo

「……本、詩集とかあまり詳しい方じゃないのよね……」

「もっとちゃんと下調べしておけばよかったわ」

「部屋見回しても一冊もないし」

「ちゃんと話せてるのかしら?」

「……まぁ、大丈夫よね」

「……お菓子作り、だったわよね。これは道具も何も家に一通り揃ってるし」

「カップか何か……それとも道具を新しく……」

「服、かしら? でも……」
11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:26:43.97 ID:C+TIfj/Xo

―――
――


「ありがとうございます」

小鳥(日高舞だって、女の子……とは言ってらんない年ではあるけど)

小鳥(それでいて、人の子、人の親)

小鳥(やっぱり少女気分になる)

小鳥(大切な人のことで頭がいっぱいなんだから)

小鳥(子の部屋から足りないものを探してみちゃう程度には)
12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:27:12.70 ID:C+TIfj/Xo
―――
――


「ありがとうございます」


「よし、よし!」テクテク

小鳥「あっ、もう選んじゃったんですか?」

「ええ、色々考えたけど、バッグにしたわ」

小鳥「実用性も一緒にとりましたか」

「これからも忙しいでしょうからね」

小鳥「ですね」

「小鳥も選んだの? それ」

小鳥「私はこのあとで買います。これは別です」

「あらぁ? 誰かへの贈り物?」
13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:27:39.63 ID:C+TIfj/Xo
小鳥「はい、これ」スッ

「……何?」

小鳥「だから、舞さんに」

「中身は?」

小鳥「チョコ」

「なんで?」

小鳥「食べてください」

「どうして?」

小鳥「甘いものは元気になれますよ」

「元気ならあるわよ」

小鳥「慰労です」
14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:28:36.49 ID:C+TIfj/Xo

小鳥「愛ちゃんの誕生日は、舞さんが頑張って愛ちゃんを産んだ日でもあるでしょう?」

「まーね」ガサゴソ

小鳥「おめでとーございます」

「まだちょっと早いわよ」パクッ

小鳥「失礼しました」

「……甘い」

小鳥「甘いのダメでしたっけ?」

「ううん」

「嬉しい」
15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/24(火) 23:29:48.23 ID:C+TIfj/Xo

―――
――


「あの子、当日仕事いれてるのよね」

小鳥「舞さんは?」

「オフ」

小鳥「一緒に騒いで祝うかと思ってました」

「誕生日ぐらい、家で準備して待ってあげるわよ」

小鳥「ですね」

「来る? 喜ぶわよ?」

小鳥「一家団欒でどうぞ」


おわり


元スレ
舞「買い物に行くわよ」小鳥「はーい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403619608/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑