*

モバP「奏と俺の腕がくっついてとれない」

公開日: : いちゃいちゃ ,


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:45:22.62 ID:Tsg+y/wQo
モバP「おはようございまーす」ガチャ

  「おはようございます」

ちひろ「おはようございますモバPさん、奏ちゃん」

ちひろ「二人とも朝から仲がいいですね?」

モバP「な、何がですか?」

ちひろ「とぼけても無駄ですよ。奏ちゃんと腕組んでるじゃないですか」

速水奏(17)
速水奏(17)

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:46:08.15 ID:Tsg+y/wQo
モバP「こ、これはですねあの~、二人三脚の練習です」

ちひろ「二人三脚~?いやどうみても足くっついてないですけど」

モバP「足を使わない二人三脚なんです!」

ちひろ「そんなの聞いたことないですよ!

しかもなんか奏ちゃんちょっと体を預けちゃってるじゃないですか」

  「朝からPさんの困った顔を見ると調子がよくなるの」

ちひろ「気持ちはわかりますけど週刊誌とかに気を付けてね?」

  「ええ、もちろん」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:47:20.48 ID:Tsg+y/wQo
ちひろ「奏ちゃん今日は特に何もないから暇になると思うけど大丈夫?」

  「Pさんの仕事見ながら時間つぶすから大丈夫よ」

モバP「ちひろさん、社長は?」

ちひろ「社長ですか?今日は事務所の方には寄らないらしいですよ?」

モバP「そうですかそうですか(よかった社長いなくて)」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:48:00.46 ID:Tsg+y/wQo
モバP「それじゃ仕事始めますか。奏は俺の隣に座るか?ほら椅子」

  「うん、ありがと」

モバP「・・・」カタカタカタ

  (ふふ、マジメな顔も素敵よPさん)

ちひろ「・・・うーん」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:48:42.76 ID:Tsg+y/wQo
ちひろ「あの~~~」

モバP「なんですか?」カタカタカタ

ちひろ「二人とももう腕離したほうがいいんじゃないですか?」

モバP「えっ!?」

ちひろ「えっ!じゃないですよ。片腕じゃ仕事の効率も悪いですし・・・」

ちひろ(女の子と腕組んでるモバPさんみてるとなんかイライラっとします)

モバP(ちひろさんの言うことももっともなんだけど・・・)

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:49:17.63 ID:Tsg+y/wQo

ちひろ「我慢できません」ガタッ

モバP「わっ、どうしました?」

ちひろ「奏ちゃん、モバPさん失礼します!」グッ

モバP「あっちょ・・・!?」

`モバP奏 (おわた)

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:49:56.39 ID:Tsg+y/wQo
ちひろ「職場では不健全な行為又はイチャイチャは禁止!」グググ

ちひろ「んんんん!!!抵抗するだけムダムダ」ググ

モバP「あの~・・・まったく力入れてないんですが」

  「もう、ちひろさんったら乱暴なんだから」

ちひろ「はぁっ・・・はぁっ・・・」

ちひろ「なんですかこれ」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:51:27.18 ID:Tsg+y/wQo
ちひろ「お二人の腕、全然動かないんですけど?」

ちひろ「超強力磁石みたいに張り付いて外れない!お二人とも腕大丈夫です?」

モバP「俺達は大丈夫みたいですよ」

  「モバPさんの腕、優しくて眠りに誘われちゃいそう」

ちひろ「ご説明、当然してもらえますよね」

モバP「う・・・仕方ない」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:52:20.98 ID:Tsg+y/wQo
モバP「どこからお話ししましょうかね?」

ちひろ「じゃあ、まずいつからそんなふうになったかどうかから」

モバP「いきなりですね・・・」

ちひろ「なんかマズいこととかあるんですか?」

モバP「あ、いえ・・・」

  「ほらPさん、ちひろさんにあんなことやこんなこと聞かせてあげて?」

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:53:40.04 ID:Tsg+y/wQo

ちひろ「何ですかあんなことやこんなことって!?」

モバP「ちがいますちがいます!こら奏、しー」

モバP「えっとそうだいつからこうなったかですけども」

モバP「・・・さっきです」

ちひろ(さっき・・・?いや、違う女のカンが嘘だと言っている)

ちひろ「Pさん、私の目を見てください」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:55:00.87 ID:Tsg+y/wQo
モバP「は、はぁ」

  (ちひろさんいい勘してるわね、ふふっ)

ちひろ「じー」

モバP「・・・」キョロ

ちひろ「今、私から視線ずらしましたね。嘘、ついてますね?」

モバP「・・・はい」

ちひろ「正直に、いつからですか?」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:55:36.41 ID:Tsg+y/wQo
モバP「今朝です」

ちひろ「今朝ァ!?」

ちひろ「今朝って、えっ?えっ?」

ちひろ「あの、モバPさん昨夜はどちらに?」

モバP「寮の奏の部屋です」

  「ね」

モバP「ね」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:56:28.14 ID:Tsg+y/wQo
ちひろ「なにやってんですかもー。奏ちゃんPさんに変なことされなかった?」

  「大丈夫、モバPさんにそんな度胸ないんだから」

  「むしろ私の方がPさんで楽しませてもらったもの」

ちひろ「後でその話詳しく」

モバP「ゴホン、えっとまあ本当は床で寝るつもりだったんですが」

モバP「奏の好意でベッド貸してもらって」

  「お互いの信頼関係があってできることよね」

ちひろ「彼氏と彼女か!まったくもぅ」

モバP「ちがいますよ~。奏とつき合ってたらオレ条例違反ですよ?」

ちひろ「ちがう~?まぁ違うならいいですけど。いや良くないと思うけど」

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:56:58.92 ID:Tsg+y/wQo
モバP「いろいろあって腕組んで寝ることになって」

ちひろ「それやっぱ彼氏と彼女ですよ!」

モバP「だから違いますって。朝は5時頃かな。だいぶ早く朝起きました」

モバP「仕事もあるしみんなにバレたらまずいし

奏を起こさないようにそっと離そうとしたんです」

モバP「そしたら全然腕が外れなくて。何度やっても全然離れないんですよ」

モバP「緊急事態だから奏を起こして離してもらおうと思ったんですがね」

ちひろ「取れなかった、と」

  「私はずっとそのままでもよかったけど。ふふ!」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:57:49.33 ID:Tsg+y/wQo

ちひろ「寮ってことでしたけど他の子達にはバレなかったんですか?」

モバP「それなんです。年少組は誤魔化せてもギャル組とアダルト組はさすがに逃げれないです」

モバP「だからみんなが起きてくる前にさっさと寮を出てきたんです」

  「私は見せつけてもよかったんだけどPさんがどうしてもっていうから」

  「男のワガママ聞くのもいい女よね。ふふ」

ちひろ「・・・あれちょっとまってください?」



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 13:58:58.15 ID:Tsg+y/wQo
モバP「何ですか?」

ちひろ「その、着替えはどうしたんですか?」

モバP「」

ちひろ「Pさんはともかく、奏ちゃんは女の子だし着替えるじゃないですか」

ちひろ「しかも腕組んでたら上着とブラは無理ですし。

一体どうされたんですか?」

モバP「・・・答えないとめっ!ですか?」

ちひろ「めっ!です。当たり前じゃないですか」




19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:02:04.46 ID:Tsg+y/wQo
モバP「上の服は私服っていっても誤魔化せそうだったんでそのままなんです」

ちひろ「たしかに。で、下は?」

モバP「・・・」

モバP「ナイショですよ?」

ちひろ「内容によりますが・・・いいでしょう」

モバP「・・・んです」ぼそっ

ちひろ「なんですって?」

モバP「脱がしたんです!!!」

ちひろ「・・・」

モバP「黙ってないでなんか言ってくださいよ・・・」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:03:50.37 ID:Tsg+y/wQo
ちひろ「すいません、なんていうか違えばいいのにって思っててやっぱりかって」

  「昨夜も今朝も、私のいろんなところ見られちゃったわね」

ちひろ「Pさん昨日何したァ!?」

モバP「ぐえええ何もしてない何もしてない!奏も紛らわしいこというな!」

  「はぁい」

モバP「ったくもう。たしかに脱がしましたけどちゃんと目つむってましたからね?」

ちひろ「当たり前ですよ」

  「見たい誘惑にはかられてた気がするけど見られちゃったかなぁ」

  「でもモバPさんになら見られても・・・」

ちひろ「モバPさんあなたという人は・・・」

モバP「だから見てないですって!たしかに誘惑されましたけど・・・」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:05:14.35 ID:Tsg+y/wQo
ちひろ「じゃあ見てないんですね?」

モバP「見てませんって」

ちひろ「神に誓って?」

モバP「・・・みてませんよ」

ちひろ「何でちょっと考えたんですか」




23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:05:48.55 ID:Tsg+y/wQo
モバP「そんなことより、これどうしましょう?」

ちひろ「これじゃ営業にもいけませんねぇ。今日は外回りは特にありませんが」

ちひろ「明日以降もそれだと困りますね・・・」

モバP「なんかいい方法ないですかねぇ・・・」

ちひろ「あ、いいこと思いつきました!」

モバP「なんですかなんですか?早く教えてくださいよ!」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:07:41.15 ID:Tsg+y/wQo
ちひろ「こんなこともあろうかと」ガサゴソ

ちひろ「じゃーん!ぬるぬるローション!」

モバP「ローションとはハイカラですね」

ちひろ「滑りを良くしたら外れるはずです!」

モバP「さすがちひろさん。やっぱりちひろさんは最高だ!」

ちひろ「そんなに褒めてもスタドリしか出ませんよ~?

それでは二人ともそこのマットに移動してくださーい」

25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:08:41.18 ID:Tsg+y/wQo
ちひろ「それではさっそくローションを使っていきたいと思います」

ちひろ「今回は原液を薄めて使いますが薄めないで使えるのありますよ」

  (事務所にはこんなのもあるのね。いいものみつけちゃった)

ちひろ「まぁアイドルとプロデューサの二人にはあまり関係のない話でしたね」

モバP「あ、でもせっかくですし薄めないで使いませんか?」

ちひろ「使用がごく限定的ですので原液でつかうとのはもったいないですし」

ちひろ「もし原液で使いたかったらお二人で買ってくださいね」

ちひろ「あ、でもお二人にはあまり関係のない話ですね」

  「はぁ・・・」

ちひろ「奏ちゃんなにか不満ですか~?」

  「ううんなんでも」

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:09:48.75 ID:Tsg+y/wQo
ちひろ「それではかけますね!トロトロトロ~」

ちひろ「どうですか~?冷たくないですか?」

  「大丈夫とってもきもちいいわ」

モバP「あ、ちひろさん」

ちひろ「はいなんでしょう?」

モバP「腕に全くかかってなくて奏のシャツにいっぱいかかっちゃってます」

ちひろ「あ、ついうっかりでした。無くなっちゃったんで

奏ちゃんにかかっちゃったのを腕に塗ってくださいね。私は録画の準備しますから」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:11:00.00 ID:Tsg+y/wQo
モバP「じゃあ奏が塗ってくれるか?悪いが俺にはちょっとな・・・」

  「キスしてくれたら私が塗ってもいいけど・・・どうする?」

モバP「そ、そんなこと言わず塗ってくれって。な!」

  「そう言われるとやりたくなくなっちゃうのよね~」

ちひろ「早くしないと冷めちゃいますよー」

モバP「し、仕方ない。俺が塗るか」


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:12:05.46 ID:Tsg+y/wQo
モバP「奏すまん」ヌチュヌチュ

  「あん。Pさん手つきがやらし~。もしかしてわざとやってるんじゃない?くすっ」

モバP「バッ、ちがっ!事故だ事故!」

モバP(奏のシャツがローションのせいで透けてる・・・うっ)

ちひろ「見てますよ~。ていうか撮ってますよ~」

  「ちひろさんそれ今度ダビングして頂戴ね?」

ちひろ「任せてください。失敗したら課金アイテムにでもしますからね」


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:13:06.41 ID:Tsg+y/wQo
モバP「もういいですかね」

ちひろ「そうですね、腕と関係のないとこまでぬるぬるですし外れるんじゃないですか?」

  「私はこのままでもいいけど。Pさんがどうしてもというならね」

モバP「おっ?」ヌルン

ちひろ「おっ?」

モバP「おおおお外れたあああ!」

ちひろ「よかったですね、モバPさん!」

モバP「ええ!一時はどうなるかと思いましたよ」

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:14:28.78 ID:Tsg+y/wQo
ちひろ「今回は解決しましたけど次は気を付けてくださいね?」

モバP「わかってますって!」

ちひろ「それじゃあローション落としましょう。奏ちゃんなんてローションまみれですから」

  「ふふっ、こんなに汚されちゃった。Pさん、きれいにして?」

モバP「勘違いする言い方、なんとかならんのか・・・」

モバP「早く落とさないと俺の心のブレーキがぬるぬるしそうだ」

モバP「・・・」


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:15:00.98 ID:Tsg+y/wQo

モバP「あの~ちひろさん?」

ちひろ「なんですか~?」

モバP「どこでこれ落としたらいいですか?」

ちひろ「あっ・・」

モバP「あってなんですか、あって」

ちひろ「洗う方考えてませんでした、えへへへ」

モバP「ちひろさんったらかわいいなあ」

AHAHAHAHA

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:16:36.61 ID:Tsg+y/wQo
  「・・・」イラッ

  「モバPさん」

モバP「ん?なんだ奏?」

  「えいっ!」ドン

モバP「うわっ!」ヌルン

モバP「こ、こらそんなにくっついたら当たるって!ていうか当たってる!」

  「ふふっ、当ててるのよ」プニュン

モバP「もっと当たってる・・・」

ちひろ(もうちょっと撮っちゃおう)


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:18:35.28 ID:Tsg+y/wQo
  「どうせ洗う準備してなかったんだし、もうちょっとこの状況楽しまない?」

モバP「えええ?いやそれはダメダメ!」

  「私たちが遊んでる間ちひろさんに準備してもらえばいいじゃない。ね?」

ちひろ「構いませんよ、後で簡易浴槽出しますから」

モバP「でも・・・」


  「Pさんのこと、唇だけじゃなくて私の全ての虜にしちゃうから!」ギュウウウ

モバP「ニャアアア!!!!!」

ちひろ(いい絵がとれそうです!ひひひ)


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:24:45.63 ID:Tsg+y/wQo
結局二人がお風呂に入ったのは業務時間を大きく過ぎてからだった

モバP「もうこんな時間か・・・。ったく奏があんなに夢中になるとは・・・」

  「なによ、Pさんだって随分楽しんでたと思うけど?」

モバP「そ、それは・・・」

モバP「というかちひろさんなんか全然止める気配がなかったじゃないですか!」

ちひろ「わ、私のせいですか!?というか二人がですねもっと!!!」ガミガミガミ

モバP「うわーおばさんの説教は長いぞ!奏、帰るぞ!」

  「モバPさんと逃避行ね!」

ちひろ「こらー!まちなさーい!」

ちひろ「ったく逃げ足のはやい・・・。あっ、夢中になってて昨日奏ちゃんとモバPさん何してたか聞きそびれたなあ」

ちひろ「まっ、明日聞けばいいわよね」


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/05(火) 14:30:23.22 ID:Tsg+y/wQo
翌日


モバP「○×△■!(おはようございまーす」)ガチャ

  「○×△■(おはようございます)」

ちひろ「おはようございます、モバPさん、奏ちゃん」

ちひろ(あれデジャビュ?ていうかなんで今日は奏ちゃん背中向けてるの?)

モバP「ふぃ、ふぃふぃろおぁん?」

ちひろ「何ですか?まさかまたですか?」

モバP「ふぉ、、ふぉんふぉはふぇふえ」

モバP「奏のくちびると俺のくちびるがくっついちゃいました」



おわり


元スレ
モバP「奏と俺の腕がくっついてとれない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407213912/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑