*

鷺沢文香「考え事」


2:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 02:01:25.00 ID:x+L8+lLv0



独りでいる事が好きだ。


なんて言うと、まるで「誰かといるより好きだ」、と言っているようだが


私は、そうは言えないだろう。





比べられるほど、誰かと一緒に時間を過ごしたことが、無いのだから。




3:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 02:02:00.90 ID:x+L8+lLv0




何才の頃か、定かには覚えていない。だけど、その時の気持ちだけは、今でもはっきりと思い出せる記憶がある。



私の父の弟である伯父が、本屋を営んでいるほどに本が好きなように


私の父も、本が好きだ。


父の書斎には、沢山の本が綺麗な本棚に、丁寧に整理され、並んでいる。

子どもの頃、それを楽しそうに眺める父の隣で、私も一緒に眺めているのが、好きだった。

どの本も当時の私には難しくて、ほとんど内容や意味は、分からなかった。


でも、父の好きな本を読むことが、私は好きだった。



4:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 02:02:45.03 ID:x+L8+lLv0



いつも、母と昼食を食べたあとには父の書斎に行った。

低い棚にあった本をなんとか引っ張り出し、そして父の椅子に座って読んだ。



そのうち母が、おやつの時間だと私を呼ぶ。

本を棚に戻して、母の元に行く。

そして母と一緒に、午後の時間を過ごす。

それが、私のいつもの一日だった。










ある日、母は


私をずっと、呼ばなかった。








5:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 02:03:20.25 ID:x+L8+lLv0






気付いた時は、もう日がほとんど沈んだ夕方で。

昼に入って明るかった父の部屋は、夜闇が近づいて暗かった。

本に夢中になっていて、時間を忘れたままでいた。

キイ、と、父の椅子の軋む音だけが聞こえていた。






お母、さん?






どうして?







6:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 02:03:51.88 ID:x+L8+lLv0


リビングに行くと母はテレビを見ていていつも通りだった。


あの日母は母の気まぐれで、なんとなく私を呼ばなかったのだろう。

いつもいつも父の書斎で本を読む私を気遣って、呼ばないでおいてくれたのかもしれない。




十九歳にもなってそんな事をずっと覚えていて

独りでいる自分を自覚すると必ず、思い出しては

まるであの経験が原因だと、自分の中で結論づけてしまっているような

浅はかで、母を責めるかのような自分の考えに嫌気がさして






そんなくだらない堂々巡りを

私はもう何回、繰り返してきただろう。





7:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 02:04:44.55 ID:x+L8+lLv0




あれから何年も経っている


あの記憶を忘れられるような、新しい経験を得られないで


中学生から高校生


大学生になった今まで、ずっと


人付き合いを避けて


何処か消極的な


達観しているような


自分のことばかりを考えて過ごすことに、時間を費やしている私で





もう今更、なのだろう


私はきっと、こうなのだろう


考える度考える度

自棄に疲れて結論を投げる

独りでいる事を自覚すると、自分がとても面倒になって




私はどこか、逃げ場を求めるようになっていた。




8:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 02:05:18.60 ID:x+L8+lLv0



でも、それだけでは、決してない。


今も、好きだ。


覚えているのは、あの日の父の書斎の暗さだけではない。





あの日から今日まで

今だって、店番をしている叔父の本屋のカウンターに何冊も積んで





私はずっと、本を読むことが


やめられないでいる。




9:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 02:06:04.08 ID:x+L8+lLv0






ガチャ。






店のドアが、静かに、控えめに開けられる。





「あの、こんにちわ…文香、さん?」





ドアの開け方と、私を「文香さん」と呼ぶ声。


それだけで誰がこの店を訪れたのか、分かった。けれど



最近は、声だけでも


彼女を、分かるようになってきた。




文香「…はい。カウンターに、います」




思えば、いつ以来なんだろう。家族以外で




私を、名前で呼ぶ人。



10:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 02:06:59.92 ID:x+L8+lLv0




「…どうも、こんにちわ…。…ふふ、今日も相変わらず…ですね…」




私の横の、カウンターに積まれた本をちらりと見て


彼女は慣れたように笑い


私を、見る。



からかっているような

優しく待っているような


真意の掴みきれない

不可思議で奥深い、静かな眼差し。




文香「……おすすめ、ですよ。一冊、どうですか?」



精一杯、遊んだ返しをしてみる。



「ふふ、それはまた、今度…。今日は私が、本を持って来たんですから…」


11:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 02:07:44.80 ID:x+L8+lLv0




対等に、好きなことを語り合える人。




文香「あ…前に話していた本、ですか…?ありがとう、ございます…」




無言でいても息苦しくない


同じ時間でいられる人。




「お父様が読み終えたら、文香さんも是非…。…おすすめ、ですよ。…ふふ」





先ほどの私の遊びを、返されてしまった。





文香「…ふふ、ありがとう。そうですね…。父を、早く読めって、急かしてみようか、な…。…ふふ」





私より二つ年下なのに、私より落ち着いていて


しかし、堂々ともしているようで


纏う雰囲気はそう


まるで怪盗、のような、不思議な





先輩であり


友人である人。






文香「父が、探していた本…ありがとう。…頼子、さん」






私の世界を、一緒に広げてくれる人。




14:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 02:17:30.49 ID:x+L8+lLv0



頼子「いえ……。たまたま、私の家にあっただけ、ですよ…。でも、どういたしまして…ですね」



本を読むこと以外に、こんなに楽しいことがあったと


私は知らないで、知ろうともしないで生きてきた。





文香「はい…。それで、あの……」





誰かと一緒に過ごす楽しさを、教えてくれたのは彼女。そして





そこへ私を、導いてくれたのは



文香「プロデューサーさんは……今日は、いらっしゃらないんですか…?」



15:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 02:18:04.36 ID:x+L8+lLv0




頼子「それがですね…今日は、プロデューサーさんは」






少し、彼女が視線を落とす。



私の心が、追いかけて沈む。





私と出会い、導いて



光を見せてくれた人



いつも背中を眺めている、私の前を歩く人




頼子「…………少し遅れて、来るそうです。……ふふ」



文香「あ……そう、ですか………」





こんな簡単に、私の気分が変えられてしまうあの人



16:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 02:18:49.64 ID:x+L8+lLv0






文香「………………」



頼子「ごめんなさい。…私もさっき、同じことをちひろさんにされてしまったものですから。ふふふ…」






文香「いえ…なかなか、自分で思っていたより私は、単純…なんだって、分かったので…」


頼子「私も、そう…。ミステリアスだなんて、お互い、よく言われているのに、ですね…」





17:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 02:19:30.74 ID:x+L8+lLv0






また、新しいことを見つけられた。




独りで考えていては、見つけられないこと。




頼子「文香さん…可愛らしかったです、よ。ふふ」




私の名前を呼んでくれる




文香「……次は、私がからかってみせます…。…ふふ」






私の大事な、人たちのおかげで。



END

鷺沢文香(19)
鷺沢文香(19)

古澤頼子(17)
古澤頼子(17)


元スレ
鷺沢文香「考え事」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396198819/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑