*

南条光「最近Pさんと遊べなくてさみしい……」


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 01:13:22.65 ID:BPWHv0270
事務所

「はぁ…」

南条光(14)
南条光(14)


モバP「よーしよし、いいこいいこ」ナデリナデリ


ペロ「にゃう…」ゴロゴロ


「…………」ジー


モバP「ふう…飽きた。ほらキーボードから退け」ペシペシ


ペロ「チッ…」ノソノソ


モバP「さて…ん?」


「っ…!」ソワソワ


モバP(急にどうしたんだ?)


モバP(まあいいか、仕事やろ)カタカタ


「むぅ…」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 01:14:16.19 ID:BPWHv0270
(いや…ダメだぞ南条光!そんな顔しちゃいけない)


(Pさんはアタシたちのために仕事してるんだから、遊んでるわけじゃないんだから!)


モバP「あー…これどうするんだったっけ」カタカタ


(でも…アタシがこの事務所に入ったばかりの頃は)


モバP『実はモバPのPはペダン星人のPだったんだー!』


『な、なんだってーーッ!?』


モバP『行くぞヒカル!真のレイオニクスのチカラを見せてやるぜ!』


『くっ…!やるしかないのか!』


(なんてことも出来たのに…)
4 : ◆79hD2g8VRI:2014/11/15(土) 01:16:21.83 ID:BPWHv0270
モバP「あっ、数字間違えた…くそう!くそう!」


(今じゃ忙しくて…そんなことしてられない)


(人気が出て、ファンの人も増えて、いいことなんだけど…)


モバP『ごめんな…大きな仕事とってこれなくて』


『そんなことないよ!どんなことでもしっかりやっていれば必ず自分に返ってくるんだ!』


モバP『…そうか、そうだな。よし!なんか食べに行くか!腹が減っては戦は出来ぬ!』


『うん!』


(やっぱり…ちょっとさみしい)
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 01:17:53.66 ID:BPWHv0270
モバP「ん?光ー!」


「っ!な、何!?」ドキッ


モバP「今日は麗奈と晴とダンスのレッスンがあっただろ?もうすぐ時間だぞ、準備してそろそろ行った方がよくないか?」


「あ…うん……そうだね、行って来る」


(なんか…変に期待しちゃったから…足が重い)トボトボ


(前は…別に来なくてもいいのにレッスン観にきたりしてたのにな)チラッ


モバP「ふーむ」カタカタ


(背中あんなに丸めちゃって…姿勢悪くなるよPさん)


ガチャッ
7 : ◆79hD2g8VRI:2014/11/15(土) 01:25:45.83 ID:BPWHv0270
千川ちひろ「うーん」

千川ちひろ
千川ちひろ


モバP「ちひろさんも数字間違えましたか?」


ちひろ「いや、そんなパソコン初心者じゃないんで…って、そういうことじゃなくてですね」


モバP「悪かったですねパソコン初心者で…で、なんなんですか」


ちひろ「なんだか…最近光ちゃんの元気がないような気がして」


モバP「あー…言われてみると…そうですね。最近コミュニケーションもとれてなかったですし…ちゃんと向き合えてなかったな…」


ちひろ「まあ、わかってるならいいんですけど、それにプロデューサーさんが原因かどうかはわからないですしね。学校とか友人関係のことかもしれないですし」


モバP「それにしても…ってことですよ。よし、そうと決まれば、ちゃちゃっと終わらせますか」


ちひろ「そこ…数字間違えてますよ」


モバP「ぐぬぬ…」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 01:26:39.12 ID:BPWHv0270
更衣室

「ふぃ〜」


結城晴「もうダメだ…脚上がんねえ腰痛い」

結城晴(12)
結城晴(12)


小関麗奈「ぷっなっさけないわね〜」

小関麗奈(13)
小関麗奈(13)


「膝笑ってんぞレイナ」


麗奈「わ、笑ってないし!武者震いよ!」


「はいはい…光ねーちゃんはさすがだな」


「へ…何か言った?」


「あー…体力あるなーって」


「そりゃーけっこう鍛えてますから!」シュッ


「言うと思った…」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 01:29:36.83 ID:BPWHv0270
麗奈「それはそうといい加減着替えてよ。もうアンタだけなのわかってる?」


「うへー…体怠い…麗奈ねーちゃんお着替えさせてー」グテェ…


麗奈「こずえか…だいたい子ども扱いされるの嫌がってたでしょうが」


「今はもう子どもでいい…というかこずえでいい…ふわぁ」


麗奈「いいから、早く着替えて!帰れないでしょ!」


「ったく、とんだ真面目ちゃんだぜ。イタズラ好きが聞いて呆れる」ヤレヤレ


麗奈「ぐぁああ!なんなのアンタ!!鬱陶しいわね!」


「…………」ボー


「……」チラッ メセンクイッ


麗奈「……」コクッ

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 01:31:12.92 ID:BPWHv0270
麗奈「ねえ、ヒカル」


「ん、なんだレイナ?」


麗奈「実はプロデューサーの上着になんやかんやイタズラしたんだけど、回収するの忘れてたわ」


「何やってるんだよ!?しかもなんやかんやって何だ!」


「あーそういえばオレもプロデューサーの机になんやかんやイタズラしてたんだった」


「晴まで!?」


麗奈/「「まっいっか」」


「よくないよ!もー!アタシが回収してくるから!後でお説教だぞ!」ダッ


麗奈「はぁー全く世話が焼けるわ」


「レイナは何だかんだでいいやつだよな」


麗奈「はぁ?何言ってんのアンタ。上着にイタズラしたのは本当よ。多分ワイシャツの背中の部分が真っ黒になってるはずよ」


「越えちゃいけないライン考えろよ!?」


麗奈「越えちゃいけないラインを越えるのが楽しいんじゃない!アーッハッハッ!ゲホゲホッ…」

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 01:43:14.67 ID:BPWHv0270
事務所

「えっと…プロデューサーの上着は…」


つ上着


「あった…この上着の裏だな」ベリベリ


「これでよし…あとは机」


「Pさんは…いないのか。じゃあ、今のうちに」


(うーん、特に何もないような)ガサガサ


(そもそもここは輝子とぷちギノガのテリトリーだし、そうそうイタズラなんか…)ハッ


「おのれ晴騙したなー!」ガンッ


「痛〜〜〜ッ」


(うう…机の天井に頭ぶつけた)

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 01:53:52.11 ID:BPWHv0270
「ハァ…何やってるんだアタシ」


ターイプスピードゥ!


「メール…晴とレイナから」


『騙してごめんな光ねーちゃん』


麗奈『先に帰るからプロデューサーに謝っておいて』


「レ〜イ〜ナ〜!!」


「晴は許したけど…レイナめ、今度会ったら絶対許さねえ!」ギュッ


「って…うわ、思わず上着についてた黒い紙を…手が真っ黒だ。洗いに行かないと…」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 01:59:38.93 ID:BPWHv0270
洗面所

ばちゃばちゃばちゃばちゃ!


「はぁ…」


(今日はなんか一日調子が悪かった…)


(いや、おかしくなったのは学校終わって事務所に来てからだから半日くらい…?)


(事務所に来てレッスンして帰る。もちろん仕事もあるけど)


(……それだけになっちゃったな)


モバP『おう光、レッスンどうだった?』


『今日は全然ダメだったよ…』


モバP『まあ、そういうときもあるわな。けど、そこで腐っちゃいけないぜ』


『うん!絶対克服してみせる!』


モバP『その意気だ!俺はいつもお前を応援してるからな!』


『うん!…えへへ』

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 02:00:51.17 ID:BPWHv0270
(結局Pさんには会えなかった…)


「……」ジワッ


「ッ……だめだめ、さみしいからって泣いてたら!こんなのヒーローじゃないぞ!」ゴシゴシ


「よし!今日は宿題もあるし、早く帰ろう!」


たたたっ…

 _
|鏡|
  ̄

 _
|P|ヌッ
  ̄

 _
| ミP スタッ
  ̄

モバP「すまない光…寂しい思いをさせてしまっていた。ただでさえ親元を離れて暮らしてもらっているというのに……」


モバP「もはや手段は選んでいられない。財布は薄くなるが……」ピポパ


モバP「もしもしちひろさん……」

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 02:14:27.28 ID:BPWHv0270
モバP「というわけで明日から温泉ロケだ」


依田芳乃「ほー…これはそなたたちの慰安も兼ねているのでしてー?」

依田芳乃(16)
依田芳乃(16)


モバP「ん?そういうわけではないな」


芳乃「そうですかーそれは少し残念でしてー……」


モバP「まあ…君の担当にはそれとなく伝えておくよ、背中流させてやれって」


芳乃「それはよきことでしてー」ホクホク


麗奈「それアタシたちだけ?」


モバP「いや、蘭子ちゃんにかな子ちゃん…あとは何人か枠があるが、それは他のプロデューサーと話し合いだな」


「オレは?」


モバP「お前はこの前オーストラリア行ったろ今回は留守番」


「チッ」


モバP「舌打ち禁止」

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 02:16:30.66 ID:BPWHv0270
「…………」


モバP「あと、光」


「な、なに!?」


モバP「光は別件で一緒に来てもらいたいんだけど」


「え…?お仕事?」


モバP「やー…違うな、ごく個人的に遊園地にでもと思って」


「そ、それって…」カァァ


芳乃「ほー」


麗奈「これはこれは」ニヤニヤ


「オレたちは席を外した方がいいかな?」ニヤニヤ


モバP「そりゃお前は留守番だしな」


(´・ω・`)

17 : ◆79hD2g8VRI:2014/11/15(土) 02:19:46.02 ID:BPWHv0270
モバP「で、どうする光?まあ、急だし都合が悪いなら…」


「行く!」


モバP「おっふ…びっくりしたぁ」


「ああぅ…ごめん」


モバP「気にするな。よしよし、それじゃあ光も一緒に行くか!」


「うん!」ニコニコ

(なんだかよくわからないけど…でも)

(すっごく嬉しい!)


モバP(ふむふむ、よかったよかった)

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 02:23:35.92 ID:BPWHv0270
「な、なぁ…」クイクイ


モバP「なんだ袖引っ張って」


「オレ本当に留守番なの…?」


モバP「……行きたいの?」


「う…」

(いや…でも、光ねーちゃんは…)チラッ


「〜♪」


(二人っきりの方がいいんだろうな……)


(……晴?)


「やっぱり…いいや」


「…………」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 02:28:38.75 ID:BPWHv0270
「ねえPさん」


モバP「うん?」


「晴も…一緒じゃダメかな?」


「ッ!!」


モバP「光がいいならな」


「全然いいよ!」


「本当に…いいのか光ねーちゃん?」


「もちろん!一緒に楽しもうね!」


「光ねーちゃん!」ダキッ


「晴…ちょっと苦しい…」ギュムー


モバP(どうせこうなると思ってすでに手は回しているのだ。はるちんを仲間はずれになどするはずがないだろう)フフフ

モバP「さあ!明日は光と晴と全力で遊ぶぞ〜!職権乱用万歳!」

20 : ◆79hD2g8VRI:2014/11/15(土) 02:32:28.96 ID:BPWHv0270
光/「「キャッキャウフフ」」


モバP「アーッハッハッハッ」


麗奈(全く、カンシャしなさいよヒカル。アタシのおかげでPのヤツと一緒に……)


ネエネエPサン!ドコイクノ?

ソレハイッテカラノオタノシミダナ

エー!

ナンデモイイケドジェットコースターノロウゼ!ヒカルネーチャン!


麗奈「一緒に……」


麗奈「…………」


麗奈「……あれ?」


麗奈「これアタシ仲間はずれじゃない!?」


芳乃「そなたは温泉で邪気をお清めするように言われてましてー」スッ


つ黒く染まったワイシャツ


麗奈「ああああああああ!!」


おわりん

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/15(土) 02:35:33.65 ID:BPWHv0270
当初はのっけから光と遊園地でジェットコースター乗ったりヒーローショー観たりとただただ遊ぶ内容でしたが
あまりにもやおいちゃんだったのでこういう感じになりましたとさ……

それでは
ありがとうございました


元スレ
南条光「最近Pさんと遊べなくてさみしい……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415981447/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑