*

P「泣き虫響」


1:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 14:43:07.19 ID:FtYpxA47O
響、幼少時代


「うぁっ!」ズシャッ


「響!大丈夫か!?」


「い、痛いぞ………転んだぁ……」グスッ


「全く……危なっかしいやつだな、来い」


「うぅ………にぃに………」ギュッ


「全く、一人にさせると心配だよ……」なでなで


「ありがとう……にぃに……」///


2:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 14:52:59.92 ID:FtYpxA47O
「うぅ………グスッ………」


「響?どうした、泣いて?」


「捨て犬がいて……可哀想で……」グスッ


「そうか………響は優しい子だな」なでなで


「よし……母さんと父さんにその犬を飼っていいかどうか、聞いてやるよ」


「ほ、本当!?」


「あぁ。飼うなら、名前何にする?」


「へへっ、いぬ美!!」


3:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 14:57:48.92 ID:FtYpxA47O
葬儀場


「うっ………うぅっ………」グスッ


「………………」


「にぃに………すー(父)が……」


「……大丈夫、大丈夫だ、響」なでなで


「今日は……目一杯泣いとけよ」ギュッ


「う……うあぁぁぁぁあん!!」ギュッ

5:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 15:03:14.12 ID:FtYpxA47O
現在、響


「アイドル………」


「………やって、みたいな……」


「……………」








「はぁ?アイドル?」


「う、うん……自分、それで家計の助けもしたいし……」


「無理無理、響みたいに泣き虫なやつがなれっこないさ」


「なっ!……自分、いつまでも子供じゃないぞ!」


「もういい!バイトしてお金貯めて、上京してアイドルになってやる!」タタタ


「あっ!待て!……しょうがないやつだなぁ……」


「………」カチッ、ジャー カチッ、ジャー


「あ、もしもし、そちらは………」

6:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 15:09:17.65 ID:FtYpxA47O
「そこそこ溜まったな……少ないけど、行くぞ!」


「全く……傍若無人なやつだな」


「に、にぃに!」


「自分、何言われようともう行くぞ!」


「止めないよ。勝手にいけ。」


(…………ふ、ふん!)


「でも、最後にこれやるよ」


「??立体型パズル?」


「辛くなったりしたら、それで遊べ」


「自分は子供かーー!!」

7:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 15:16:28.23 ID:FtYpxA47O
東京都


「ひ、人がいっぱいだぞ……」


「でも、アイドルになるなら、頑張らないと……」


??「おや?君、なかなか可愛いね?」


「えっ!?じ、自分、初めてそんな事言われたぞ……」///


??「君、アイドルに興味とかないかな?ウチの事務所なら歓迎するよ?」


「本当!?するぞ!自分、アイドルになるぞ!」


黒井「ククク……それはよかったよ……」

8:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 15:21:51.43 ID:FtYpxA47O
3ヶ月後


黒井「さぁ響ちゃん、今日も他の事務所アイドルを蹴散らしておいで」


「……………う、うん…」







オーディション会場


「はぁ……友達も作っちゃダメ……クールで毅然とした態度をとる……」


「…………辛いなぁ……」


「……うぅ……」じわっ


「な、泣かないぞ!自分、泣き虫なんかじゃ……」ドンッ


??「痛たっ!!」

9:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 15:27:32.79 ID:FtYpxA47O
「あっ!ご、ゴメン!」


P「いやいや、大丈夫だ」


「本当、ゴメン!じゃあ……」


P「あれ?君は……我那覇響ちゃん?」


「え?そうだぞ。」


P「やっぱり!オーバーマスターのPVで見たよ!あれ、かっこいいね!」


「あ、ありがとう……」


P「いやぁ、やっぱりオーディション会場となると有名アイドルに会うなぁ」


「……じゃ、じゃあ、自分行くね…」


P「ま、待って!今日はうちのアイドルも一緒にオーディション受けるから、よろしくね!」



「……………」スタスタ
11:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 15:33:21.66 ID:FtYpxA47O
響の家


「…………はぁ、何だったんだろ、あの人…」


「うちのアイドルって言ってたし……多分、プロデューサーとかかな?」


「………961プロも、プロデューサー付けてくれないかなぁ……」


「………ずっと、1人でアイドルしないといけないのかな……」


「……………」


「………うぅ……」グスッ


「寂しいぞ……にぃに……あんまー……すー……」グスッ


「………あ、そういえば……立体型パズル……」


「………しよう、かな」
12:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 15:39:41.39 ID:FtYpxA47O
「……………」カチャカチャ


「む、難しい、ぞ……」カチャカチャ


「……でも自分、負けないさーー!!」






カチャッ


「!!この感触………」


「開いた!やった!にぃにに勝ったぞ!」


「って、勝つっておかしいか……ん?何か入ってる?」


「………!!こ、これって……!」


「お金……こ、こんなにも………」


「…………う、うぅ……」グスッ


「にぃに……にぃに……いつも心配してくれて、ありがとう……」グスッ
13:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 15:51:28.77 ID:FtYpxA47O
黒井「響ちゃん、最近調子がいいねぇ~」


「ふふん、自分完璧だからな!」


「じゃ、今日もお仕事行って来るぞ!」


ガチャ


黒井「………クククク、これで765プロを……」










収録現場


「自動販売機は……あ、ここだな」


春香「あれ?あなた、確か961プロの……」


「誰?」


春香「あ、初めまして!私、765プロ所属の天海春香!」


春香「響ちゃんの事、プロデューサーさんから聞いてね……」


「プロデューサーって……あぁ、もしかして、あの時ぶつかっちゃった……」
14:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 15:56:20.62 ID:FtYpxA47O
春香「今日の収録、よろしくね!」


「………ふん、自分慣れ合うつもりはないさ」


春香「え?」


「自分は、友達なんて余計なものを作らずにトップアイドルになるからな!」


春香「そ、そんな、余計なものだなんて……」


「社長は言ってたぞ!自分は、黒井社長を信じるぞ!」


「じゃあね!これ以上は関わらないで!」


春香「ひ、響ちゃん………」
15:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 16:00:45.78 ID:FtYpxA47O
黒井「響ちゃん、ちゃんと余計な友人など作らず、孤高を持したかい?」


「うん!自分、社長を信じてやって来たからね!」


黒井「よし、ならば今日のオーディションで765プロを完膚無きまで叩き潰して来い!」


(にぃに……見ててね、自分がトップアイドルになるのを!)
16:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 16:05:37.29 ID:FtYpxA47O
待合室前


(………今日、トップアイドルになるんだ……絶対!!)


P「あ、君は……」


「!!」


「き、君は765プロの……」


P「今日は、よろしくね。どっちが勝っても文句は無しだぞ?」


「………ふ、ふん、当たり前さ!」


P「頑張ってね、響ちゃん」


「!!」


(は、初めてオーディション前に応援された……)


「ふ、ふん!そっちも精々最下位にならないようにね!」
17:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 16:10:10.86 ID:FtYpxA47O
オーディション


(3回戦の形式か………)


春香「……………よしっ!いける!」


(………あの子、確か天海春香…)


(………全然緊張してない様子だな…)


(じ、自分だって!大丈夫!)


審査員「では、早速一回目の審査をを始めます」


(今まで辛いことを乗り越えたんだ、勝てるはず!!)
18:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 16:16:26.73 ID:FtYpxA47O
審査員「………はい、では一回目の審査発表です。1位は我那覇響さん」


審査員「2位は、天海春香さん」


審査員「3位は…………さん、はい、それ以下は帰っていいですよ。」


春香「やったぁ!やりました、プロデューサーさん!」


P「よくやった!この調子で行こう!」


「……………」スタスタ


P「あっ、春香、先に待合室で準備しててくれ!」


春香「あ、はい!」










P「おーーーい、響ちゃん!」


「………なに?」


P「1位おめでとう、凄いね!」


「………当然だぞ。それで?」


P「えっ?」


「他に用は?」
19:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 16:20:50.86 ID:FtYpxA47O
P「………いや、ないけど…」


「はぁ!?」


P「いや、だって祝いの言葉を掛けたくて……」


「呆れたぞ……全く、敵の事務所なのに祝うなんて、変なプロデューサーだな」


P「ライバルの成長は、悔しいけど祝いたくもあるんだ」


「………ふん、自分にはそんなの必要ないさ!」


P「そっかー……響ちゃん、強いんだね。一人でも大丈夫なのか。」


「…………………」


「大丈夫……無いぞ……」


P「ん?」
20:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 16:31:27.83 ID:FtYpxA47O
「………なんでも、無い」


「次も1位取ってやるからな!」タタタ


P「あ、あぁ、ウチも負けないぞ!」


(…………)








オーディション


審査員「それでは、2回目の審査を始めます」


(自分一人でも大丈夫何だ!アイドルにしてくれた黒井社長は正しいんだ!)


(自分……一人でも……一人でも……大丈夫……大丈夫!)








『………大丈夫、大丈夫だ、響』


『今日は……目一杯泣いとけよ』

21:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 16:36:51.56 ID:FtYpxA47O
「!!?」ウルッ


(あっ、しまっ………)ズシャッ


「痛いっ!」


春香(ひ、響ちゃんが転んだ……!)


審査員「…………………」



「うぅ………」










審査員「はい、では審査発表をいたします」


審査員「1位は……天海春香さん」


「!!?」


(た、大変だ!2位に入らなきゃ落ちゃう……!)


審査員「2位は………」


(後半は完璧だったんだ!……お願い!!)





審査員「…………さん、以上。それ以下はお帰りください」


(……………)


「落ち、た」
22:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 16:40:42.19 ID:FtYpxA47O
春香「………ひ、響ちゃん…」


「…………」ダッ


春香「ひ、響ちゃん!!」


P「……春香、先に待合室に行っといてくれ。」


春香「………響ちゃんをおねがいしますね…」


P「………………」









待合室


「………負け、ちゃった」


「無様な姿、見せちゃったな……」





コンコン


「!は、はい!」





ガチャ

黒井「私だ」
31:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 23:45:57.13 ID:/dkSAEZMO
「く、黒井社長………」


黒井「……………」


「黒井社長……ごめん!自分落ちちゃった……」


「で、でもいつか、またリベンジして汚名返上するぞ!」


「だから、次まで……」







黒井「次なんて……あるわけなかろうが!この小娘が!!」


「ひっ!!」


黒井「リベンジだぁ?1度負けた人間など、トップに立つ資格などない!!」


黒井「せっかく金を掛けて育ててやったのに!!」


黒井「しかも、負けた相手があの忌々しい765プロと来たもんだ!!」


黒井「もうウチの事務所に顔を見せるな!!消えろ!!」






ガチャ


「……………」


「うっ………うぅっ………」グスッ
32:◆p3yuNM37DY:2014/07/28(月) 23:55:05.76 ID:fvYOplI5O
「………にぃに……ごめん、なれなかったぞ……」グスッ



「自分、トップアイドルに………」


「………!!」


「だ、誰?ドアの所にいるの……」







P「…………………」


「……………き、君は……」


P「話……聞いちゃったよ……ごめん……」


P「……待合室のドアが開いたままだったから、聞こえちゃって……」


「…………自分を、馬鹿にしに来たのか?」


P「そんな……馬鹿にする所なんて無いよ……」


「………出て、行ってよ……」


P「………泣いてる子を、ほっといてなんて行けないよ……」


「……………う、ううぅ…」グスッ
33:◆p3yuNM37DY:2014/07/29(火) 00:04:56.26 ID:jUFf9SX2O
(泣いてるとこ……にぃに以外に見せたく無いぞ……)


P「………その、響ちゃん」


P「……我慢しない方がいいよ」


P「今は………目一杯泣きなよ」


「!!!」



(にぃにと………同じ………)





「…………うぇっ」ウルッ



「うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあん!!!」ギュッ



P「…………………」



P「よく、頑張ったね、響ちゃん」なでなで


「うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあん!!」ギュッ














34:◆p3yuNM37DY:2014/07/29(火) 00:18:52.26 ID:jUFf9SX2O
3ヶ月後



「プロデューサー!早くご飯食べに行こうよ!ほらぁ!」


P「ま、待ってくれ響、まだ予約出来てないんだって……」


「もぅ!遅いぞー!!」


春香「く、961プロの時のイメージと大分変わったね……」


「クールなキャラは何処にいったのやら……」


小鳥「響ちゃんがウチに移籍してもう3ヶ月も経つのね」
36:◆p3yuNM37DY:2014/07/29(火) 00:25:41.03 ID:jUFf9SX2O
春香「前の時は一人でなんでもするって言ってたのに、今じゃプロデューサーさんにベタベタだね」


「今まで一人でやって来た分、その反動なのかな……」




「ほらぁ!終わっただろ?早く行くぞ!」


P「ひ、響!引っ張らないでくれぇ!」


ガチャ






「行っちゃった……」


春香「プロデューサーさん、なんの予約してたんだろ……」


小鳥「それがね………プロデューサーさんと響ちゃん、来月に……」


39:◆p3yuNM37DY:2014/07/29(火) 00:33:45.56 ID:jUFf9SX2O
1ヶ月後


「プロデューサー!ほら、海綺麗だろ!?」


P「本当、沖縄の海は綺麗だな……」


「えへへっ!プロデューサー。実家に付いて来てくれて、ありがとうね!」


P「前から約束してたもんな。沖縄で何かしたかったのか?」


「あのね、自分にぃにに返したいもんがあるんだ」


P「返したいもの?」


「うん!これだぞ!」


P「…………パズル?」
40:◆p3yuNM37DY:2014/07/29(火) 00:41:33.76 ID:jUFf9SX2O
「うん!にぃにがくれた、御守り!」


P「へぇ~、中に何か入ってるのか?」


「うん!お金!」


P「お、お金が御守り……」


「こ、心がこもったお金なの!」


P「使わなかったのか」


「うん!お金で困ってなかったし、何よりにぃにが一生懸命稼いでくれた大切なお金だからな!」
41:◆p3yuNM37DY:2014/07/29(火) 00:45:08.90 ID:jUFf9SX2O
P「そっか……でも、返しちゃっていいのか?」


「うん!だってコレは、にぃにが自分を心配してくれた物だもん!」


「もう、心配してもらわなくても大丈夫になったから返すんだ!」


「今は、大切な仲間達と……」


「プロデューサーが付いてくれてるからな!!」













元スレ
P「泣き虫響」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406526187/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑