*

響「唐揚げ来たのか!レモンこっちにあるぞ!」P「や、やめろ響!」

公開日: : コメディ , ,

我那覇響

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/02(金) 22:54:50.24 ID:Dt4b3aaz0
「取りやすいとこにレモン置いとくから使いたい人は言うんさー」

P「なん……だと……!?」
11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/02(金) 23:08:55.21 ID:Dt4b3aaz0
亜美真美「ひ~びきんにタックルドーン!!」

P「や、やめろ!臭いが!!」

真美「あれ?ひびきん髪良い匂い~」スンスン

「あぁ、仲の良い美容師さんに教えてもらったのに変えたんだぞー」


P「なん……だと……」
13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/02(金) 23:26:47.67 ID:Dt4b3aaz0
P(もうすぐ響の誕生日だな……)

P(どうせ今年も人間は一人だけの誕生日パーティになってるんだろうな、俺も予定空けて参加するか)

春香「あ、プロデューサーさん、ちょうどいいところに!響ちゃんの誕生日に皆で集まろうって話になったんですが予定って大丈夫ですか!?」


P「ぐぬぬ……」
23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/02(金) 23:45:57.97 ID:Dt4b3aaz0
P(そういえば響には本当に沖縄生まれかどうか疑惑があったな)

「お、プロデューサー!はいさーい」

P「なぁ、響」

「ん?どうしたんさ?」

P「知ってるか?はいさいって男言葉なんだぞ?知らなかっただろ?ん?」

「知ってるぞ、はいた~い!」


P「……」
26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/02(金) 23:54:19.10 ID:Dt4b3aaz0
「なんか久々に言ったような気がする」

P「じゃ、じゃあなんで今まではいさいって言ってたんだよ」

「ここに来た当初ははいたいってちゃんと言ってたんだぞ?」

「でも、ここでも意味が分かるはいさいの方を使いなさいって言われたから……」

P「はいさいとはいたいでそんなに知名度は変わらないんじゃないか」

「ほら、ちゅらさんでもはいさいって言っちゃってたし」


P「ぐ、ぐぬぬ……」
28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/03(土) 00:07:42.60 ID:UJXwSQHW0
P「そういえば響は胸囲を3cmほど詐称してたんだよな?」

貴音「響のアレは詐称ではなく、痩せたというのです、あなた様」

貴音「ちゃんとウェストも細くなってカップは維持しております」

「胸の話はあんまりしないでほしいぞ!」

千早「……」


千早「……」
46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/03(土) 00:32:28.30 ID:UJXwSQHW0
「うわっ、ハハ、いぬ美そんなにじゃれちゃ駄目さー」

P「あっ、響!獣臭くなるからそういったのはちゃんと……」フワッ

P「これは……ピュアシトラスの香り!?」

「いぬ美は家族だからな!毎週欠かさず風呂に入れてブラッシングにコロンにと清潔にしてるぞ!」


P「ちくしょう」
53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/03(土) 00:48:09.48 ID:UJXwSQHW0
P「そうだ!響って左翼だよな?」

「え?」

P「出てけー!米軍は出てけー!とか考えてるんだろ?」

「……」

P「オスプレイ反対!墜落しちゃったらはったおすぞっ!とかだろ?」

「プロデューサー」

P「はい」

「自分、アイドルだぞ?」
55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/03(土) 00:55:01.87 ID:UJXwSQHW0
「ファンの人の中にもいろんな人がいるし、それぞれの考えを尊重させるべきだと自分は思うんさー」

「自分がそんなこと言えば、ファンの皆に自分の考えを強制してるみたいじゃないか」

「もちろん、政治や宗教の話はいろんな論争が起こっちゃうからしない方がいいっていうのもあるけど」

「少なくとも自分は私見で物事を判断するなんてそんなことしたくないし、これからもしようとは思わないぞ」



P「はい」
59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/03(土) 01:07:07.06 ID:UJXwSQHW0
P(おかしい……)

P(俺の思ってたんと違う)

P(確かに俺の想像より良い響なんだろうけど……)

P「ちゃうねん」

貴音「何がですか?あなた様」

P「ひゃぅんッ!」
62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/03(土) 01:16:22.70 ID:UJXwSQHW0
P「なんで後ろにいるんだ」

貴音「あなた様が面妖な顔で思い悩んでいるさまを見て邪魔してはいけないと思っただけです」

貴音「それよりも、何が違うとおっしゃられているのですか?」

P「あぁ、言い方は悪いが響ってもっと空気が読めない感じじゃなかったか?」

貴音「響はやれば出来る子です」

「ダンスも歌も気遣いも出来て女の子らしいです」

美希「響はぐうかわなの!」バンッ


P「ひっ」
66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/03(土) 01:30:37.31 ID:UJXwSQHW0
貴音「これほど言ってもまだ納得できないお顔ですね」

P「だ、だって響っていったらちょっと本能をくすぐる匂いとかほっておけない世間知らずなところとか……」

美希「ちょっと今のハニーはおかしいの。ちゃんと響とお話しなきゃなって思うの」

「本当に変態ですね」

貴音「面妖な……」


P「woo…」
68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/03(土) 01:46:41.34 ID:UJXwSQHW0
貴音「もう一度言わせて頂くと響はやれば出来る子です。ちゃんと響と向き合ってあげてください」

貴音「やる気になった乙女というのはあなた様が思う以上に軟らかく、大きく変わるものです」

P「?まぁ丁度響を送るからその時ちょっと話合ってみるか」

貴音「それがよろしいですね」

美希「いってらっしゃーい、なの」
70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/03(土) 01:59:02.70 ID:UJXwSQHW0
春香「あっ、響ちゃんおはよー!」

「春香!はいさ~い!」

「教えてもらった通りにしたらちゃんと臭いとかKYとか言われなくなったぞ!」

春香「私が言わなくてももともと普段から響ちゃんは皆から好かれてたよ」

「そんなことないさー!ありがとうだぞ、春香!今からレッスン行くけどまた今度教えてほしいんさ!それじゃ!」バイバイ



春香「これでPさんに好かれてる響の個性を消せた」
73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/03(土) 02:04:21.32 ID:UJXwSQHW0
春香「プロデューサーさんは私のもの」

春香「響には悪いけどプロデューサーさんは渡せない!」

春香「こけてプロデューサーさんに抱きしめてもらう!!」

春香「いろんなもの入れたお菓子をプロデューサーさんに食べてもらう!!!」

春香「私しあわせ!!!!」
76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/03(土) 02:10:27.68 ID:UJXwSQHW0
春香「とっても個性的で魅力的な響ちゃん」

春香「Pさんがイジワルしたくなるのも分かっちゃう」

春香「でもこれで晴れて響ちゃんは無個性美少女!」

P「お、春香か。響どこにいったか知らないか?」

春香「響をプロデュース!!まぁトリュフを探せる豚から精肉を待つだけの豚にだけどね!!!」

P・春香「……」



春香「やっべ」
END

元スレ
響「唐揚げ来たのか!レモンこっちにあるぞ!」P「や、やめろ響!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351864490/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑