*

千早「ねぇ、春香」


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 22:44:18.92 ID:r/OblkoVo

私の呼びかけに

彼女は読んでいた本から顔を上げると

どうかしたの? と、静かに訊ねてきた

目の前で読書に集中されていることが

少し……心を揺らしたのよ

なんてことを言うような度胸は私にはなく

逡巡した後

下手な演技のようなぎこちない笑みを浮かべてしまった

彼女はそういうところには敏感で

栞を本に挟むと完全に閉じて私のことを見つめる

疑っているわけではない

でも、少しだけ不安そうな瞳だった


3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 22:57:51.90 ID:r/OblkoVo

なにかあった?

二人だけの静かな事務所では

春香のその女の子らしい声は少し大きく響く

何もないのが正直な話

どうかしてはいるけれど

何かがあったわけではない

でも春香とは仕事でも事務所でも、プライベートでも

仕事が増えるにつれて会う機会が減ってしまっていて

当然、暇がなくて電話すらあまりできない状態

だからこそ……春香は不安になる

どこかで私が大変な目に遭っているのかもしれない

……なんて

4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 23:21:30.21 ID:r/OblkoVo

そう考えて、思わず笑ってしまった

もちろん馬鹿にしたつもりはない

でも春香は少し膨れて

もぅっ!と小さく唸る

その仕草は17歳というには子供らしくて

とても、可愛らしくて

笑いを止めるどころか

それをさらに加速させてしまう

「ちーはーやーちゃん!」

それが気に入らなかったのかもしれない

春香はそんな風に言いながら

唯一私たちを隔てていた机の横を回って私の隣へと座り込み

ちょっとだけ睨んでくる

5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 23:27:58.89 ID:r/OblkoVo

黙って見つめ合うだけの時間

思えば、暇だった頃の私達は

こんな時間は数えられるくらいにしかなくて

数えられるほど記憶に残るようなものではなかった

――のに

今こうしている時間は

例え一瞬であったとしても

忘れることはできそうにない

「っ…………」

だって

すごく痛い。すごく苦しい。すごく……辛い

6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 23:39:13.93 ID:r/OblkoVo

いつからこう思うようになったのか

それに答えるとするならきっと

春香が私の心に空いた大きな穴を埋めてくれた時

私は間違いなくそう言うだろう

「千早ちゃん?」

春香は僅かばかりの怒りを振り払って

心配そうに私を見つめる

でも、それが余計に私を痛めつけていた

不安そうな顔は見たくない

心配そうな顔は見たくない

悲しそうな顔は見たくない

その一心で私はいつもと変わらない笑みを浮かべた

7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 23:43:35.50 ID:r/OblkoVo

「大丈夫よ、春香」

「でも……」

「大丈夫だから」

春香の伸ばした手から逃れるように

ソファの上から立ち退く

本当は春香のそばにいたい

春香のことを抱きしめたい

でも

そうしてしまうと元には戻れなくなる気がして

それがたまらなく怖くて

私はそこから先へと進むことができなかった

8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 23:53:40.90 ID:r/OblkoVo

時間を刻む時計の音が

私達に沈黙という冷却期間を与えない

「なんか……ごめんね」

そして……なぜか春香が謝った

申し訳なさそうに笑いながら

ありもしない罪を錯覚し、背負い込む

「久しぶりだったけど……上手く話を見つけられなくて」

私は黙って春香を見つめる

一転して悲しそうに、申し訳なさそうな春香の姿

それを引き起こしたのが私であるという罪悪感が私の体を縛り上げて

それが余計に私の心を押しとどめる

9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 23:58:23.57 ID:r/OblkoVo

春香の言葉を否定したかった

私が悪い。そう叫びたかった

そしてなによりも

私は貴女がいないとダメだと……伝えたかった

会えない寂しさが、切なさが

どうしようもなく心身を蝕んでいくのだと

正直に話したかった

なのに

溢れていくのは空気ばかりで

言葉になれないそれは春香に届かずに消えていく
10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 00:06:52.75 ID:xkzuxKSgo

「私……そろそろ行かなくちゃ」

春香は残念そうにそう言って

本を鞄へとしまって席を立つ

そのままなら私達はまた会えなくなる

また、話すことが難しくなる

今この時間でさえ

忙しい仕事の合間の偶然の軌跡なのだから

「千早ちゃん、その……私じゃなくても良いから」

春香は少し躊躇ってから

私に背を向けたまま言う

「誰にでも良いから……一人で悩むのだけは止めてね」

「なら……あと少しここにいて」
11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 00:20:02.19 ID:xkzuxKSgo

春香の言葉から数秒も待たずに私の口はそう言い

私の腕は春香を抱きしめていた

「千早……ちゃん?」

「また会えなくなるんでしょう? だったらもうこのまま掴まえておくわ」

私のそのわがままに対して

春香は腕に手を触れて小さく笑う

「それはできないよ。仕事に行かないといけないから」

「……………………」

「……………………」

沈黙

そこに流れる時計の音は

滑らかに一定のリズムを刻み、制限時間を削っていく

「……ごめんなさい」

「なんで千早ちゃんが謝るの?」

境界線を越えた私の心は軽く

春香に対して思うだけだった言葉が漏れ出していく

「さっき……貴女の本に嫉妬していたからよ」

「え?」

「意味もなく名前を呼んだのも、本を読む邪魔をしたかっただけ」
12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 00:26:54.96 ID:xkzuxKSgo

「あははっ……そっか」

その正直な私の言葉を春香は笑う

その声の中には安堵の色が混じる

「どうして笑うの?」

「そりゃ笑うよ。私、本を開いてはいたけどずっと千早ちゃんのことが気になって仕方がなかったんだもん」

「……嘘」

「ほんと」

私の視界に見える春香の耳が

いつの間にか赤くなっていた

「……本当?」

「ほんと」
13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 00:30:34.57 ID:xkzuxKSgo

きっと、私の耳も頬も

顔全体が赤いだろう

そんなことを考えながらも

私は春香の体を手放すどころか

さらに強く抱きしめた

「……………………」

「……………………」

私にも、春香にも

互の表情を見ることはできない

でも見なくてもなんとなく解っていた
15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 00:35:29.45 ID:xkzuxKSgo

「……仕事、行かないとダメよね」

「うん」

「そうよね」

私の声も春香の声も

残念そうに響いて

どこかへと消えていく

「……ねぇ、春香」

「ん?」

「……………………」

言葉に詰まって

黙り込んで

「……また会いたいわ」

「うん」

言い放った言葉は想っていたものとは違っていた

私は結局

一線の先の一線は越えられなかったのだ
16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 00:47:37.24 ID:xkzuxKSgo

でも、それは伝えなくてよかったんだと私は思う

言葉で伝えれば何かが変わる

変わらずにはいられない

だからこそ……伝えなくていい

例え言葉以外で伝わってしまっているのだとしても……

伝えたりはしない

「……ねぇ、千早ちゃん」

「なに?」

「まだ、このままでいいよね?」

春香の小さな言葉

それが今の状態を指すのか

それとも、私たちの関係を指すのか

「ええ、良いわ」

「ありがと、千早ちゃん」

私はそれを考えることもなく答えを返す

どちらにしても

私は拒否する気などなかった

だって春香もまた……今のままの私達を望んでいるのだから

END


元スレ
千早「ねぇ、春香」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1400507048/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑