*

春香「かまってください!」P「かまわん」春香「どっち!?」


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 00:43:13.52 ID:mnABnJOz0

 ………………………… ◇ …………………………

春香(最近はお仕事がキツキツのみっちみちで、事務所に行く暇がなかったので……)

春香(今日はずいぶん久しぶりの事務所です!)

春香『おっはようございま――』

雪歩『どうぞ、プロデューサー』コト

『お、ありがとう』

雪歩『どういたしまして、えへへ』

『……ふぅ……』

雪歩『おつかれさまですぅ』

『いやあ、それほどでも』

雪歩『お仕事、終わりそうですか?』

『出る時間までには終わるよ。それこそ、おしゃべりしながらでも大丈夫』

雪歩『おしゃべり?』

『気晴らしにちょっと付き合ってくれよ。雪歩と喋ってると、のんびりできるんだ』

雪歩『あ、あの、だったら、私、この間掘った穴の中で……』

『うん』

春香『……』

 ………………………… ◇ …………………………


春香「……」テクテク

3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 00:45:51.38 ID:mnABnJOz0

 ………………………… ◇ …………………………

千早『この部分の歌詞の、気持ちの込め方なのですが』

『あー、ここね……』

千早『……プロデューサー、お疲れですか?』

『え?』

千早『今、目元を抑えていらしたので』

『ああ、平気平気』

千早『……』

『画面ずっと見てたから、そのせいでちょっとだけ』

千早『では、少し休憩なさってください。私、アイマスクを持っていますから、使ってください』

『いやでも、その歌詞の』

千早『そんなことはあとででいいです』

『悪いな』

春香『……』

 ………………………… ◇ …………………………


春香「……」テクテク

4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 00:49:03.17 ID:mnABnJOz0

 ………………………… ◇ …………………………

やよい『……』モミ

『……』

やよい『……』モミ

『……やよい』

やよい『……』モミ

『やよい、もういいよ』

やよい『……』モミ

『もういいって。手疲れただろ』

やよい『……まだ凝ってますよ』モミ

『そうかもしれないけど』

やよい『プロデューサーは、いつも私たちのために頑張ってくれてるじゃないですか。だから、お返し、させてください』モミ

『……ありがとうな』

春香『……』

 ………………………… ◇ …………………………


春香「はあ……」テクテク

5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 00:50:40.48 ID:mnABnJOz0

春香「ただいま戻りましたー……」ガチャッ

春香「……」

 シーン…

春香「……」

春香(誰もいない? でも、鍵開いてるし……)


 カタン

春香「!」

春香(給湯室からだ。小鳥さんいるのかな)

 ガチャッ

春香「天海春香、戻りまし……」

「おう」

春香「あ」

6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 00:54:08.33 ID:mnABnJOz0

「おかえり」

春香「あ、はい……ただいま戻りました」

「……」

春香「何の用意してるんですか?」

「紅茶」

春香「紅茶? どうしたんですか、それ」

「雪歩が、たまには違う味のもので気分を変えたらどうかって、茶葉くれた」

春香「そうですか……」

「いる?」

春香「いえ……あ、いや、欲しいです」

「わかった」

7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 00:56:46.24 ID:mnABnJOz0

「……」

春香「……」

「……」

春香「……」

「……」

春香「……」

「……沸かないな」

春香「……」

8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 00:57:23.22 ID:mnABnJOz0

春香「……」

「春香」

春香「はい」

「今日はアレないのか」

春香「アレ?」

「ないのか」

春香「まあ、はい……」

「そういや今日の春香はちょっとテンション低いな」

春香「ええと……」

「なんだ、楽しみにしてたのに。まあいいけど」

春香「えっ?」

「どうした」

春香「楽しみ?」

「ああ」

9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 01:00:09.03 ID:mnABnJOz0

春香「今、休憩中ですか?」

「そうだよ」

春香「せっかくの休憩時間なのに、いいんですか」

「そりゃあ」

春香「え、でも、最近、プロデューサーさん疲れてるみたいだし……」

「まあなあ、少しは」

春香「だったら……」

「だけど、疲れてるからこそ楽しみにしてたんだよ」

春香「そ、そうですか」

「当たり前だ。こういうときこそ春香で遊ばなきゃ」

春香「私『で』?」
10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 01:02:45.40 ID:mnABnJOz0

「さては気を遣ってたな」

春香「そんなこと、ないですけど……」

「けど?」

春香「……考えてみたら、今までプロデューサーさんがゆっくりできる時間を邪魔してたのかも……って、思って」

「邪魔ね」

春香「……」

「わかってないな」

春香「わかってないですか?」

「ああ」

春香「……」

「……」

春香「……いいですか?」

「いいよ」

春香「じゃ、じゃあ、言います! かまってください!」

「かまわん」

春香「どっち!?」
11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 01:06:06.73 ID:mnABnJOz0

「どっちだろう」

春香「はっきりしてくれないと困ります」

「ご想像にお任せします」

春香「そんなぁ、思わせぶりなこと言わないでくださいよ!」

「ふん、ふん、ふふん」

春香「それ、リズム違いますよ」

「そう?」

春香「えへん、本当は、ふーん、ふ」

「沸いたかなー」

春香「……ふーん、ふん、ふ」

「あっまだ沸いてなかった。うっかりだ」

春香「聞いてください!」

「うわっ」
12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 01:09:32.92 ID:mnABnJOz0

春香「もう、そうやってプロデューサーさんは、いつもいつも意地悪するんですから!」

「してないよ」

春香「してます。みんなにはあんなに優しいのに……私のことは、かまってくれないし」

「かまってるだろ」

春香「かまってくださいって言わないと、かまってくれないじゃないですか」

「……どういうこと?」

春香「今日だって、雪歩にはプロデューサーさんの方から誘ってましたよね。私、見てました」

「ああ。拗ねてるのか」

春香「拗ねてないです! ふーんだ」

「矛盾だろそれ」

春香「私、言われたことないのにな。気晴らしにちょっと付き合ってくれよ、なーんて」

「気晴らしにちょっと付き合ってくれよ」

春香「……」

「……」

春香「……そういうことじゃないんですー!」

「ええ……意味わからん」
13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 01:17:52.33 ID:mnABnJOz0

春香「とにかく、プロデューサーさんはもっと私に優しくしてください」

「何言ってんだ。冗談はリボンだけにしろ」

春香「どういうことですか!?」

「これ以上俺が優しくなったら大変だよ。仏様超えるぞ」

春香「あー、罰が当たりますよ、そんなこと言っちゃうと。私知りませんよー」

「パス」

春香「いらないです」

「罰パス」

春香「罰ってそういうものでしたっけ……」
14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 01:27:32.76 ID:mnABnJOz0

春香「プロデューサーさん」

「しない」

春香「まだ何も言ってないじゃないですか!」

「言われなくても大体わかるよ」

春香「え、それって……以心伝心、ってことですか?」

「違う、春香がわかりやすいだけ」

春香「ええー……」

「だって、俺の考えてることは春香にはわからないだろ」

春香「隣の人がめんどくさいなあ」

「あれ。よくわかったな」

春香「めんどくさいから早くレッスン行ってくれないかな。ああめんどくさい、めんどくさい」

「……」

春香「……悲しくなってきました」

「なら言うなよ。俺はそんなこと思ってないよ」

春香「わかってます。本当は、隣の子がかわいいなあ、ですよね!」

「調子乗ってんな」

春香「てへっ」

「……」
15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 01:33:06.28 ID:mnABnJOz0

「春香はさ」

春香「はい」

「やよいや響に並ぶ、元気印のアイドルだけど」

春香「はいっ! いつも明るく楽しく元気よく! 過ごすことが大事ですよ!」

「その割にはへらへら笑うよな」

春香「へらへら!?」

「やよいはにこにこ笑うイメージだろ」

春香「そうですね」

「響はけらけら笑う感じ」

春香「まあ、たしかに……」

「春香はへらへら」

春香「ちょっと待ってください!」
17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 01:38:02.94 ID:mnABnJOz0

春香「も、もっとこう、別の言い方ないですか?」

「んー……へろんへろんとか?」

春香「より悪いです!」

「そうか」

春香「そもそもへろんへろんって、どんな笑い方なんですか……」

「こんな感じ」ヘロンヘロン

春香「私そんな変な顔しません!」

「変な顔だと」

春香「ぜーったい、違います!」

「そこまで言うなら……」

春香「見せますよ! 見てください!」
18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 01:44:15.88 ID:mnABnJOz0

春香「春香さんスマーイル♪」ニコッ

「……」



春香「どうですか?」ニコニコ

「……」

春香「プロデューサーさん?」

「……なんというか……あれだな」

春香「はい」

「春香の笑顔を至近距離で見ちゃだめだな。くらっとくる」

春香「え、えぇ……なん、……ふ、不意打ちで褒めないでくださいよぅ……」

「ほらその顔」

春香「へっ?」

「あ、黙って写メ撮った方がよかったかな。今度はそうしよう」

春香「えっ?」
19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 01:50:57.22 ID:mnABnJOz0

「まあ、へらへらの話はいいとして」

春香「え、私あんまりよくない……」

「春香はいつも笑ってるから、真面目な顔とかしないよな」

春香「しますよ」

「そうかなあ」

春香「だってライブの直前とか」

「知らない」

春香「知らない!?」

「見てない」

春香「見てない!?」

「うん」

春香「ステージ裏まで一緒に来て、励ましてくれるのにですか?」

「記憶にないなぁ」

春香「じゃあいいです! 今からこれも見せますよ、私の真面目な顔!」

「ほう」

春香「はいどうぞ!」キリッ
20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 01:55:08.95 ID:mnABnJOz0

「……」ジーッ

春香「……」ジーッ

「……」

春香「……」

「……」

春香「……」

「……」

春香「……」



春香「…………んふっ」

「はいアウト」

春香「待って!」
22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 01:58:40.21 ID:mnABnJOz0

「何を」

春香「今のはその、笑顔の練習ですから」

「笑ってるじゃない」

春香「笑ってません」

「というか春香、結構最初のうちから口もと緩んでたぞ」

春香「もう一回! もう一回チャンスください! 今度は笑わないです!」

「えー」カチャカチャ

春香「コーヒーメーカーいじらないでこっち向いてください!」

「まあいいけど」

春香「いきます!」キリッ

「ふぅ~↑じこちゃ~ん紅茶飲む?」

春香「っふっ! うふっ、くっ、えほっ」

「はいツーアウト」

春香「ルパン三世はズルいですよぉー!」
23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 02:04:37.43 ID:mnABnJOz0

春香「笑わせないでください!」

「わかったよ」

春香「はぁ……もう、大変……」

「認めればいいじゃないか。真面目な顔はできませんと」

春香「できますからね! 私、やればできる子ですから!」キリッ

「……」ジーッ

春香「……」ジーッ

「……」

春香「……んふふっ、ああダメだ、さっきの思い出しちゃう」

「スリーアウト」

春香「あぁー……」

「できる子じゃなかったな」

春香「うぅ、違うんですよ、プロデューサーさんの顔見てるとなんか笑っちゃって……」

「そして俺のせいかよ」
24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 02:08:52.08 ID:mnABnJOz0

「よしよし、沸いた」

春香「……」

「……」コポコポ

春香「……」

「はい、春香。お待たせ」

春香「……あの、これ、無色透明です」

「ただのお湯だからな」

春香「ただのお湯は頼んでません!」

「そうだっけ?」

春香「そうです」

「まあでも、春香だし」

春香「なんですか」

「……」

春香「何が言いたいんですかプロデューサーさん?」

「ここにティーバッグあるから、ほら」

春香「今そこで茶葉やってるじゃないですか!? 私もそっちがいいです!」
25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 02:12:27.01 ID:mnABnJOz0

「これはカップを温めるために淹れただけで、冗談半分だから気にするな」

春香「半分は本気なんですね」

「春香なら……これくらいぐいっといってくれるんじゃないかって」

春香「いかないです……」

「でも……買い被りすぎだったみたいだな……」

春香「はい」

「……そうだな……」

春香「……」

「……」

春香「……まさか私がっかりされてますか!?」

「……」コポコポ
26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 02:17:15.98 ID:mnABnJOz0

「はい、本物の紅茶」

春香「わあ、ありがとうございます」

「お礼なら雪歩にもな。美味いか」

春香「まだ飲んでないです」

「熱いから気を」

春香「あちっ!」

「つけろよ……」

春香「……」

「……」

春香「……プロデューサーさぁん……」

「アホ春香」

春香「ひどい!」
27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 02:23:22.85 ID:mnABnJOz0

春香「あの、プロデューサーさん」

「ん?」

春香「紅茶を飲んでいると、何かお菓子が食べたくなりませんか?」

「いや別に」

春香「……」

「……」

春香「……」

「ちょっとなった」

春香「……」

「すごくなった」

春香「えへへ、そうですよね。それで私」

「めんどくさ」

春香「そういうこと言わないでください! それでですね、私」

「うん」

春香「クッキー焼いてきましたー! しかも偶然、紅茶味なんです!」

「ゴーヤ味?」

春香「紅茶!」
29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 02:28:20.05 ID:mnABnJOz0

春香「もう、今度は本当にゴーヤ味作ってきますよ」

「貴音しか食べないと思うぞ」

春香「ですよね……」

「さ、仕事に戻るかー」

春香「ちょっ待っWait!」

「なんだ? 頑張っていきたいのか」

春香「Go My Wayじゃなくて! どうして、どうして今からクッキー出そうとしてるのにどっか行っちゃうんですか……」

「……悪かったよ。紅茶味のクッキー、くれるのか?」

春香「はい! プロデューサーさん、手を出してください」

「ん」
30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 02:31:36.85 ID:mnABnJOz0

春香「じゃーん! ほんのりピンクのハート型ですよ!」

「綺麗だな」

春香「えへへへ……どうぞ、召し上がれ♪」

「いただきます」ポイッ

春香「わ、まるごと」

「割るよかいいだろ」

春香「……どうですか?」

「うーん……」

春香「面白くなくていいので、率直な感想くださいね」

「じゃあ美味しいよ」

春香「じゃあ!?」

「春香が作ったんだから美味しいに決まってるだろ。ふざけるな」

春香「なんでちょっと怒ってるんですか!?」
31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 02:35:12.66 ID:mnABnJOz0

「さてと、ごちそうさまでした」

春香「あ、いえ」

「俺は仕事に戻るけど、春香はどうする? もうレッスン行くか?」

春香「んー……」

「……」

春香「……せっかく事務所にいられるんですから、まだゆっくりしてたいです」

「ならもう少しおしゃべりしようか」

春香「えっ?」

「しばらく付き合ってくれよ。春香と話すのは楽しいし」

春香「えっ、えと、はい!」

「立ち話続けるのもなんだから、向こう行ってさ」

春香「はい! たくさんおしゃべりしましょうね! じゃ、さっそく!」

「おい待て、こんなとこでスキップするな。転ぶぞ」

春香「あっ、わっ、わわわっ!?」

 ドンガラガッシャーン

「言わんこっちゃない……」
32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 02:37:17.78 ID:mnABnJOz0

―――

――




―――机の下


真美「……行った?」

亜美「……行った」

真美「……」

亜美「……」

真美「すごかったね」

亜美「兄ちゃんのカップにこのバニラんっふっふーを入れるだけの作戦だったのに……」

真美「まさかはるるんが来るとは……」

亜美「……」

真美「……」

亜美「どうする? 飲む? これ」

真美「戻しとこうよ」

亜美「そーだね」
33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/09(水) 02:38:44.56 ID:mnABnJOz0



――

―――


春香「プロデューサーさーん」

「なんだよ」

春香「今度はスコーン、焼いてきますね!」

「期待してるよ」

春香「はい! 期待してください!」

「まあ、その今度はいつになるかわかんないけど」

春香「そうですね……でも私、そのときを楽しみにしてますから」

「そっか」

春香「次会ったときは、また」

「うん」

春香「かまってくださいね!」

「わかった」

春香「どっ……ええっ!?」


おわり


元スレ
春香「かまってください!」P「かまわん」春香「どっち!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404834097/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑