*

モバP「もう嫌だ」


1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 19:58:45.25 ID:Q0JXO1oi0

モバP「もう嫌だ」

ちひろ「急にどうしたんですか?アイドルも皆トップクラスになって、今がまさに稼ぎ時ですよ?」

「俺はこの事務所、プロデューサー業をやめさせてもら..」

ちひろ「何か言いました?」ニコニコ

「ああ!俺は、この事務所をやめ」

ちひろ「今までのドリンク代…イベント代を一括請求しますよ?」

「俺が間違ってました。」

鬼!悪魔!ちひろ!
千川ちひろ


2:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 20:00:07.31 ID:Q0JXO1oi0

ちひろ「プロデューサーさんはやっぱりこうじゃなきゃ♪」

「なんて言うわけねえだろうがぁー!!」

ちひろ「…ちなみに利子を含めてこれだけの額ですよ?それに、その他にアイドル達の為の…」

「金ならここにある!」

ドンッ!

ちひろ「なぁ!!」

「とういうわけで、俺はこの事務所を」

ちひろ「ま、待ってください。これだけの額…強盗でもしないとプロデューサーさんのお給料じゃ絶対」

「売ったのさ」


3:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 20:02:28.66 ID:Q0JXO1oi0

ちひろ「う、うったってまさか…」

「もちろん俺の体だ」

ちひろ「ま、まさか…」

「ああ、俺の給料じゃ絶対無理だ。けどな、体ならどうだ?」

ちひろ「け、けど」

「ドリンクだけで馬車馬のように働けるこの体を売ったのさ!!」

ちひろ「そんな!(ドリンクが裏目に…)」

「と言うわけで俺はもう行きます。俺を買った人が待っているので」

ちひろ「ま、まって!」

「なんですか?」



5:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 20:04:03.23 ID:Q0JXO1oi0

ちひろ「そ、その…売るって…嘘ですよね、わ、私…ショックで泣いちゃいますよ」

「何十人もプロデュースして年収400万以下、食事はドリンクのみの俺の方が泣きたいですよ。」

ちひろ「け、けど…」

「しつこいですね。辞表はもう出しました。千川さんとはもう他人です」

ちひろ「そ、そんなぁ…「ちひろさん…なにしてるの?」」

ちひろ「何って、私のプロデューサーさんを引き留め…」

「プロデューサーは今、私のだよ。」

「凛!」

「来るの遅いから迎えに来ただけ…ほら、早くいこうよ」ギュッ

「ああ。」

ちひろ「行くって…まさか凛ちゃんが!?」

渋谷凛(15)
渋谷凛(15)


8:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 20:07:37.94 ID:Q0JXO1oi0

「ちひろさん、またね。プロデューサー、手…」

「ほれ」

「ん…暖かいね」

「凛もな」

「もう///」

ちひろ「ちょ、ちょっと待って!凛ちゃんが…プロデューサーさんを買ったの!?あんなに大金で!?」

ちひろ「ちょっと、答えてください!!」

「時間が惜しいのに…」

「ココは説明しといたほうが良いんじゃないか?千川さんもしつこそうだし」

「プロデューサーがそういうなら…」

ちひろ「じゃあ話してくれるのね」



9:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 20:08:56.84 ID:Q0JXO1oi0

「買ったのは私であって私じゃないよ。私が買えたのは今日を含めて1週間」

ちひろ「1週間…じゃあ、1週間経ったらプロデューサーさんは戻ってくるのね?」

まゆ「次はまゆの番ですよ…まゆ、いっぱい…いっぱい、Pさんとリボンで繋がりたいです…うふ」

ちひろ「ま、まゆちゃん!?」

まゆ「その次は」

美優「わ、私です…すみません」

「その次はオレな。はやくPとサッカーしてぇなぁ~」

幸子「それよりカワイイボクとデートのほうが良いですよね!プロデューサーさん♪」

「待てって、ちゃんと約束は果たすから。とりあえず、今週は凛。だろ?」

「そうだよみんな。順番守らないと私、後で邪魔するよ」

佐久間まゆ(16)
佐久間まゆ(16)

三船美優(26)
三船美優(26)

結城晴(12)
結城晴(12)

輿水幸子(14)
輿水幸子(14)

10:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 20:11:30.71 ID:Q0JXO1oi0

まゆ「それはまゆ…こまっちゃいます。だからまゆ…待ってますね」

ちひろ「ま、まさか…」

「ええ。話を聞いた俺のアイドルたちが、俺を千川さんから解放してくれたんです」

ちひろ「そんな…だって、アイドルの子たちだって、プロデューサーさんが辞めればデメリットが」

「Pを1週間独り占めできるんだぜ?デメリットなんてねーよ」

ちひろ「け、けど」

まゆ「アイドルとプロデューサーじゃなくなる…うふ♪」

美優「これで…壁は無くなりました」

ちひろ「で、でも…」


12:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 20:12:06.80 ID:Q0JXO1oi0

「ちひろさんしつこいよ。時間もないし、私たちもう行くね」

「じゃあ、みんなまたな。」

「じゃーなー!新品のボール用意しとくぜ」

まゆ「Pさんを買ったの…まゆたちだけじゃないのが残念ですね。」

幸子「そうですね。次に会えるのが…だいぶ先なのが辛いです。まったく、カワイイボクを待たせるなんて」

美優「ココに来ていない人も、お金を出しているから」

まゆ「短時間でも…Pさんとはできます…うふ」

ちひろ「そ、そんな…じゃあ、Pさんはもう」

まゆ「お金ってすばらしいですよね…」

14:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 20:16:22.92 ID:Q0JXO1oi0

ちひろ「い、いきなりなにを」

まゆ「だって…ちひろさんのおかげで、今のPさんならお金で買えます…うふふ」

ちひろ「お金で、Pさんを…けどそれって」

美優「それがたとえ…歪んだ愛情だとしても」

幸子「ボクたちはPさんを愛してますから!」

まゆ「Pさんを奴隷のように扱うちひろさんは…もうPさんとは無関係、部外者ですよね?」

「だから外野は黙っててくれよ。あいつはもうあんたのものじゃないんだぜ?」

美優「これからはあの人を…私たちが守ります。」

ちひろ「そ、そんな…でもそれなら私」

美優「あ、ちひろさんはPさんを買うことはできませんよ。」

ちひろ「なんで…お金なら、ほらここに」

美優「あの人の…唯一のお願いですので」

まゆ「今頃…Pさん…何をしているかしら」

15:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/31(月) 20:17:35.19 ID:Q0JXO1oi0

~~~~~~~~~~~~~~

「まずは買い物…ね?」

「俺は何処へでもついて行くぞ。」

「じゃあ私、ペットショップがいい。」

「ペットショップ?ああ、ハナコの買い物か?」

「ふふ、何買うか聞きたい?」

「ああ、興味はあるよ」

「プロデューサー♪」

「なんだ?ご機嫌だな」

「プロデューサーは何色が好き?」

終わり

元スレ
モバP「もう嫌だ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396263525/

Comment

  1. 匿名 より:

    ひぇ・・・裏山c
    ちひろさんかわいそす、ま愛情が有ってもそれが伝わらないと意味がないんやで

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑