*

モバP「アイドルたちと仲良くなれるなんてこと、ありえない」

公開日: : 鬱・胸糞 , ,


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 16:58:52.14 ID:wcDoo3+JO

――事務所――

「おはようございます」

「おはようございます。プロデューサー」

「おう。まだ凛だけか?」

「……渋谷」

「あ、ごめん……渋谷。他のみんなは?」

渋谷凛(15)
渋谷凛(15)


4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 17:03:03.01 ID:wcDoo3+JO

「……まだ学校じゃない。私は今日早く終わったから」

「そうか……」

「……」

「……」ペラ

「……」ポリポリ

「……さて、データまとめるか……」


5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 17:06:26.12 ID:wcDoo3+JO

「……」カタカタ

「……」ペラ

「……なぁ渋谷、最近はどんなものが高校生の間では流行ってるんだ?」カタカタ

「それ聞いてどうするの」ペラ

「え、いや……そうだな。ごめん、なんでもない……」

「……」ペラ


6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 17:10:28.32 ID:wcDoo3+JO

ガチャ

卯月「おはようございますっ」

未央「おはようございまーす!」

「! 卯月、未央おはよう」スッ

卯月「凛ちゃん今日早いね!」

未央「珍しいですなぁ」

「学校、早く終わったから」

卯月「そうなんだ! 私のところはテスト勉強期間なんだよね……」

「ふふっ……卯月は勉強そんなに得意じゃないもんね」

島村卯月(17)
島村卯月(17)

本田未央(15)
本田未央(15)


7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 17:17:28.41 ID:wcDoo3+JO

未央「しまむーは駄目だなーははは」

「未央のほうが、もっと得意じゃないでしょ?」

未央「ぎくっ……えへへ、バレてた?」

卯月「未央ちゃん、一緒に凛ちゃんに教えてもらおう!」

未央「そうしよう! 凛先生、よろしくお願いします!」

「ええ? まあ……いいけど卯月の方は基礎しか教えられないよ」

卯月「十分だよ!」

「ふふっ……なら、いいけど」

卯月未央「わーい!」

「……」


9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 17:27:51.38 ID:wcDoo3+JO

「……島村、本田。おはよう」

卯月「あ、プロデューサーさん……おはようございます」

未央「おざまーす」

「ハハ……本田、もっとしっかり言わないと」

未央「あ、うん……ごめんなさい……おはようございます」

「あ、いや怒ってるわけじゃなくてな。しっかりと言わないとアレだから……」

未央「うん……」

「……」

15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 18:07:48.38 ID:wcDoo3+JO

「……さて三人揃ったし、レッスン場に行こうよ」

卯月「そうだね。ライブも近いし」

未央「じゃあレッスン場に出発しよー!」

「すぐ近くでしょもう……」スタスタ

未央「あ、すぐ近くと言えば最近この近くケーキ食べ放題のカフェ出来たんだよ」 スタスタ

卯月「えー! そうなの? どこ?」 スタスタ

「この辺なかったもんね。カフェ」

未央「あのねー……」

ガチャ

バタン

20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 18:35:52.62 ID:wcDoo3+JO

「……中々仲良くなれないな……」

「一回りくらい違う女の子だもんなぁ……仕方ないことかも知れないけど」

「……」

「嫌われてるわけではないと思うんだけどなぁ」ポリポリ

「……はぁ」カタカタ

21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 18:42:34.22 ID:wcDoo3+JO

ちひろ「どうしたんですか?」ヒョコ

「うわっ!」バッ

ちひろ「そんなにビックリしなくても……」

「す、すみません。どこに居たんですか?」

ちひろ「給湯室ですけど……」

「そうですか……」

25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 19:26:06.20 ID:wcDoo3+JO

ちひろ「またアイドルたちのことでお悩みですか?」

「……はい」

「あの、ちひろさん」

ちひろ「はい?」

「俺って、やっぱり変なところありますかね……?」

ちひろ「え? うーん……」
30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 20:31:14.19 ID:pNQzJiloO

ちひろ「別にないと思いますけど」

「そうですか……」

ちひろ「ふふっそんなに彼女たちとの距離感が気になりますか?」

「まあ……一緒にこれからもやっていく仲間ですしね」

ちひろ「そうですね……でも」

ちひろ「アイドルと物凄く仲良くなんて、そんなことは現実じゃありえませんよ」クス

「それはそうですけど……でももうちょっとだけ距離が縮まっても……」

31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 20:34:18.66 ID:pNQzJiloO

ちひろ「気持ちはわかりますけど……」

ちひろ「やっぱり年上の男の人とは、そんなに仲良くなりにくい、接しにくいというのはあると思いますよ」

「確かに気まずい空気が話すときはあります……」

ちひろ「あんまり気にしないでください。嫌ってるわけではないと思いますから」

「はい……」

33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 20:37:06.35 ID:pNQzJiloO

ちひろ「アイドルとプロデューサーの距離感なんて、こういうものです」クス

ちひろ「逆に、これくらいに保たないと駄目なくらいですよ。間違ったことがおきては駄目ですし」

「仲良くなりすぎても、問題もありますもんね」

ちひろ「はい。それにアイドルじゃないですけど、他の女性なら仲良くなれるかも知れませんよ?」

「……」

34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 20:38:39.76 ID:pNQzJiloO

ちひろ「え、スルーですか?」

「ふふっ……それって、ちひろさんのことですか?」

ちひろ「え、まぁ……はい」テレ

「あははっ」

ちひろ「な、なんで笑うんですか! 私はPさんのことを思って!」

「はは……ありがとうございます。ちひろさん」ペコ

36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 20:41:39.78 ID:pNQzJiloO

ちひろ「あ、いえ……どうも?」

「そうですよね。俺には同僚の頼りになる事務員兼アシスタントさんがいるんでした」

「なんだか楽になりました。だから、ありがとうございます」ペコ

ちひろ「い、いえ! そうですよ? 私も頼りにしてるんですから、Pさんもドンドン頼ってくださいよ」

「はい」

ちひろ「えへへ……」

「……よーし、やる気でてきた!」

37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 20:43:38.67 ID:pNQzJiloO

ちひろ「それは良かったです♪」

「……あ、ちひろさん」

ちひろ「はい?」

「今日、良かったら飲みに行きませんか?」

ちひろ「! もちろんです! ご一緒させてください」

「よかった。じゃあ仕事終わったらいつもの店に行きましょう」

ちひろ「はい♪ あそこ美味しいし安いですからね!」

「ちひろさんはすぐお金のことになるなぁ」クス

ちひろ「ひ、ひどいですね!」

「ははは……」

38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 20:44:31.06 ID:pNQzJiloO

―――

――



40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 20:52:33.72 ID:pNQzJiloO

――――

ちひろ「Pさん、今日新しくスカウトされたアイドル候補生の方が事務所にくるみたいですよ」

「了解です。名前は?」

ちひろ「高垣楓さんです」

「わかりました。会って色々説明しますね」

ちひろ「忙しいのに、急にすみません」

「いえいえ」

コンコンコン
57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/12(土) 11:56:58.24 ID:6FynpkewO

「来たいみたいだ。はーい!」

ガチャ

「おはようございます」ペコ

「おはようございます。高垣楓ですよね?」

「はい」

「さっそく活動の説明をしますので、どうぞこちらに」

「ありがとうございます」スッ

高垣楓(25)
高垣楓(25)

58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/12(土) 12:00:38.52 ID:6FynpkewO

「……」スタスタ

「……」スタスタ

「……」

「あの……」

「あ、はい?」

「ネクタイ、曲がってますよ?」

「え! あ、すみませんっ」スッ

「ふふっ……」スッ

60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/12(土) 12:04:13.44 ID:6FynpkewO

「あ……」

「はい、直りましたよ」

「ありがとうございます……お恥ずかしい限りです……」

「いえいえ。すこし抜けてるんですか?」

「いや……まあ、はい。すみません。これから頼りないかも知れないですが……」

「ふふ……事務所の中ですし、気にしませんよ。それに……」

61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/12(土) 12:08:43.66 ID:6FynpkewO

「すこしくらい抜けているほうが、なんとなく身近に感じますし、嬉しいですから」

「! そういってもらえると……ありがたいです」

「ここの事務所に来るときに、どんな人がプロデューサーなんだろうって、少し緊張してたんですよ?」

「そうなんですか?」

「はい」クス

「生真面目で厳しい人だったらどうしようって」

「それは心配になりますよね」クス

65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/12(土) 12:41:38.32 ID:6FynpkewO

「でもやさしそうな人でよかったです。私の想像してたプロデューサーとは違って」

「はは」

「私、プロデューサーとならうまくやっていけそうな気がします。なんとなく」

「なんとなくでも、嬉しいです」

「僕も高垣さんをトップアイドルに出来るよう、一生懸命頑張ります」

「楓でいいですよ。これから一緒に活動するんですし……」

66:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/12(土) 12:48:42.10 ID:6FynpkewO

「! え、いいんですか?」

「? はい」

「……じゃあ楓さん。これからよろしくお願いします」

「はい♪ 説明、よろしくお願いします」ペコ

「はい!」

67:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/12(土) 12:51:43.08 ID:6FynpkewO

――――

「と、こんな感じです」

「なるほど……」

「今日はレッスンの予定も、なにも入っていないので、本格的に動くのは明日になりますね」

「はい。わかりました」

「説明はここまでなので、今日はこれで終了となりますが……」

「はい……あ、他の子っていまレッスンしてますか?」

68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/12(土) 12:55:41.18 ID:6FynpkewO

「はい。やっていますよ」

「帰る前に少し様子を見させてもらってもいいですか?」

「全然大丈夫ですよ。じゃあ案内しますね」スッ

「あ、さっき説明してもらったのでわかります。プロデューサーがいない素の状態をみてみたいので」

「あんまり変わらないと思いますが……楓さんがそういうなら、わかりました」

69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/12(土) 13:02:20.25 ID:6FynpkewO

「ありがとうございます」

「いえいえ」

「それじゃあ、また明日の朝来ますのでよろしくお願いします。お疲れ様でした、プロデューサー」ペコ

「はい。お疲れ様です」

「では……」

ガチャ

バタン
81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 19:42:10.52 ID:+sYgv5nMO

「……」

「~♪」カタカタ

ちひろ「機嫌が良さそうですね、Pさん?」ヒョコ

「!? 」ガタッ

「びっくりした……」

ちひろ「そんなに驚かなくてもいいじゃないですか」クス

82:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 19:49:10.30 ID:+sYgv5nMO

「あ、すみません……」

ちひろ「いえいえ。なにかあったんですか?」

「はい。楓さんと少し話が弾んで……」

ちひろ「楓、さんですか……」

「はい。なんだか明日からのプロデュースに気合いが入ったというか……」

「今までがなかった訳じゃないですけど」クス

「少し仲良くなれた気がするだけですけど、頑張ろうって思えたんです」

83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 19:53:23.08 ID:+sYgv5nMO

ちひろ「そうですか……」

ちひろ「良かったですね♪ 前からアイドルとコミュニケーションが取りにくいって言ってましたもんね」

「はい。だから嬉しくて」

ちひろ「でも、前も言いましたけどあんまり仲良くなりすぎちゃ駄目ですよ?」

「それはもちろんです」

ちひろ「問題がでたら困りますからね。Pさんが嬉しいのはわかりますが」

「はい!」

84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 19:57:29.06 ID:+sYgv5nMO

「さて、渋谷たちとデータ整理もあるし、楓さんの準備もしないと」スッ

ちひろ「あ、お茶いれてきますね」

「ありがとうございます」カタカタ

ちひろ「……」スタスタ

「~♪」カタカタ

85:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 19:58:13.59 ID:+sYgv5nMO

―――

――



86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 20:01:56.06 ID:+sYgv5nMO

「おはようございます!

「おはようございます、プロデューサー」

「今日はさっそくレッスン場で動きの様子をみますので、よろしくお願いします」

「はい」

「あ、プロデューサー」スッ

「はい? どうしたんですか手挙げて……」

「わからないこととか、すぐ聞いてもいいですか?」

「勿論ですよ。逆に聞きまくってください。それも僕の役目ですし」クス

87:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 20:05:15.34 ID:+sYgv5nMO

「わかりました。困っちゃうくらい聞きますね?」

「え、はい……」

「冗談ですよ♪ プロデューサー」

「びっくりさせないでください……」

「ふふっ」

89:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 20:09:36.78 ID:+sYgv5nMO

――レッスン場――

「あ、渋谷お疲れさま」

「プロデューサー……お疲れさまです」ペコ

「今日は隣で楓さんの動き見るから、邪魔になったらごめん」

「ううん。大丈夫」フリ

「ありがとう。レッスン止めて悪かった。再開してくれ」

「はい」

91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 20:15:57.14 ID:+sYgv5nMO

「まずDVDでダンスを流します。一回か二回見たら軽く映像と同じ動きをしてみてください」

「はい」

「それじゃあ流しますね」カチ

「……」ジー

「……ここでDVD鑑賞もできそうですね」ジー

「」ズコ

93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 20:18:15.44 ID:+sYgv5nMO

――――

「今日はびっくりしましたよ! ダンスも悪くないし、なにより歌がとても素敵な歌声で……」

「ふふっ……ありがとうございます♪」ペコ

「うん。これならアイドルとして人気もすぐ出ますよ!」

「レッスンを重ねて、早く楓のファンがたくさん出来るよう、頑張りましょう」

「はい♪」

94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 20:21:01.92 ID:+sYgv5nMO

「あ……プロデューサー今日の予定って……」

「僕ですか? 今日は事務処理して終わりですけど」

「そうですか……あの、もし良ければ……飲みに行きませんか?」

「え、お酒ですか?」

「はい♪ 私、お酒結構好きなんですよ」

「そうなんですか! 意外だなぁ」

95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 20:27:51.75 ID:+sYgv5nMO

「事務処理なら、私待ちますから」スッ

「そうですか? すみません。じゃあすぐ終わらせますね」カタカタ

「そうか、楓さんはもう成人してますもんね。お酒の席ってなかなか考えたことなかったな」カタカタ

「未成年の子が、ほとんどですもんね」

「はい。ちひろさんとしか行ったことないですから、なんだか楽しみです」

「私もですよ♪」

「よーし、早く終わらせなきゃ!」

「♪」

96:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 20:32:10.42 ID:+sYgv5nMO

――――

アリガトーゴザイマシタ

ガララララ

「ふう……楓さん結構飲むんですね。お酒もいろんな種類知ってましたし」

「ふふっ……焼酎なんかも、しっちゅう飲みますよ♪」

「あははっ」

「♪」



「じゃあ僕こっちなので、お疲れさまでした、楓さん」ペコ

「はい、また明日もよろしくお願いします」ペコ

97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 20:33:56.96 ID:+sYgv5nMO

「じゃあ……」

「あ!」

「?」

「また必ず行きましょうね? プロデューサー」

「はい!」

「それでは」フリ

「また明日」フリ

98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 20:36:44.48 ID:+sYgv5nMO

「……」

「……♪」スタスタ

「楓さんとは、すごくいい関係で活動できそうだ」

「早く渋谷たちみたいに大勢のファンの前でライブをさせてやりたいな」

「楓さんは才能がすごくあるし、あとは俺がもっと頑張れば……」

「よーし、明日からも頑張るぞ~!」


100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 20:39:16.76 ID:+sYgv5nMO



ちひろ「……へぇ」チラ




103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/14(月) 20:43:01.30 ID:+sYgv5nMO

――――

ガチャ

「おはようございます」

ちひろ「おはようございます♪ 楓さん」スタスタ

「? プロデューサーは?」

ちひろ「電車が遅延してるみたいです」

「そうなんですか……じゃあ、待ってますね」スッ

ちひろ「あ、楓さんに少し話があってですね……」

「……? なんでしょう」

ちひろ「……」ズイ

「……!」ビク

116:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 22:14:23.48 ID:RUgLbWKSO



ガチャ

「すみません、遅くなりました!」



「……」

「あ、楓さん。昨日はありがとうございました」

「……えぇ」

「また、よろしくお願いします」

「……」フイ

「……?」


118:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 22:17:44.65 ID:RUgLbWKSO

「今日は昨日の動きをもう一回見ますね。それから曲を歌ってもらって……」

「あ、先に朝のうちにやるデータ処理があるので、少し待っていてもらえますか?」

「……」

「……? 楓さん?」

「すみません……私のこと名前で呼ばないでもらえますか……?」


「え……」


119:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 22:20:18.34 ID:RUgLbWKSO

「え、あは……えと……?」ポリポリ

「高垣と、呼んでください……」

「な、なんで……ですか楓さん?」

「お願いしますっ……名前で呼ばないでください……っ」ペコ

「っ……」

「は、はい……わかりました……」


120:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 22:25:10.30 ID:RUgLbWKSO

「じゃ、じゃあ……データ処理するんで待っていてください ……高垣さん」

「――私、先にレッスン場行ってますね! ここにいると迷惑かかってしまうかもしれないので……」

「ちょ、ちょっと! 迷惑だなんて、」

「……っ すみませんでした! ……私、プロデューサーに二度と迷惑かけませんから……飲みになんて、誘いませんから……!」ペコ

「そんな……!」


121:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 22:26:47.62 ID:RUgLbWKSO

「いや僕は――」

「それじゃあ――!」ダッ

ガチャ

バタン





「……」ポリ

「……はは。なんかしちゃったかな、俺……」


122:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 22:29:39.31 ID:RUgLbWKSO

「――っ」

「データ処理、しないとな……」スッ

ちひろ「Pさん、どうしたんですか?」

「っ……ちひろさん……おはようございます……」

ちひろ「おはようございます♪」

ちひろ「……なにかあったみたいですね?」

「あはは……俺にもなにがなんだか……」


123:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 22:31:59.77 ID:RUgLbWKSO



「さっき楓さん……高垣さんに名前で呼ばないでって言われまして……」

ちひろ「……」

「せっかく、仲良くなれたと思ったのになあ……」

ちひろ「ふぅん……そうなんですか」

ちひろ「逆に良かったじゃないですか?」

「良かったって……」


124:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 22:34:35.08 ID:RUgLbWKSO

ちひろ「Pさんはプロデューサーなんです。アイドルの子たちと関係をもって、なにか問題を起こしてしまったらまずいんです」

「……」

ちひろ「もしかして、楓さんと昨日どこかにいきましたか?」

「飲みに……」

ちひろ「あぁ、ダメですよPさん、飲みになんて」

ちひろ「アイドルと一対一で飲むなんて、スキャンダルになりかねませんよ」


125:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 22:36:23.98 ID:RUgLbWKSO

「でも、まだ」

ちひろ「今はアイドルに成り立てでそんなことないかもしれない。けどこれから人気がでて、一緒にいったらまずいでしょ?」

ちひろ「何回も行ってると習慣になりますし……一回でやめて正解ですよ」

ちひろ「これは、楓さんのこれからの為なんですよ」

「これからのため……」

ちひろ「はい♪」


127:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 22:40:07.83 ID:RUgLbWKSO

ちひろ「楓さんとも凛ちゃんたちみたいな距離感が丁度いいんですよ。プロデューサーとアイドルの関係としては理想的です」

「……」

ちひろ「現に凛ちゃんたちは今人気がかなりありますが、スキャンダルになったことは一度もありません。これはファンたちからも絶大な信用を得ていることでもあります」

「確かにそうですね……俺がやったことは、高垣さんの将来を潰しかねなかったかもしれない……」


130:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 22:44:11.14 ID:RUgLbWKSO

ちひろ「でもPさんはこれからはそんなことはしない。高垣さんや凛ちゃんたちのためにも、ね」

ちひろ「そうですよね? Pさん」

「……はい」

「アイドルと仲良くなろうとしていたけど、それが彼女たちにとって邪魔になるのならしないほうがいい」

ちひろ「……♪」

「はあ、なにしてたんだろう俺」

ちひろ「早めに気づけてよかったじゃないですか!」


132:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 22:51:49.91 ID:RUgLbWKSO

ちひろ「それに……前も言いましたが、私ならいくらでも付き合いますから♪」

ちひろ「飲みにもプライベートで遊ぶのも♪」ズイ

「あ、ありがとございます……」

「……渋谷たちにも悪いことしたな。謝らないと」

ちひろ「ふふ……あ、Pさん今日飲みにいきますか?」

「え? 別にいいですけど」

ちひろ「楓さんと飲んだところ行きましょうよ。良いところだったんじゃないですか?」

「そうですね。凄く飲みやすいお店でした。じゃあ今日行きますか」

ちひろ「はい♪」


135:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 22:56:48.46 ID:RUgLbWKSO

「あ、そろそろ仕事やらないと……」

ちひろ「じゃあ私お茶いれてきますね」

「お願いします」ペコ

ちひろ「はーい」タタ

「……」

「迷惑かけるかもしれない、か……」

「高垣さんに迷惑かけそうになったのは俺なのに、どうしてあんなこと……」

「気にしても仕方ないし、いいか……」


136:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 23:04:37.43 ID:RUgLbWKSO

「俺にはちひろさんみたいな良い同僚もいるんだよな」カタカタ

「ちひろさんには毎回教えられるというか、俺の自覚が足りないせいで迷惑かけているけど……」カタカタ

「 ……アイドルたちやちひろさんに迷惑かけないためにももっと頑張ろう」

「……」カタ

「……」




「アイドルたちと仲良くなれるなんてこと、ありえない」ポロ


137:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/15(火) 23:05:24.56 ID:RUgLbWKSO

――――――

終わり


元スレ
モバP「アイドルたちと仲良くなれるなんてこと、ありえない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405065532/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑