*

モバP「はぁ……智絵里達になんて言えばいいんだ……」


1:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 08:32:22.65 ID:IqYbmzE2o

「まさか研修で他のプロダクションに行くことになるとは」

「期間は2ヶ月程度らしいけど」

「2ヶ月間もみんなに会えなくなるなんて……俺だって寂しくてもう死にそうなのに」

「はぁ……智絵里達になんて言えばいいんだ……」


2:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 08:38:23.33 ID:IqYbmzE2o

「あ~行きたくないよ~っ!!」ジタバタ

ちひろ「あぁ!! うるせぇ!」バンッ

「ちっひー! どうにかしてくれぇ」

ちひろ「私にはどうにもできませんよ……社長が決めたことですからね」

「そうですけど……」


3:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 08:40:30.40 ID:IqYbmzE2o

ちひろ「Pさんがそんなんじゃ、みんなもも動揺しちゃいますよ。どうせいくんだかしっかりしてください」

「ですよなあ……」ズーン

「……ちなみに、ちひろさんは寂しいですか?」

ちひろ「5割」

「なにそれ……」


4:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 08:48:43.01 ID:IqYbmzE2o

ちひろ「まあ、静かになるっていうメリットがまず5割ですかね」

「……」ズーン

ちひろ「それから、やっぱり少し寂しい気もするので……それがもう5割」ポリポリ

「!!」

「天使がおるぞ!!」バッ

ちひろ「きゃっ……ちょ、ちょっと……」ググ


5:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 08:52:08.55 ID:IqYbmzE2o

「ちひろ! 天使!」ギュー

ちひろ「大袈裟ですね……」ギュ

「俺、全然うれしくない! ちひろさんと、この事務所でずっと一緒に居たくない!!」ギュー

ちひろ「なんでウソ800チック……?」

「なんとなく……?」

ちひろ「もうっ……」ギュ


6:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 09:00:57.59 ID:IqYbmzE2o

「俺、ようやく決心がつきました」パッ

ちひろ「それはよかったですっ」

「よーし、いつかは皆に伝えなきゃいけないんだ。さっさと伝えちまうか!」

ちひろ「はい。みんなわかってくれますよ」

「よーし、じゃあとりあえず誰かくるまで頑張って仕事するぞー!」カタカタカタ

ちひろ「ふふふ……」

10:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 13:39:01.07 ID:CLlcsG2Bo

「」カタカタカタ

ちひろ「フンフーン……」カタ

「マダカナ……」カタカタカタ

ガチャ オハヨウゴザイマース

「……きた!!」バーン!

ちひろ「書類が……」

「おはよう!!」ダダダッ

11:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 13:46:16.50 ID:CLlcsG2Bo

幸子「はい、おはようございます。プロデューサーさん!」

輿水幸子(14)
輿水幸子(14)

「あー……幸子かぁ……」

幸子「ボクが来たからって、そんなに走ってこなくともいいですよ!」

「あ、ちひろさん、お茶俺のもお願いします」ハーイ

幸子「……まったく、カワイイボクを一目でも早く見たいからって……」

「さぁ、アイプロするかな……」ポチ

幸子「ちょっと! 無視しないでください!」

12:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 13:52:29.15 ID:CLlcsG2Bo

「だって長そうなんだもん……」

幸子「ボクのカワイさを語るには、いくら時間あっても足りませんよ!」

「あっそ。さあて……」

幸子「わかりましたよ! 言うのやめますから! ちゃんと話しましょうよ!」

「そゆことなら……幸子は今日レッスンだけか?」

幸子「そうです!ボクのカワイさに磨きをかけますよ!」

「ちょっと時間あるか?」

幸子「まあ……ちょっと早めに来てしまったので……」

15:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 14:00:47.31 ID:CLlcsG2Bo

「じゃあ、ちょっと話しようぜ!!」

幸子「いいですよ! いやあ、ボクと喋れるなんて幸せものですねプロデューサーさん!」

「やっぱやめるかな」フイッ

幸子「ジョーダンですよ! ボクのジョーク、面白かったでしょう!?」

「全然だわ! うりっ!」コチョコチョ

幸子「ちょっ……ふふっ! やめてくださいっ……あははっ」

16:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 14:18:20.72 ID:CLlcsG2Bo

ちひろ「Pさん! ほら目的!」

「はっ……いかんいかん」

幸子「目的……?」

「あぁ……実は大切な話があってな」

「俺、他のプロダクションに研修に行くことになっちまった」

幸子「へ?」

17:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 14:22:08.17 ID:CLlcsG2Bo

幸子「……」

「すまん幸子……もう当分お前をこちょこちょできなくなっちゃう……」

幸子「へ……」

幸子「へぇー」

「え?」

幸子「いや……まあ、よかったですね」

「え?」

20:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 17:55:48.79 ID:CLlcsG2Bo

「それだけ? 泣いてくれないの!?」

幸子「そ、そこまでボクは子供じゃありませんよ!」

幸子「ボクがどうこういっても仕方ないでしょう?」

「確かに……幸子は大人だなあ!」ワシャワシャ

幸子「な、なんですかもうっ……」

「予想してたのとちょっと違うけど、なんだか安心したよ。ありがとうな、幸子」ワシャシャ

幸子「……フフーン! 当然ですよ! ボクは優秀ですからねぇ」

21:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 18:06:39.47 ID:CLlcsG2Bo

「そうかそうか!」

「なんか……安心したらトイレ行きたくなっちゃったわ……」

幸子「ちょっ……デリカシーがないですよ!」

「ごめんごめんっちょっと行ってくるわ~」タッタ

幸子「……ふぅ」

22:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 18:50:51.98 ID:bBo+FMmro

ちひろ「……ねぇ幸子ちゃん」

幸子「なんですか?」

ちひろ「本当は、寂しいんじゃない?」

幸子「……えぇ、けど――ボクが弱音を吐いたら、プロデューサーさん行きにくくなるじゃないですか」

ちひろ「……」

幸子「それは、プロデューサーさんに申し訳ないでしょう?」

ちひろ「……そうね。でも、自分の気持ちはちゃんと伝えた方がいいとおもうわよ?」

「そうだぞ!! ちゃんと言ってくれよ!」

幸子「でも……」

幸子「!?」

23:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 18:57:39.32 ID:bBo+FMmro

幸子「え! プロデューサーさん!?」

「おう。なんかトイレ行く気分じゃなくなったから帰ってきた」

幸子「あ、あの……さっきのは……」

「水くさいぞ幸子。言いたいことがあるなら、はっきりいってくれよ」ポン

幸子「う……ぅ……ちょ、ちょっとだけ……寂しいです」


28:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 19:14:10.14 ID:bBo+FMmro



幸子「プロデューサーさんと、なんだかんだ長い期間一緒にいましたし……」

幸子「だから……」グス

「幸子ー!」ガバッ

幸子「わ!」



24:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 18:58:28.60 ID:bBo+FMmro

幸子「うわっ! セクハラですよ!」

「大丈夫だって! すぐ帰ってくるから!2ヶ月だしな」クルクル

「すぐ帰ってきて、カワイイ幸子と遊びたいからな!」

幸子「っ……ふん! ま、まったくボクのカワイさは罪ですねっ」ポロポロ

幸子「ボクだって、プロデューサーさんと遊ぶの嫌いじゃないですからっ、なるべす早く帰ってきてくださいね」ギュー

「よしよし、まかせとけ」ギュ

25:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 19:02:01.56 ID:bBo+FMmro

「よしよーし……」ナデリ

幸子「♪」

ちひろ「もう昼ですよ……いつまでやってるんですか……」ハァ

幸子「プロデューサーさんがあまりにも名残惜しいみたいなので!」

「幸子~手が疲れたよー行くの2週間後だから今日はもう勘弁して……」

幸子「なにいってるんです! これは義務ですよ!義務!」

「えー」

27:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 19:07:44.48 ID:bBo+FMmro

ちひろ「というか、幸子ちゃんレッスンは……?」

幸子「あ」

「あって幸子まさか……」

幸子「い、いやあ……プロデューサーさんがあまりにも夢中だったので言いそびれたというか……」

「うそつけ! やべえトレ子ちゃんに怒られんぞ!!」

幸子「あ、あはは……」

「よっしゃ乗れ! レッスンスタジオまで走るぞー!」ガシ

幸子「え! ちょっと! ふぎゃーっ」

ダダダッ

ちひろ「まったく、もう……ふふっ」

29:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/01(木) 19:19:55.59 ID:bBo+FMmro

ガチャ

「あー疲れた……」

ちひろ「トレーナーさん、なんて言ってました?」

「こ、困りますよ! 幸子ちゃん。これで3回目だよ!? 」

「て感じでちょっと説教されてました」

ちひろ「1回目も2回目も貴方と遊んでたら遅れたんですけどね……」

「まあ、幸子あたりはたまに遅れて行くくらいがいいんですよ」

ちひろ「どんな考えですか……」

「さあ、そろそろ別の子がー……」

ガチャリ

「ほらね?」

30:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/02(金) 08:50:52.35 ID:KQH7czUCo

くるみ「ふぇ……お、おはようございましゅ……」

大沼くるみ(13)
大沼くるみ(13)

「おう! くるみ、おはよう」

ちひろ「おはようございますっ」

くるみ「今日は、撮影だよね……?」

「そう。2時からな」

「お昼食べてきたか?」

くるみ「うん! ままのご飯!」

「そっか。くるみのお母さんの料理、美味しそうだな」

31:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/02(金) 08:53:51.67 ID:KQH7czUCo

くるみ「おいしいよ! ばらんす? が取れてる食事!」

「へぇ~凄いなあ」

くるみ「ぷろでゅーしゃーも今度食べにくる?」

「え? いいの?」

くるみ「うん! くるみ、ままにぷろでゅーしゃーのことよく話すの!」

くるみ「そしたらね、是非ね、来てほしいーって! だから来てもいいんだよ?」

「おー……」

「魅力的ですな」

35:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/02(金) 20:06:15.37 ID:FQCIPkj6o

くるみ「もしかして、嫌?」グス

「いやいやいや! めっちゃ行きたいホントこれ」

くるみ「えへ……じゃあ、いつくる?」

「んー……2ヶ月後かな……」

くるみ「ふぇ、ふぇえええん! な、なんでそんなに遠くなの!?」 グス

「……いや他のプロダクションに研修に行くことになっちまって……」

くるみ「ぐすっ、けんしゅう……? けんしゅうってなに?」キョトン

36:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/02(金) 20:09:22.30 ID:FQCIPkj6o

「研修っていうのは……えーと今いる場所から離れて、違う場所で勉強することかな……?」

くるみ「ぷろでゅーしゃーいなくなっちゃうの!? いやだよぉ!」ギュー

「わぉ……いや、ごめん……」

くるみ「ぶぇえええん!」バーッ

「うわ! くるみ! なんか垂れてるから! いっぱい垂れてるから!」

くるみ「ふぇ、ふぇえええん! うわぁぁん」ポロポロ

37:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/02(金) 20:11:56.70 ID:FQCIPkj6o

「ほら、ティッシュでチーンてしような?」スッ

くるみ「チーン!」

くるみ「ふぇえええん!」バーッ

「やばいやばい! ほら、もう一回」スッ

くるみ「ズズズ……はぁ……いやだよぉ……」ギュー

「よしよし、けど2ヶ月後には帰ってくるから」ポンポン

38:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/02(金) 20:19:08.57 ID:FQCIPkj6o

くるみ「に、2ヶ月……?」グス

「うん。2ヶ月たったら、すぐ帰ってきてくるみのプロデュース再開してやるからな」ナデナデ

くるみ「ぐすっ……」ギュー

「ほら、くるみ泣かないでくれよ。笑ってるほうがくるみは可愛いからさ」

くるみ「う、うん……」

くるみ「2ヶ月たったら、すぐにかえってくるの……?」

「うん。くるみの家でご飯食べたいしな。すぐ帰ってくるよ」

くるみ「ほ、ほんと?」

「本当」

40:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/02(金) 20:24:28.17 ID:FQCIPkj6o

くるみ「でも……」

「ほら、笑って笑って! こちょこちょ~」コチョコチョ

くるみ「ぷっ、あはは! ぷろでゅーしゃー、なにするの! ぷふっ……」

「ほら、可愛い~ 2ヶ月、お互いにちょっと寂しいかもだけど、くるみの笑顔は俺の力の源だからな。くるみには、笑顔で見送ってほしいんだ」

くるみ「ぷ、ぷろでゅーしゃー……そこまでくるみのこと……う、うんっわかった! 」

くるみ「くるみ、がんばるからね! ぷろでゅーしゃーも、がんばって!!」ニコ

「うん。ありがとう。くるみ……」ナデ

くるみ「えへへっ……」

41:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/02(金) 22:51:24.41 ID:Eo2+4I7ho

くるみ「ぷぷ……ぷろでゅーしゃー……ぷぷっ」

「あのね、無理に笑ってなくてもいいよ? 俺の名前呼びながら……」

くるみ「え、笑顔がたいせつだもん!」

「うん。そうなんだけどね。ちょっと傷つくというか……」

くるみ「ご、ごめんなしゃい……」

「いや、くるみが楽しいならいいんだよ」ナデナデ

くるみ「ぷろでゅーしゃー……だいすきっ」ギュー

「こりゃすばらしい……」

46:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 13:38:29.83 ID:TuZZtwRho

「ふぅ……」

「ほらくるみ、そろそろ撮影だろ? スタジオまで送ってくよ」

くるみ「うん! ぷろでゅーしゃー、行こうっ」 ギュ

「ハハハ、この娘やりおるわ! 」ガチャ

48:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 13:45:41.14 ID:TuZZtwRho

「送ってきました~」ガチャ

みく「あ! Pチャン、お帰りなさいっ」タタッ

前川みく(15)
前川みく(15)

「お、みくがおる」

みく「Pチャン、ちひろチャンから聞いたよ? 研修に行くっていうのはホントなの?」

「これホントなんだな」

みく「もうっ! 決まったら、すぐにみくに知らせてよね! 急にだとビックリするにゃ」ムギュ

「みくのラインなんか知らないけど消えちゃったから、無理だったんだよ」

50:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 13:55:08.10 ID:TuZZtwRho

みく「ひどいにゃ! みく携帯もなにも変えてないよ!」

「まあ、みくにだけ特別送るつもりもないけどね」

みく「Pチャン……みくとPチャンはどれくらいこの事務所で一緒に活動してる?」

「え? んー……だいぶ前かな……俺がプロデューサーに成り立ての頃に、初めて担当したのが確かみくだもんな」

みく「そうにゃ! Pチャンとみくは、もはや旧知の仲にゃ! なにかあったら、ちひろチャンの次に必ずみくに言うのが道理だよ!」

「えー…………智絵里がいい……」

51:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 14:11:28.04 ID:TuZZtwRho

みく「フシャー!! それはなにごとにゃあ!」バリバリ

「いてぇーっ! ヒィ!」サスサス

みく「それはずるいにゃ! 許せないにゃ!」

「仕方ないじゃん! 」

みく「……」ジトー

「よしわかった。今度なんかあったら皆に一斉に送るから! それでいいだろう」

みく「えー……まあ仕方ないかにゃ……」

「まあ確かにみくとは昔から一緒にいるけど、なにもしてやってないな」

みく「そうにゃ。ひどいよ……」

「なあ、研修に行く前に、みくが俺にしてもらいこととかあるか?」

みく「え?」

52:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 14:21:43.02 ID:TuZZtwRho

「いやだからなんかしてほしいこと……」

みく「なんでもいいの!? 」

「お、おう……別に一日どっか行くのとかでもいいぞ」

みく「ホント!?」

みく「まず一緒に猫カフェ行くにゃ!! それからね、それから……」

「フフッ……そんな急がなくてもいいから、ゆっくり考えな」ポンポン

みく「にゃ……うん♪ えっとね、まず朝はね――」

「うんうん」

53:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 14:29:54.16 ID:TuZZtwRho

みく「――えっと……このプラン一番いいけど、帰りが23時くらいにゃ……」

「おいおい、遅すぎるぞ……」

みく「でも……」

「別に帰ってきてからでも続きはいけるからさ。この日に全部突っ込まなくてもいいんじゃないか?」

みく「にゃあ……じゃあ最後やつは削るけど、必ず帰ってからいくにゃ! 絶対だよ!」

「ああ、いいよ」ナデ

みく「やっぱり、Pチャン大好きにゃ……」スリスリ

「ハハハ……そのかわり2ヶ月間、頑張れるな?」

みく「もちろんにゃ! 2ヶ月間なんてあっというまだよ!」

54:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 14:38:45.67 ID:TuZZtwRho

「よーし、みくはこれから収録か?」

みく「うん。もういくよ!」

「送るか?」

みく「ううん。近いから歩くにゃ。Pチャンは研修までの仕事、早く片付けてね?」

「?」

みく「みくと遊ぶとき、仕事が終わってなかったら楽しめないからにゃ!」

「おう、そゆことか! 任せとけ!」

みく「ふふ♪ いってきまーす!」ガチャ

55:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 14:44:20.22 ID:TuZZtwRho

「んー……頑張るかー」

ちひろ「相変わらず、みくちゃんとは息ピッタリというか、仲良しですよね」

「お、嫉妬」

ちひろ「違います!」

「ですよねぇ、まあみくとは長いですから。一番やりやすいです」

ちひろ「でも、ライン消すのはちょっと……」

「あー、それ本当なんですよ?」

「俺が消したわけじゃないですもん。勝手に消えてて……」

56:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 14:46:36.97 ID:TuZZtwRho

「と、いうか……ある日みくだけじゃなくて皆消えたんですけどね……」

ちひろ「皆もですか? 私も?」

「当たり前でしょう」

ちひろ「はぁ……故障ですかね? 」

「さぁ……でも、奇跡的になぜか智絵里だけは残ってました」

ちひろ「……なんて?」

57:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 14:48:42.21 ID:TuZZtwRho

「いや、奇跡的に智絵里だけ残ってました」

ちひろ「……」

ちひろ「ま、偶然か。気を付けてくださいよー? 今度もう一回電話番号確認しときましょうね」

「ほほーい」

ちひろ「なにそのしんちゃんみたいな返事……まいっか」

ちひろ「ほら、仕事しましょ」

――――

――
63:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 18:38:47.76 ID:lYHkBVlRo

「そろそろ~定時過ぎて二時間経ちますなあ」カタカタ

ちひろ「そうですねぇ~」カチカチ

「俺、最近定時で帰れた記憶ないんですけど」

ちひろ「奇遇ですね。私もです」

ちひろ「ですが、貴方はもうすぐ研修に行くんですから、やることいっぱいあるので仕方ないですよ」

「社長が研修いけばいいのに……」

ちひろ「ぶっ飛ばされますよ……」

「智絵里は今日ドラマの撮影で直帰だし、癒しが足りんなあ」カチ

「チラッ」

64:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 18:42:54.81 ID:lYHkBVlRo

ちひろ「なんですか……」

「いや、癒しにならないな……」

ちひろ「おい」

「癒しを越えてますからね!! もはや回復ですよ。チヒール! なーんて!」

ちひろ「そんなあ……照れますよ」テレッ

「なんか負けた気分……はぁ~……そろそろ帰りません?」

ちひろ「あと10分だけ待ってください。これやれば明日楽なので」

「ほーい」

ガチャ!!

65:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 18:45:18.04 ID:lYHkBVlRo

ちひろ「えっ?」


智絵里「はあ、はあ……Pさん!」

緒方智絵里(16)
緒方智絵里(16)

「うわ! 智絵里だ!! 癒しだ、やったー!」ダダッ

ちひろ「チヒールは?」

「お疲れ! 智絵里!」ギュ

智絵里「ひゃぁ……は、はいっ頑張りました……」

66:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 18:48:03.71 ID:lYHkBVlRo

「そうかそうか! で、どうしたんだ?こんな時間に。忘れ物かなんかか?」

智絵里「いえっ、Pさんが研修に行くってラインで送ってくれたので、詳しいこと聞こうと思って……」

「わざわざ撮影後にきたの!? 智絵里はいい子だなぁ」ナデナデ

智絵里「は、はいっ……気になって気になって……」

ちひろ「智絵里ちゃんには、研修の件言ってたんですか?」

67:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 18:50:16.81 ID:lYHkBVlRo

「ええ、ラインで智絵里だけ残ってるなら、伝えとこうと思って」

智絵里「わたしにだけ……ですか?」

「うん」

智絵里「えへへっ……なんだか嬉しいです……」スリスリ

「あぁ~! 素晴らしい!!」

ちひろ「…………智絵里ちゃん以外の皆のライン、消えちゃったんですよね?」

68:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 18:53:22.47 ID:lYHkBVlRo

「そうなんだよー智絵里しか残ってなかったから奇跡だと思ったね」ナデナデ

智絵里「奇跡……えへへっ……」

智絵里「はっ……研修のお話、聞きたいですっ」

「ああ、2週間後に2ヶ月間の研修をしに、他のプロダクションに行くんだよ」

智絵里「場所はどこなんですか?」

「えーと○○○プロってとこ。でかいとこだよなぁ」

智絵里「そうなんですか……」

70:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 18:57:56.87 ID:lYHkBVlRo

智絵里「でも、自宅から行くんですよね?」

「うん。そんな遠くないしな。電車で行ける距離だし」

智絵里「……」

智絵里「わたし……とっても寂しいです……」

「ごめんな、智絵里……終わり次第すぐ帰ってくるから」ナデナデ

智絵里「Pさん……もしも、もしもですよ? Pさんのご指導を受けたいときは、どうすればいいんですか……?」

「それは……うーん……」

71:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 19:06:08.00 ID:lYHkBVlRo

智絵里「……」ギュ

「……」チラッ

ちひろ「……」

「うん。皆にはメアドしか教えてないけど、もしも困ったことがあったら大変だし……」

「ドラマの撮影やってるのは智絵里だけだからな……不安な点もあると思うし……」

「相談したいことがあったら……俺の電話番号教えるから、かけてくれて構わないよ」

智絵里「!!」

ちひろ「Pさん!!」

73:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 19:09:38.70 ID:lYHkBVlRo

「声じゃないと分かりにくいこともあるでしょうから。仕方ないでしょう?」

ちひろ「それはそうですけど……」

「本当は、電話番号は駄目なんですよね? まあ、許してください」

ちひろ「……」

智絵里「Pさん、ありがとうございます!」キュ

「いいよ。そのかわり、電話するのは夜にしてくれな?」

智絵里「はいっ……すごく、嬉しいです……」ギュ

74:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 19:16:03.08 ID:lYHkBVlRo

「ほら、これで登録完了だな。……もう遅いから、送るよ」

智絵里「いえ、大丈夫です。女子寮はすぐ近くですし……」

「でも……危ないじゃないか」

智絵里「本当に大丈夫ですから! これ以上Pさんにお手数かけたくないですから……」

智絵里「それじゃあ、また明日事務所で会いましょうね! Pさん、ちひろさん、お疲れさまでした」ガチャ

バタン

「おい! ……行っちゃったか……」

75:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 19:24:03.55 ID:lYHkBVlRo

ちひろ「智絵里ちゃんに、甘すぎじゃないですか?」

「うーん……気を付けてるつもりなんですが……智絵里ってなんか構ってやらないと駄目な気がして……すみません」

ちひろ「はぁ、ライン程度ならいいですけど、電話番号はあまり好ましくないですよ」

「そうですよね……」

ちひろ「ま、過ぎたことを気にしてもしょうがないですから。ほら、私たちも帰りましょう」

「はい……。あー、研修行きたくないなー!」

ちひろ「まだ言ってんですか……」

76:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 19:26:05.21 ID:lYHkBVlRo

――――

「それじゃあ、俺はこっちの線路なんで。お疲れさまでした、ちひろさん」

ちひろ「はーい。お疲れさまでしたっまた明日ー」フリフリ

「うーん……やっぱ可愛いとこあるなぁ」フリフリ

「さ、電車乗って帰るか」

77:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 19:33:25.87 ID:lYHkBVlRo

○○駅~○○駅デス

ガシャーン

「フンフーン……」スタスタ

プルルルルル プルルルルル

「ん……?」パッ


―緒方智絵里―


「智絵里……? 」ピッ

「もしもし? Pだけど、どうした? 」

智絵里『あ、ごめんなさいPさん……ちょっと合ってるか確認したくて』

「そうか。大丈夫あってるぞ」

智絵里『あ、あの……せっかくなので、お喋りしちゃだめですか……?』

78:◆IIZVaBNjwvma:2014/05/03(土) 19:39:18.64 ID:lYHkBVlRo

「え? まあいいけど……俺の家、遠目だけど駅からもう見えてるから、あんまり時間ないぞ?」

智絵里『そうですよね……はい、ちょっとでもいいので……』

「そうか? じゃあなに話す?」

智絵里『Pさんて、好きな料理ってありますか?』

「うーん、チャーハンだな!!」

智絵里『ふふっ……おいしいですよね、じゃあ――』


智絵里「作っておきますね? Pさん♪」ブツッ

END


元スレ
モバP「はぁ……智絵里達になんて言えばいいんだ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398900742/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑