*

光「温泉だってさー」飛鳥「ふうん…」


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/01(土) 07:52:15.77 ID:9lTdGOLdO

飛鳥「すると…阿蘇、鎌倉、…栃木…」

飛鳥「…そんな所かな」

二宮飛鳥(14)
二宮飛鳥(14)

「栃木?」

南条光(14)
南条光(14)

飛鳥「そ、──にわか知識で悪いけど───湧いてくる温泉の量が日本一なんだとか」

「へえ、イメージなかったなぁ」

飛鳥「温泉、ね…」 

「羨ましい?」

飛鳥「そんなことは無いさ、…嫉妬なんて感情は、あまり好きな方では無いしね」

「アタシはちょっと興味あるかも」

飛鳥「そうかい…」






飛鳥「…温泉かぁ」

「飛鳥、嘘つかなくてもいいんだよ?」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/01(土) 07:57:34.42 ID:9lTdGOLdO

飛鳥「そうじゃない、そうじゃないんだ」

「じゃあ、何だって言うのさ?」


飛鳥「…うん、何というか」

「何というか?」

飛鳥「温泉には興味が……いや無いわけではないけど」

飛鳥「それはあんまり重要な事じゃない」

「羨ましいんじゃないんだろー…?」


「寂しいとか」

飛鳥「…………」



飛鳥「熊本弁が欲しい」

「そこだったかー」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/01(土) 08:39:18.68 ID:9lTdGOLdO

「えーアタシはー?」ブーブー

飛鳥「蔑ろにするわけじゃないさ…」



飛鳥「…でも今光しか居ないじゃないか」

「まあ、…」

「うまい具合出払ってるよね」


飛鳥「退屈なのさ…」

飛鳥「そういうば……って言ったら悪いけど、麗奈も居ないね」

「ン、そうだね…」

飛鳥「…………」

「…………」






飛鳥「アーッハッハッハッハッ……ゲホっ!光の麦茶をめんつゆにすり替えてやったわ!」

「おのれ小癪な……!アタ…我に逆らった事を後悔するがいい!」

「裁きの雷を受けろぉーッ!!」


飛鳥「…………」

「…………」



「…虚しい」

飛鳥「そうだね…」

「虚しい」

飛鳥「二回も言わなくていいかな」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/01(土) 12:30:27.68 ID:9lTdGOLdO

「…あ、そうだ」

飛鳥「…?」

「オーストラリアの時はとうだったんだ?」

飛鳥「あの時は気の引かれる物が多かったからね…」

飛鳥「…誰が居ないだとか、気にすることは無かったね」

「そうだったのか」




 ピロリン♪



「誰から?」

飛鳥「…かな子」


飛鳥「ふん…」

飛鳥『蘭子ちゃんの言葉で翼ってどこのことを言うのかな(>_<)』

飛鳥「…以下略」

「で?」

飛鳥「『大体背中のあたり』…っと」

「やっぱり…妥当っちゃ妥当?」

飛鳥「間違えたって、ちょっと悲しそうになるだけだけど」

「普通に喋っ……てのはだめかな」

飛鳥「それが彼女だからね」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/01(土) 16:23:38.71 ID:9lTdGOLdO

飛鳥「まあ、いつまでああいう喋りを続けるのかは、気になるところではあるけれど」

「………」



「…二十過ぎぐらいまで」

飛鳥「今のあさんとかの事考えたろう」

「…あと飛鳥にも言えるんじゃないか?それ」

飛鳥「光にも」


「…………」

飛鳥「…………」




「この話やめた!やめ!」

飛鳥「知れぬ未来を語って…どうなるわけでもない」

「アタシはいつだってヒーローだ!」コレデイイ!


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/01(土) 17:36:23.05 ID:9lTdGOLdO

「そういえば、アタシずっと気になってた事があるんだよね」

飛鳥「なんだい?」

「温泉まんじゅうって普通のと何が違うのかなー、って」

飛鳥「確かに、…まあ、限定感を出した名前なだけで、ただのまんじゅうかも知れないけど」

飛鳥「所謂オトナの悪知恵さ」

「えー?ショックかも」

飛鳥「可能性だよ」


「あー…、行ってる人に聞けばいいのか!」

飛鳥「…ああ」

「……って、聞くまでもなかったー」

「麗奈が呟いてる」

飛鳥「どんなだい?」

「…何か色々書いてあるけど、おいしかったって」

飛鳥「ふむ…良いことだね」




「…いーなぁー」ゴロン

飛鳥「きっと、言わなくてもお土産で買ってきてくれるさ」

飛鳥「…まあ、ボクは蘭子にキープしておいてもらうけど」

「あ、アタシの分も頼んどいて!…麗奈が素直に買ってくるとは思えないしね」

飛鳥「…理解ってるというか、なんというか…」

「少なくともわさびは覚悟しないとね!」


14 :媒体変えたらID変わってら? :2014/11/01(土) 19:02:25.30 ID:9lTdGOLdO

「…やっぱ暇だなぁ」

飛鳥「話し込んでいるだけじゃあ限界があるかい?」

「うーん、アタシは構わない、けど手持無沙汰というかなんというか」

飛鳥「もう一人くらい居ると変わるかも―――」



 ガチャ




ほたる「…あ、…」

白菊ほたる(13)
白菊ほたる(13)

飛鳥「………」




飛鳥「……………、」


ほたる「…ぁ」







飛鳥「…♪」グリンッ

ほたる「ひっ…!?」



飛鳥「ほおおおおたあああああるるうううううう!」ズリズリズリズリズリ

ほたる「やっ!?ぁ!」

「いらっしゃーい、コーヒーとかあるよ」コポコポコポコポコポ

飛鳥「プロフィットロールもあるよ」ゴト

「流石飛鳥、お菓子までよくわかんない」

ほたる「もてされてる!?」

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/01(土) 23:40:46.67 ID:9lTdGOLdO

飛鳥「いやあ、驚かせてしまったね

飛鳥「でも今ここにキミが来たことはボクらにとって幸運だったのさ」

ほたる「はぁ…」

「ヘンな事言うからハの字眉の角度が急になってるよ飛鳥」

飛鳥「悪いけど、性分だ、曲げられない」

「まあ、歓迎するぞ!」

ほたる「ええと?歓迎されます…?」


「でも飛鳥さ、お菓子持ってるなら早く出してくれれば良かったのに」ヒョイ

飛鳥「もう少し人数で食べようかと思ったからね…」

飛鳥「退屈しのぎに出したんじゃ、二人で食べきってしまうまである」

「もう食べちゃうけどねー」ムグ

ほたる「この…ぷろふぃっとろーる?…かわいい…」

「おいしいよ」モグモグ

飛鳥「ふふん、褒めるといい」

ほたる「…ふふ、晶葉ちゃんみたいなこと言う…」

「いけない、キャラが濃いよ」

飛鳥「中二だけで十分さ…」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/01(土) 23:57:45.20 ID:9lTdGOLdO


「…あ、コーヒードリッパーがアタシを呼んでる」

飛鳥「往くんだ、光」

「待っていろーっ!」

ほたる「光ちゃん三つも持ってこれる…?手伝った方がいいかな…」

「ん、大丈夫ー、」

 コト

飛鳥「ありがとう、砂糖とミルクはもうあるよ」

「おー」

ほたる「……あれ」


飛鳥「…皆まで言わないでくれ」

ほたる「あ、うん」


飛鳥「それはそうと、わざわざコーヒーを持ってきた理由はあるのかい?」

「…飛鳥だから?」

飛鳥「………」


飛鳥「やっぱりというか、なんというか」

ほたる「…私も、そうしたかも…」

ほたる「……ごめん?」

飛鳥「いや、そうじゃないけれどね」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/02(日) 00:11:54.24 ID:laD0ljHY0

「ほたるって何気に飛鳥よりおっきいんだな」

飛鳥「二重の意味でね」

ほたる「えぇ、そんなの…」


「ていうか飛鳥が高そうで高くないんだよ」

飛鳥「む、気になる言い方だね?」

ほたる「スッとしてて、かっこいいからかな…?」

飛鳥「かっこいい?」

ほたる「美人さん系の顔って言うのかな…」

「あー、そんな感じだよね」

飛鳥「ふん…」


「でも並んだら蘭子より低いんだよね」

飛鳥「…気にならないと言えば、嘘になるんだけどね…」

ほたる「逆だったら、調度いいのかな?」

飛鳥「いいさ、成長期はまだある」

飛鳥「いつか見下ろしてやるから、首を洗って待っていればいい」

ほたる「がんばって…!」

「…………」





「…成長期」

飛鳥「結構自爆に近いって事、キミは気付いてるかい?」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/02(日) 00:27:22.87 ID:laD0ljHY0

ほたる「光ちゃんは…」

飛鳥「それはそれで……ってい見方もあるよ」

「でもさー、手足長い方がアクションも映えるし、やっぱり憧れるよ?」


「凛さんくらいあったらなー」

ほたる「…凛さん高いよね、何食べてるんだろう…」

飛鳥「殆ど遺伝だとも聞くけどね、文字通り高望みさ、あそこまでは」




飛鳥「というより」

ほたる「…?」


飛鳥「…コーヒーが全然減ってない気がするんだ」

ほたる「熱そうで、つい…」

「もうちょっと冷まそうかな、って」

飛鳥「ま、人のことは言えないけれど…」




ほたる「…あ、っていうと…」

「うん?」

ほたる「みくさんがよく…『熱い』って叫んでるのは、やっぱり猫舌って事だよね…?」

飛鳥「…………」

「…………」


ほたる「あれ、私…何か変な…」

「いや、いいんだよ」

飛鳥「…願わくば、そのままで」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/03(月) 00:08:02.46 ID:Xma4eo8EO
「アイスコーヒーとかにすれば良かったかな?」

飛鳥「その場合、先に氷が要るかな」

ほたる「このまま、ここに氷を入れるのはダメなの?…」

飛鳥「そうだね、コーヒーを冷やしたかったら、コーヒーを抽出した後急激に冷やした方がいい」

飛鳥「因みにアイスコーヒーにはガムシロップを使うべきだね」

ほたる「詳しいんだね…」

飛鳥「Wikipedia由来さ、自慢できたモノではないよ」


「…ご飯なんかとは逆だね」

飛鳥「…ああ…フフ、確かに」

「冷やご飯なんかちょっとガッカリしちゃうもんねー」

ほたる「あ…わかる、熱いのはヤだけど…最初から冷たいと…」

飛鳥「固まってしまうしね、米が」

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/04(火) 00:49:09.71 ID:LvvEtLXC0

飛鳥「まあでも、暫くコーヒーを冷やすことは無いだろう」

ほたる「冬になってくるからね…」

「今もちょっと寒いかも」チビ

飛鳥「…む、光が口に出さなければ、意識しなかったかも知れない」

ほたる「…そうかな?…そうかも」

「あれっ、悪いのアタシ?」

飛鳥「と言っても、今はコーヒーしか暖がないわけだけど…」チビ




飛鳥「…………」ジッ

ほたる「……、何…?」

飛鳥「……時にほたる」





飛鳥「ハグというのはストレスやれ何やれを三分の一にするらしい」ニジリニジリ

ほたる「えっ?…な、飛鳥ちゃん?」

「くわばらくわばら」ササッ

ほたる「光ちゃん?」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/04(火) 01:00:00.80 ID:LvvEtLXC0

飛鳥「大人しくボクに抱かれろ」

「語弊を生むよ」

飛鳥「キミは黙ってボクを受け入れていればいいんだ」

ほたる「ひどくしなくていいんだよ…!?」


飛鳥「ともあれ、だ」ギュ

ほたる「あう…」

「あったかいー?」

飛鳥「この冬は決まりだね」

ほたる「他の手段にしたほうがいいと思うな…」


ほたる「というか…飛鳥ちゃんって、こんな事する感じだったっけ…?」

飛鳥「…………」





飛鳥「友人から、体を洗ってもらっただの膝枕だのどうでもいいノロケメールを受け取る気にもなってみるといい」

ほたる「ああ…」

「ちょっとちっちゃくない?」

飛鳥「何とでも言えばいい」ムギュー

ほたる「うう…」

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/04(火) 01:16:14.01 ID:LvvEtLXC0

ほたる「コーヒー頭にかかっちゃうよ…」

飛鳥「がんばってくれ」

「ほたる困ってるよ」

飛鳥「光も光で抱きしめやすそうな体系…」

「ごめんほたる」

飛鳥「蘭子がいちゃついてるのが悪い」

ほたる「…………」





ほたる「……………」ゴゴゴゴゴ…

飛鳥「!?」
「!?」


ほたる「私…蘭子ちゃんの替わりなの…?」ゴゴゴゴゴ

飛鳥「はっ、さ、寒い!?」

「く、黒い物が出てるよ…!?」

ほたる「蘭子ちゃんが居なくて寂しいの、私を使って紛らわすの…?」ゴゴゴゴゴ

飛鳥「そんなんじゃない!?信じてくれ!」

「なにこの無駄な演技力…っ」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/04(火) 01:23:38.81 ID:LvvEtLXC0



ほたる「私だって…やるときは」フンス

飛鳥「調子に乗りました」ズズ

「黒薔薇の感じで?」

ほたる「うん…変な役立て方だけど…」


飛鳥「しかし、この行き場のない感情はどうしてくれよう」

ほたる「発散しなきゃだめ、なの?」

飛鳥「……そうだ」



 パシャリ



飛鳥「『プロフィットロール美味しい』」

飛鳥「………送信」

「メール?」

飛鳥「ふん、これで精々洋菓子を恋しがればいいんだ」

ほたる「反撃がかわいい…」

「確信的にちっちゃいよ飛鳥」

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/10(月) 23:34:34.65 ID:ow5ht9Uc0


 ピロリン♪

飛鳥「む」

飛鳥「…なかなかどうして」カチカチ


ほたる「……ちょっと、頭から離してみない?」

飛鳥「…ん、…あっち側の事をかい?」

「まあ、あんまり気にしても仕方ない事かもね」

飛鳥「…そうだねー……」

ほたる「頭冷やすって言ったら…変な言い方だけど…」

「熱くなって、変な誤解生んだりしたらイヤだぞ?」


飛鳥「…変に意識しすぎていた、言ってしまえばそうだね」

飛鳥「少し、どこかで頭を冷やしてくるとしよう」スクッ

ほたる「えっ…?そういう話…」

(多分、突っ込みは程々で良いと思う)ヒソヒソ

ほたる「あ、うん」


飛鳥「それじゃ、少ししたら戻ってくるよ」

「いってらっしゃーい」



 ガチャ



ほたる「…………」

「…………」


ほたる「…その」

ほたる「『一人で』『どこかに』は…必要だったのかな…」

「わかんない、飛鳥だし」

ほたる「…それもそうなのかな?」

「悪化して帰ってきたりしちゃったら笑っちゃうよね!」

ほたる「ふふ…流石に…」




────…………

────────………………


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/10(月) 23:55:26.25 ID:ow5ht9Uc0

────────……………

─────…………



 ガチャ



蘭子「魔王の凱旋よぉー!!……」

蘭子「ぉー………」グデ

神崎蘭子(14)
神崎蘭子(14)


「……………」


「おかえり…」


蘭子「移動疲れちゃった……」ボスッ

晶葉「むむ、そいつはいかんな…」

晶葉「と、ここで役に立つのが私特製マッサージロボだな」ピ

池袋晶葉(14)
池袋晶葉(14)

 ゥィーンウィーン

蘭子「わっ…新たなる下僕か」

晶葉「ふふふ、効果の程は期待しておいて良いぞ、何せ造ったのはこの天才なのだからな!」

蘭子「ほう…では我が邪悪祓ってみるがいい!」

晶葉「望む所だ…やれ、ロボ!」



 ガチャ



飛鳥「…………」


飛鳥「………ぁ」


蘭子「星霜を越え、巡り会ったか、闇の眷族よ」モミモミ

晶葉「飛鳥か、ちょうどいいからお前も体験してみるか?これ」

「、……」


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/11(火) 00:28:43.71 ID:Bd1Z9uyE0
飛鳥「……」ユラァ

晶葉「なんだ、疲れてるのか?」

飛鳥「……、…」スリ…スリ…


 ギュ


蘭子「へっ……?」

飛鳥「………」ギュ


飛鳥「………こ」

蘭子「今、何て…」

飛鳥「…蘭子」





飛鳥「ほんものの蘭子だぁ…!」ギギギギ

蘭子「ぃっ…!」

蘭子「って、ほ、本物ってなに…!?」

「いやあ、掘り下げないほうが、良いとも思うな、アタシ…」

晶葉「光の目にハイライトが無いっ…!?」


飛鳥「大丈夫だ…安心してくれ…」グイグイ

飛鳥「ボクはキミの事を理解しているから…フフ、キミの翼がどこに在るのかも…全部…」グイグイ

蘭子「や!?何?こわい!こわい!?」ズリズリズリズリ

飛鳥「先ずは体を流そうか?翼だろ?翼がいいんだろ?大丈夫任せてくれ」グイグイ

飛鳥「キミが望むなら何でもこなしてみせるさ…」

蘭子「………っ」


蘭子「じ、じゃあっ!」

飛鳥「ん?」

蘭子「じゃあ…」



蘭子「は、離して…」

飛鳥「………」

蘭子「…………」






飛鳥「………………」ズリズリズズリズリズリ


           いやあああああああ……>


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/11(火) 00:29:14.91 ID:Bd1Z9uyE0




芳乃「…………」キョロキョロ

芳乃「そなたー」

依田芳乃(16)
依田芳乃(16)


まゆ「……」ピクッ

佐久間まゆ(16)
佐久間まゆ(16)

芳乃「………、」ジッ

まゆ「…………」



まゆ「ま、……」


まゆ「まゆは何も知りませぇん!」ダッ

芳乃「…」ダッ



晶葉「な………」ポカーン

「…」


「晶葉」

晶葉「な、何だ?」

「温泉まんじゅう食べよう」

晶葉「そ、そうだな…」



35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/11(火) 00:30:57.73 ID:Bd1Z9uyE0
終わり

どうやって締めようとしてたのか完全に忘失していた数日間


元スレ
光「温泉だってさー」飛鳥「ふうん…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414795935/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑