*

麗奈「飛鳥が目を開けて寝てる」


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/01(金) 20:42:45.73 ID:H0tniXVz0


飛鳥「…………」

麗奈「……なに間抜け面晒してんのよアンタ」

飛鳥「………」

麗奈「聞いてんの?」

飛鳥「……………」

麗奈「レイナサマが話してんのよ?いい加減に…」

飛鳥「……………」




飛鳥「…………」zzz…



麗奈「…コイツマジ?」

二宮飛鳥(14)
二宮飛鳥(14)

小関麗奈(13)
小関麗奈(13)

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/01(金) 20:48:00.76 ID:H0tniXVz0


麗奈「まさか実在してたなんてね…」


飛鳥「………」


麗奈「…………」


麗奈「…ホントに寝てんのかしら」

麗奈「…バーカ、……」


飛鳥「…………」


麗奈「………」

麗奈「中二病、マヌケ、」

麗奈「なーにが抵抗よ、恥ずかしくないの?この黒歴史製造機」


飛鳥「……………」




飛鳥「………」zzz…

麗奈「っ……マジね…」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/01(金) 20:59:51.99 ID:H0tniXVz0


麗奈「……目ぇ乾かないのかしら…」


飛鳥「…………」zz..





小梅「何、してるの……?」ヒョコ

白坂小梅(13)
白坂小梅(13)

麗奈「っ!」ビク

麗奈「…小梅、…これよ、これ」

小梅「…飛鳥ちゃん……、寝てる、の?」

麗奈「多分ね」



小梅「…」ツンツン

飛鳥「……、」




小梅「…………」ヒラヒラ

飛鳥「………」

小梅「…焦点、合ってない…」




小梅「し、死んでる…みたい…!」キラキラ

麗奈(相っ変わらずね)


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/01(金) 21:09:06.94 ID:H0tniXVz0



小梅「…あ、あの……」

麗奈「…?…何よ」

小梅「麗奈ちゃんは……い、イタズラ、しないの……?」

小梅「…その、飛鳥ちゃんに……」

麗奈「ん……」




麗奈「…何かキモチワルイ、気勢が削がれたわ」

小梅「そう…」




小梅「じ、じゃあ…私が……い、イタズラしちゃう……!」

麗奈「………?」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/01(金) 21:22:42.44 ID:H0tniXVz0


小梅「…、……♪」


血糊『ワルイナ…』


小梅「起こさないように…」


 ペタ ペタ…


小梅「…ま、まだ……」


傷シール『マダダゼ』


 ペタリ


小梅「…で、できた……♪」


麗奈「…………」



麗奈「結構エグい事するわね」

小梅「気分は…と、特殊メイク…!」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/01(金) 21:51:08.50 ID:H0tniXVz0


麗奈「まるでゾンビか何かね」

小梅「あ、飛鳥ちゃん、…素敵…!」

麗奈「もっと色白い奴の方が栄えたかも知れないわね」

小梅「蘭子ちゃん…アーニャさん……周子さんなんかも………!」

麗奈「面白いわね、それ使い方今度教えなさいよ」

小梅「う、うん…いい、よ…」




 ガチャリ



ほたる「…あ……」

白菊ほたる(13)
白菊ほたる(13)

ほたる「麗奈ちゃん、小梅ちゃん…」

ほたる「それに、飛鳥さ………」


飛鳥「…………」(グロメイク)


ほたる「ぇ……?…何……」

ほたる「え………あ……」


ほたる「あ…ぁ、あ……?…何…ゃ」

ほたる「やだ…やだ……!あああ、あ、あ…」

ほたる「飛鳥さんっ!やぁっ!飛鳥さんっ!」


飛鳥「……………」


ほたる「いや…、だめ、嫌、いやぁあぁあっ!!」

ほたる「いやぁ!!誰か!!誰かぁ!」





麗奈「アーッハッハッ!小梅、アンタ最っ高」ケラケラ

小梅「…え、へへ……」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/01(金) 23:46:42.85 ID:H0tniXVz0






ほたる「び、びっくりしちゃった……」ホッ

小梅「ご、ごめん…ね?」

ほたる「うん…飛鳥さん真っ赤だったから…」

麗奈「傷がいい仕事してるわよねぇ」


ほたる「でも…私あんなに叫んだのに……」


飛鳥「…………」zzz…


ほたる「まだ寝てる…」

麗奈「一枚撮っときたいわ」パシャリ

小梅「わ、私も……」パシャリ


ほたる「………」ツンツン

ほたる「…………」プニプニ

ほたる「……」


ほたる「…………」グニ

小梅「…ほたる、ちゃん?」

ほたる「………はっ」パッ

麗奈「気が済むまでいじり倒せばいいのよ」

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/02(土) 13:21:49.46 ID:A4sgFEJt0

ほたる「もう…何したら起きるんだろう…」

麗奈「エクステでも引っ張ったら嬌声上げながら跳び起きるんじゃない?」

小梅「……な、何かの、スイッチ…?」

ほたる「怒られたりしないかな…」

麗奈「なーにが怖いことあんのよ、やってみれば良いじゃない!」

麗奈「怒ったとしても三日すれば忘れてるわよ」

ほたる「…やっぱりちょっと怖いかな…」

小梅「…ほたるちゃん…さ、さっきも…『さん』呼び、だった…」

ほたる「なんか、雰囲気が…」

ほたる「……そこまで近い仲じゃないし…」

麗奈「コイツ早生まれだからタメみたいなモンよ」

ほたる「えっ…?」

小梅「…い、意外…」

麗奈「何が中二よ、中一じゃないの」

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/02(土) 19:56:13.00 ID:A4sgFEJt0

ほたる「…飛鳥さーん」ペチペチ

飛鳥「…………」


飛鳥「…ぅ………」ピク


小梅「…ぁ……」

小梅「…起こし、ちゃっ…た?」

ほたる「起きて……はない」

麗奈「それだけじゃつまんないわよ」

ほたる「つ、つまんない…」

麗奈「だから三日もすれば忘れてるっての」

小梅「そ、そんな…鳥頭、みたいな…」

麗奈「鳥が住めそうな頭してるし似たようなモンでしょ」

ほたる「ンフッ」

小梅「……?」

ほたる「……そ、想像したら…少し面白くて…」


────………

──────……………


飛鳥『…ああ、これかい?』

飛鳥『鳥の卵さ、そろそろ孵化する頃だと思うんだけど』


──────……………

────………


ほたる「ご、ごめん…飛鳥…ちゃん…」プルプル

麗奈(思ったよりイイ性格してるのかしら)

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/02(土) 20:20:35.15 ID:A4sgFEJt0


飛鳥「ん………」ズルリ

ほたる「えっ?」


 ボスッ


ほたる「ぁ……と、……」

麗奈「あら、鳥の巣がピンポイントで膝に」

ほたる「ど、どうしよう…」

小梅「ほたるちゃんの、…す、好きでいいと、…思う、よ…?」


麗奈「……膝に落ちるって言ったって結構な衝撃よね」

麗奈「熟睡で片付けていいものなの?これ」

小梅「…な、何かで…眠らされてる…?」

麗奈「金縛りとかでも言いたいワケ?」

小梅「…それは……今は、違う……そういうの、だったら、……いいけど」

ほたる「志希さん、とか…?」

小梅「…ブラックコーヒー……だ、出して……砂糖の、代わりに睡眠薬……」

麗奈「…ありうる」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/02(土) 21:10:35.49 ID:A4sgFEJt0


ほたる「飛鳥さーん…」ユサユサ

小梅(…『さん』に戻っちゃった)

飛鳥「………」zzz…

麗奈「起こそうと思ったら色々あるわよ」

麗奈「アタシがその気だったら鼻にタバスコ突っ込んでやるわね!」

ほたる「火傷しちゃいそう…」

小梅「寝起き、ドッキリ……?」

麗奈「ま、そういうのもアリね」




小梅「………よっ…」ポスン


ほたる「?……何、それ?」

小梅「私の、…バッグ…」

麗奈「いや違うでしょ、何やってんのかって」

小梅「…胸を…あ、圧迫される、と…悪い夢を、……みるって……」

ほたる「へ、へぇ…」

麗奈「悪い夢見て起きたら自分の顔がゾンビでしょ?」

麗奈「最悪じゃない!」ケタケタ

小梅「ぜ、ぜったい、びっくり…!」

ほたる(…この二人結構相性いいのかなぁ)

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/02(土) 21:17:11.33 ID:A4sgFEJt0

麗奈「…ちょかい出したら夢に影響すんのかしらねー…」

ほたる「そういうことある…と思う…」

小梅「……首…」カリカリ


  カリカリ…


飛鳥「………うぁ…」ピクリ


ほたる「…何か苦しそう…?」

麗奈「成功?」

小梅「……だと、いいな…」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/02(土) 21:34:42.88 ID:A4sgFEJt0


麗奈「ちょっとアタシにも何かやらせなさいよ」

小梅「あ、れ…さっき…」

麗奈「半目で死んでるゾンビも段々慣れてきたわ」

ほたる「よく考えなくても凄い顔だよね…」

麗奈「怖い夢でしょ?……んー……」


麗奈「…腹!」ピラ


  グニッ


飛鳥「ぅ………!」

麗奈「っ!」
ほたる「!」
小梅「!」


麗奈「……………、」

飛鳥「…………」





飛鳥「…………」zzz…

麗奈「…セーフ」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/03(日) 09:32:45.68 ID:ioxq8qT+0


麗奈「ま、アタシならギリギリを制するのも余裕って事よ!」

麗奈「…次はアンタよ、ほたる」

ほたる「えっ?」

麗奈「わかるでしょ、空気読みなさい」

麗奈「このままロシアンルーレットよ」

ほたる「ええっ!?」

麗奈「起こした奴はレイナサマバズーカね」

小梅「が、がんばって……」

ほたる「えぇ…うう……」



ほたる「…ごめんなさいっ」グイッ

エクステ『アッ///』


飛鳥「…………」



飛鳥「………、」zzz…



ほたる「…………」

麗奈「…何?興味あったの?さっきの冗談」

ほたる「……///」

小梅(ちょっと残念そう…)

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/03(日) 10:31:10.40 ID:ioxq8qT+0




 数分後



小梅「…そろそろ、…お、起きそう……?」

ほたる「顔色が悪くなってきてる…」

ほたる(やっぱり途中で止めておくべきだったかな…)

麗奈「元から悪いなんてもんじゃ無いでしょうよ、血みどろよ?血みどろ」

ほたる「それは…そうだけど…」

麗奈「つーかこれ落ちんの?血糊、だったかしら」

小梅「う、うん…大丈、夫…」

麗奈「ふーん…ま、知った事じゃないけど」


飛鳥「…う、……」ギュ


麗奈「…頃合い、…ほら起きなさいよ!」グニグニ

飛鳥「…ゔああ゙ぁぁあ゙あぁあっ!?」ガバッ



飛鳥「………ぁ?」キョトン

麗奈「アーッハッハッハッ!いい夢は見れた?」

ほたる「おはよう…」

小梅「…ご、ごめん…ね?」

飛鳥「…ああ、夢……何で小梅が謝るんだい?」

麗奈「大したことじゃあ無いわよ!」

麗奈「…そんな事より、アンタ顔色悪いわよ?ちょっと鏡見てみなさいよ」ヒョイ

飛鳥「うん?…何だかよくわからない…け、ど……」


手鏡『ミテシマッタナ?』




飛鳥「…ゔあ゙あぁあ゙あぁあ゙あああっ!?」


飛鳥「──ぁ」カクン


  ドサッ


ほたる「あ、飛鳥…さ……?」

麗奈「おーい、…おーい?」

小梅「…気、絶…?」

麗奈「アハハッ!オチまで付けてくれたわ!」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/03(日) 10:43:45.03 ID:ioxq8qT+0



小梅「…れ、麗奈ちゃん…」

麗奈「…?何よ」


小梅「オチは……ま、まだ、ついて、無いかな……って……」スチャ


レイナサマバズーカ『』


麗奈「は……?…何それ…どこから…つーか何で……」

小梅「さっき……言った……」


───………
─────…………

麗奈『起こした奴はレイナサマバズーカね』

─────…………
───………


麗奈「……いや、いやいや…あれはね、小梅…」

小梅「そ、その顔……すき…」

麗奈「待ちなさいッ!小梅!…小梅?小梅!───」



小梅「───ちゃんちゃん…か、かな…?」


  カチッ




  「ぎゃああああーーーーッッ!!!」







飛鳥「」

ほたる「ど、どうしよう…」

ほたる「……あれ」


ほたる「何か、湿って……」


ほたる「……あっ」


────………

───────……………

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/03(日) 10:54:49.80 ID:ioxq8qT+0


──────……………

────………


 後日



「…なぁ、飛鳥、まだ駄目なのか?」

飛鳥「…光は、やっぱり嫌かい?」

「そうじゃなくてさ…心配されてるぞ?」

飛鳥「そんな事言ったって…だめなんだよ……」ギュ



飛鳥「もうボク一人じゃ寝れない……」ビクビク

(何があったんだろう……)




END


元スレ
麗奈「飛鳥が目を開けて寝てる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406893355/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑