*

ありす「プロデューサーはもう少しキリっとするべきです」


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:30:33.44 ID:JxN65EvN0


〜次の日〜


P「ですから、ありすさんの助言のように……」

ありす「違います」

P「これからはキリッと、常識のある言葉遣い、人に敬意を払うように」

ありす「違うんですっ!」

P「……わかりました」

ありす「どう考えてもわかってませんが、聞かせてください」

P「まず呼び名を変えろ、ということですね。橘さん」

ありす「なっ」

橘ありす(12)
橘ありす(12)

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:31:24.67 ID:JxN65EvN0

P「確かにこれまで、配慮が足りませんでした。気を付けますので……」

ありす「どっ、どうして……」

P「では橘さん、レッスンの時間がおしています、参りましょうか」

ありす「あ、あのっ、プロデューサー」

P「どうかしましたか?」

ありす「……そのっ、私は」

輝子「あ……P、台本、知らないか、私の……」

星輝子(15)
星輝子(15)

P「おうそこだぞ、机置いといた」

ありす「っ!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:32:59.06 ID:JxN65EvN0

ありす「なんで……」

輝子「……ん……あ、ありす……?」

ありす「……名前で、呼ばないでください」

P「輝子、ダメだぞ……橘さん、すみません。気を付けさせますから」

輝子「う、うん……ごめん……」

ありす「…………構いません。行きましょう、プロデューサー」

P「はい」

輝子「い、いってらっしゃい」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:34:17.90 ID:JxN65EvN0

P「今日のレッスンはですね」ブロロロ

ありす「……」

P「橘さんは昔と比べ表情がずっと豊かになりましたし、今度はそれをより…」

ありす「私は無愛想でしたか」

P「……そういうことでは」

ありす(……自覚はありました)

ありす(それでも最近は……だった、のに……)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:35:30.93 ID:JxN65EvN0

P「つきましたよ橘さん……橘さん?」

ありす「……すみません。考え事をしていました」

P「そうですか。悩み事なら相談をしてくださいね」

ありす「そうですね……プロデューサー」

P「はい」

ありす「今日のレッスンは……一人、ですか?」

P「いえ、合同で……」

ありす(合同、誰が……)
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:37:14.63 ID:JxN65EvN0

P「とにかくレッスン場に入りましょうか……お?」ガチャ

幸子「もう、遅いですよ! ボクをこんなに待たせるなんて!」

輿水幸子(14)
輿水幸子(14)

ありす「!」

P「おう、すまんすまん」

幸子「全く、ボクのプロデューサーなんですからもう少しキリッとして貰わないと」

P「ああ、それは注意されてな、気を付けようと思ってるんだ」

幸子「まったく、仕方ありませんね……おや、橘さん? どうしたんですか?」

ありす「……いいえ、別に。早くレッスンを始めましょう」

幸子「そうですか……じゃあ、まずはストレッチからですね」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:38:11.18 ID:JxN65EvN0

幸子「じゃあゆっくり押しますね!」グイッ

ありす「んっ……」

幸子「……! 橘さん、や、柔らかい……なかなかやりますね……」

ありす「……」


P『ありす、今日はな……』


ありす「橘、さん……」

幸子「でもボクだって柔軟は毎日……あ、あれ、どうかしましたか?」

ありす「なんでも、ありません。次はこちらが押す番ですね」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:39:56.13 ID:JxN65EvN0

ありす「ありがとうございました幸子さん、交代しましょう」

幸子「……」

ありす「どうかしましたか?」

幸子「橘さん。強がりもカワイイですけれど、素直になったほうがもっとカワイイと思いますよ?」

ありす「何の話ですか。急すぎます」

幸子「なんとなくですよ。何か悩んでいませんか?」

幸子「なんならこのボクが相談にのってあげてもいいんですよ!」

ありす「……」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:41:04.30 ID:JxN65EvN0

ありす「それなら、一つだけ……」

幸子「! ふ、フフン、なんですか? なんでも来てください!」

ありす「幸子さん、私を呼び捨てにしてみてもらえませんか……?」

幸子「へっ?」

幸子「え、えっと……あ、ありす……?」

ありす「……」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:42:18.86 ID:JxN65EvN0

幸子「あ、あの。橘さん??これはいったい」

ありす「呼び捨てで、とお願いしたはずです」

幸子「う……ありす」

ありす「はい」

幸子「これで、いいんですか?」

ありす「……もう少しお願いします」

幸子「……ありす」

ありす「……ふふ」

幸子「笑わないでくださいっ、ボクだって凄く違和感がっ」

ありす「いえ……やっぱり私は……」

ありす(あの人に呼んでもらえるから、私はこの名前を……)

幸子「た、橘さん……!? なっ、なんでっ、泣いて……!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:42:58.85 ID:JxN65EvN0


―――



P「あり……橘さん!」

ありす「……」

P「幸子から……連絡がありました。急に泣き出したと……大丈夫ですか?」

ありす「大丈夫に、見えますか?」

P「いえ……ですが、体調を崩しただとか……」

ありす「……そうですね。崩れちゃいました。ぐずぐずです」

P「担当アイドルの不調も見抜けない自分を情けなく思います、本当に申し訳ない……」

ありす「……まだ言うんですか」

P「まだ?」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:43:30.53 ID:JxN65EvN0

ありす「プロデューサー……いえ、Pさん」

P「ぴ、Pさん?」

ありす「ええ、Pさん、Pさんです、幸子さんにはそう呼ばれてますよね」

P「それは……そうですが、しかし」

ありす「しかしじゃありません。誰か一人だけを特別扱いするのは論理的ではないと思います」

P「……それなら、幸子……いえ、輿水さん側にも――」

ありす「どうしてそうなるんですか。Pさんと、幸子さんはいい関係ですよね?」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:44:49.24 ID:JxN65EvN0

P「でも……」

ありす「……わかりました、分かってくれないなら私はPさんのこと呼び捨てにします」

P「え」

ありす「ぴ、Pを困らしてやるんですからっ!」

P「きゅ、急に何を」

ありす「それくらいっ!……それくらい呼び名って、特別なんです……Pさんが今、困ってるくらい」

P「……」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:45:20.88 ID:JxN65EvN0

ありす「ね、P……さん。私のことを呼んでください」

P「……ありす」

ありす「はい」

P「ありす」

ありす「はいっ」

P「ありす」

ありす「はいっ!」

P「……ごめんな」

ありす「許してあげません。まだまだ足りないんですから」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:46:12.25 ID:JxN65EvN0

ありす「これからもっともっと呼んで貰わないと……ですからね、Pさん」

P「その、Pさんっていうのは、続投なのか?」

ありす「ダメですか……?」

P「うっ」

ありす「……P?」

P「わ、わかった! わかったそれでいい!」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:46:48.86 ID:JxN65EvN0


―――



P「仕事いこうか、幸子、ありすー」

ありす「はい。呼びましたか」

P「うん、しご……あの」

ありす「呼びました、か?」ギュッ

P「……ありす。離れてくれ」

ありす「Pさんはワガママですね」

P「うんうん、わかったから。ありす」

ありす「えへへ」

幸子「……」

P「……ん? どうしたんだ幸子」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:47:33.95 ID:JxN65EvN0

ありす「Pさん、行かないんですか?」

P「おい、手を引っ張るなって」

幸子「て、手を繋っ……ぴ、Pさん!」

P「ん、なんだ幸子」

幸子「……Pさんはもう少し、キリッとするべきですよ!」

P「なるほど……ありすにも言われたな……」

幸子「だ、だったらわかりますよね? ねっ」

P「ああ……いや。はい」

幸子「フフーン、だったら」

P「以降気を付けさせていただきます、輿水さん」

幸子「えっ」



おわり

元スレ
ありす「プロデューサーはもう少しキリっとするべきです」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427362233/

Comment

  1. 匿名 より:

    ガイジP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑