*

十時愛梨「眠いなぁ…」

公開日: : いちゃいちゃ ,


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/16(火) 03:27:41.17 ID:DJv/56qz0
愛梨「……」

「……」カタカタ

愛梨「ふわぁ~あ…」

「んっ?」

愛梨「あっ、ゴメンなさい!お仕事してる横であくびなんかして…」

「別にいいよ、気にするな」

愛梨「すみません…」

「ゆうべ夜更かしでもしてたのか?」

愛梨「…もっと早く寝ようと思ったんですけど」

「そんなに遅くまでなにしてたんだ?」

愛梨「えっとですねぇ、色々やってたんです!」

十時愛梨(18)
十時愛梨(18)

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/16(火) 03:32:56.78 ID:DJv/56qz0
「ほう、色々…」

愛梨「まず大学の課題と…あとそれから次のライブのダンスの動きの確認…」

「ふむふむ」

愛梨「あっ、それとPさんのことを考えてました♪」

「…最後のは別にいらないんじゃないのか?」

愛梨「うーん、でもいつものことだし…」

「いつも?」

愛梨「はい!明日はPさんに会ったらなんて挨拶しようかなとか…」

愛梨「どんなケーキを作ったら喜んでくれるかなとか…色々考えてたんですよ♪」

「愛梨…」ナデナデ

愛梨「Pさん…」

「でも…」

愛梨「えっ?」

「それで睡眠不足になってたら世話ないだろうが、こいつめ」ワシャワシャワシャワシャ…

愛梨「きゃー!ゴメンなさいー!」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/16(火) 03:50:50.18 ID:DJv/56qz0
「夜はしっかり寝なきゃダメだろ、ただでさえ愛梨は忙しくて疲れてるんだからな」

愛梨「うぅぅ…ひどいですよぉ、髪の毛変になっちゃった…」

「課題は終わったのか?」

愛梨「えっと、なんとか目処が付きそうです、なんとか」

「まったく…今度からはそういうので困ったら俺に言えよ?」

愛梨「えっ、もしかして手伝ってくれるんですか!?」

「『がんばれ』って横で応援してやるよ」

愛梨「Pさんのイジワル…」

「まあ、相談くらいなら乗ってやるさ、アドバイスとかもしてやれるかもしれないし」

愛梨「はい、じゃあ今度からそうしますね!」

「ダンスの方はどうだ?」

愛梨「それもなんとかなりそうです、部屋で復習を兼ねて踊ったりしてるんですよ」

「部屋でか?なんだか危ないような気がするな、踊りに夢中になって物を倒したりしてるんじゃ…」

愛梨「だ、大丈夫です!そんなこと…」

「本当か?」

愛梨「と、時々…ベッドの角に足の指をぶつけたりしちゃいますけど…」

「やっぱりな」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/16(火) 07:33:21.58 ID:DJv/56qz0

愛梨「で、でももう大丈夫です!なんだったら見てください!」ガタッ

「おいおい愛梨…」

愛梨「ほらほら!どうですか?ちゃんとステップ踏めてますよね♪」

「わかったわかった、踏めてるからそれくらいで…」

愛梨「これなら部屋の中で踊っても平気…」


ガッ!


愛梨「きゃっ…!」

「おっと!」ダキッ

愛梨「す、すみませ…」

「大丈夫か?睡眠不足なのに無理するからだ、まったく」

愛梨「…ゴメンなさい」

「少し仮眠を取った方がいいぞ、ソファーに横になったらどうだ?」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/16(火) 07:35:00.34 ID:DJv/56qz0
愛梨「じゃあお言葉に甘えて…」フラフラ…

「愛梨、本当に大丈夫か?」

愛梨「は、はい…そんなに心配しなくても…」

「……」ジーッ

愛梨「Pさん?」

「…いや、やっぱダメだ」

愛梨「えっ…きゃっ!」


ヒョイッ


「運んでやるよ、じっとしてろ」

愛梨「あの…重くないですか?」

「大丈夫だよ、愛梨は見た目と違って案外軽いからな」

愛梨「えぇっ!?私、重そうに見えるんですか?」

「いやそうじゃなくて、確かにボリュームがあるとは思うけど…」

愛梨「ボリューム?うーん…なんだかよくわかりませんけど…」

愛梨「でもまあ…いいや♪」ギュッ

「嬉しそうだな?」

愛梨「えへへ、だってPさんにお姫様抱っこされてますから♪」

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/16(火) 23:51:02.05 ID:bVhNwxXf0
「よいしょっと、ほら到着だ」

愛梨「ん~♡」ギュウウウウウウ

「こーら、もう手を放せ」

愛梨「むぅぅ…もうちょっとくらい…」

「ダメだ、放しなさい」

愛梨「はーい…」

「しばらく休んでていいぞ、後で起こすからな」

愛梨「……」ジーッ

「なんだよ?」

愛梨「一緒に寝てくれないんですか?」

「ひとりで寝なさい」

愛梨「Pさんのケチ…」

「仕方ないなぁ、じゃあ…」

愛梨「寝てくれるんですか?」

「寝ないよ、でもその代わりと言っちゃなんだけど…」

「髪の毛を梳かしてやるよ、さっき俺がいじっちゃったからな」

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/16(火) 23:59:54.85 ID:bVhNwxXf0
スッ スッ…



「痛くないか?」

愛梨「大丈夫です、気持ちいいですよ♪」

「愛梨は髪を下ろすと印象が変わるな」

愛梨「そうですか?」

「ああ、なんか大人っぽく見えるよ」

愛梨「そっかぁ…やっぱり子供っぽいかな、今の髪形…」

「そんなことはないだろ、俺は愛梨らしくていいと思うぞ」

愛梨「私らしくって?」

「いつも明るくて元気いっぱいな愛梨にはよく似合ってるよ」

愛梨「えへへ、ありがとうございますっ!」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/17(水) 20:01:58.60 ID:ud7SODig0
「よしできた、終わったぞ愛梨」

愛梨「うーん…」

「どうした?」

愛梨「ちょっと考え事です」

「考え事?いったい何をだ?」

愛梨「えっと…Pさんは元気な私って好きですか?」

「もちろんだよ、愛梨の元気な姿を見てると、俺も愛梨に負けないようにがんばらないとって気になるからな」

愛梨「本当ですか?そんな風に思ってもらえて嬉しいですっ♪じゃあ…」

「じゃあ?」

愛梨「あの…大人っぽい私ってどう思います?」

「大人っぽい愛梨?うーん…大人っぽい愛梨か…」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/17(水) 20:31:07.91 ID:ud7SODig0
愛梨「いやですか?」

「いやっていうか…想像がつかないっていうか…」

愛梨「どうして?」

「だってなぁ、愛梨は普段が普段だし…」

愛梨「あっ、ひどいですよぉ!そんなこと言うなんてっ!」

「ゴメンゴメン、でもどうしてそんなこと聞くんだ?」

愛梨「だって、Pさんがさっき髪を下ろすと印象が変わるって言ってたじゃないですか」

「うん、言ったな」

愛梨「私、気をつけてるつもりですけどまだまだ抜けてるし、今日だってPさんに心配してもらっちゃったし…」

愛梨「だから、せめて髪型だけでも大人っぽくすればもうちょっとしっかりできるかなって思って…」

「なるほど、髪型を…」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/17(水) 21:47:17.12 ID:ud7SODig0
愛梨「Pさんも私がもっと大人っぽくてしっかりしてる方がいいですよね?」

「まあ、しっかりしてるに越したことはないとは思うけどな」

愛梨「やっぱりそうですよね…」

「じゃあ、俺からも一つ質問していいか?」

愛梨「質問?いったいなんですか?」

「愛梨は今の髪型をどう思ってる?」

愛梨「今の髪型?」

「嫌いか?」

愛梨「うーん、別に嫌いじゃないですよ?むしろ好きな方ですけど…」

「俺も同じだよ、愛梨のその髪型は可愛くてすごく大好きだ」

愛梨「えへへっ、そっかぁ、Pさんも大好きなんですかぁ♪」

「ああ、俺も気に入ってるし愛梨も気に入ってるなら無理に変える必要はないと思うぞ?」

愛梨「でも…」

「それに、これだけは言っておきたいんだけど…」

愛梨「なんですか?」

「愛梨はな、だいぶしっかりしてきてると思うよ」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/17(水) 22:47:33.66 ID:ud7SODig0
愛梨「えっ、本当ですか!?」

「まあ、ライブの後にスタッフさんとかの前で衣装を脱ごうとしたり、部屋で踊って足の指をぶつけたりはしてるけど…」

愛梨「うぅぅ…き、気を付けてはいるんですよ?」

「でもさ、最初の頃はよく出番を忘れたり、目を離すとどこかに行っちゃったりしてただろ?」

愛梨「そういえばそうでしたよね、私ったら本当に危なっかしくて…」

「だけど、最近は俺が現場に行けない時でもちゃんと一人で仕事がこなせるようになったし」

「どうすればステージでファンの人たちにアピールできるかわかってきたみたいだしな」

「自分ではわからないみたいだけど、ちゃんと成長してるし大人になってきてるんだよ」

愛梨「Pさん…」

「髪型を変えたいんだったら反対はしないけどさ、なにも急いで変える事はないと思うぞ」

愛梨「えへへっ、そうですね!」

「さっ、話はこれくらいにして少し寝た方がいい」

愛梨「はい、なんだか安心したせいかすごく眠くなっちゃいました…」

「ああ、ゆっくり寝ろよ、なにも心配するな」

愛梨「はーい…あっ、Pさん」

「なんだ?」

愛梨「えっとですね、寝るまででいいんですけど…」




愛梨「手を握っててもらえませんか?」

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/18(木) 01:03:16.24 ID:7LMdPsde0
「手?」

愛梨「そうです、ダメですか?」

「まったく、いつまでたっても甘えん坊だな…」

愛梨「えへへ、ゴメンなさい♪」


ギュッ


愛梨「Pさんの手…あったかいです」

愛梨「この手に触ってると…安心します…」

「そうか?」

愛梨「そうですよー、よくできた時はPさんの手で撫でてもらって…」

愛梨「道がわからない時はPさんに手を引いてもらって…」

愛梨「いつも、こんなドジな私といっしょに歩いていってくれるんです♪」

「愛梨…」

愛梨「Pさん、私もっともっとこの手に引っ張ってほしいです」

「わかってるよ」

愛梨「ずっと、ずーっとですよ?」

「まだまだ目が離せないからな、俺が手を引いてあげないと」

愛梨「そうですっ、Pさんといつまでも手を繋いで歩いていきたいですね♪」

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/18(木) 01:06:18.69 ID:7LMdPsde0
「ああ、俺も同じ気持ちだよ」

愛梨「放しちゃ…いやですよぉ?」ウトウト…

「絶対に放さないよ、安心しろ」

愛梨「Pさーん…」

愛梨「だいすき…」

「俺もだ…」

愛梨「すぅ…すぅ…」

「眠ったか…」

「もう少しだけここにいてやるとするか…」



「おやすみ、愛梨」



おわり

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/18(木) 01:12:37.92 ID:7LMdPsde0
ちょっとだけつづき



「……」カタカタ…


ソロリ ソロリ…


「……」カタカタ…

「えいっ!」ギュッ

「うおっと!愛梨、起きたのか?」

愛梨「はいっ、とってもよく眠れましたよ♪」

「もう少し寝ててもよかったんだぞ?」

愛梨「もう大丈夫です、ゆっくりできましたからね、もう元気ですっ!」

「それならよかった」

愛梨「眠ってる時に夢を見てましたよ♪」

「へぇ、どんな夢だ?」

愛梨「えっとですね、Pさんと私が…」

「俺と愛梨が?」

愛梨「えへへっ♪これ以上は秘密ですっ!」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/18(木) 01:19:18.63 ID:7LMdPsde0
「教えてくれないのか?」

愛梨「まだダメですっ、でも本当に幸せな夢だったなぁ…」

「まあ、愛梨が幸せならそれでいいか、それよりもう帰るだろ?送ってやるよ」

愛梨「ありがとうございますっ♪」

「今日は部屋で踊ったりするなよ?」

愛梨「もう、わかってますよぉ」

「またどこかにつまづいてケガでもしたら大変だからな、あのぬいぐるみを抱いてゆっくり寝てろ」

愛梨「えへへ、Pさんがプレゼントしてくれたぬいぐるみですねっ♪」

「その通り、それじゃ行こうか」

愛梨「あっ、ちょっと待ってください!」

「なんだよ急に?」

愛梨「Pさん、そのまま動かないで…」

「?」


カシャッ


愛梨「えへへっ、Pさんの写真撮っちゃいました♪」

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/18(木) 01:21:30.51 ID:7LMdPsde0
「俺なんか撮ってもなんにもならないだろ」

愛梨「そんなことありませんよ、今夜は寝る前にPさんの顔を見るんですから♪」

「へぇ、話し掛けたりするのか?」

愛梨「そうです、『おやすみなさい』とか『明日も大好き』とか言ったり…」

「ふーん…」

愛梨「あとは…えっと…」


カシャッ


愛梨「えっ?」

「じゃあ俺も撮っておこうかな、愛梨の写真」

愛梨「Pさん…」

「俺も寝る前に話しかけたりしてみようか」

愛梨「えへへ、それなら今夜寝る前に電話してもいいですか?」

「ちょっとだけな、あんまり長話して夜更かしするのはダメだぞ?」

愛梨「大丈夫ですよ、ちょっとだけですから!」

「わかったわかった、それじゃ行こう」

愛梨「はいっ♪」


ちひろ「…….」カタカタ

29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/18(木) 01:26:51.85 ID:7LMdPsde0
「ちひろさん、ちょっと愛梨を寮まで送ってきます」

ちひろ「わかりました」カタカタ

愛梨「冷蔵庫にカップケーキ入ってますから、食べてくださいね」

ちひろ「ありがとうございます」カタカタ

愛梨「明日もPさんにケーキ作ってきますからね♪」

「あんまり無理しなくていいぞ、毎回作るのも大変だろ?」

愛梨「Pさんに食べてもらえるならちっとも大変なんかじゃないですよっ♪」

「でもあんまり食べすぎるとカロリーがな…」

愛梨「じゃあ、明日は私と半分こしませんか?」

「うーん、それなら大丈夫かな」

愛梨「決まりですね、それじゃ楽しみにしててくださいっ!」

「ああ、楽しみにしてるよ」ナデナデ

愛梨「えへへっ♪」

ちひろ「……」カタカタ

「じゃあちょっと行ってきます」

愛梨「ちひろさん、また明日!」

ちひろ「ええ、お疲れさまでした」


バタン ブロロロロロ…


ちひろ「……」カタカタ

ちひろ「はぁ…」





ちひろ「事務所でイチャつくなぁーー!!!」





ほんとにおわり

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/09/18(木) 01:29:31.64 ID:7LMdPsde0
駄文失礼しました~
シンデレラドリームのとときんはセリフから成長した感が出てて好きです
いつか髪を下ろした所も見てみたいけど…無理かな
最近は仕事が忙しくて書く時間がありません ネタだけはいっぱいあるのですが
あとたまにはロリ組も書いてみたいです みりあとか
ではまた~


元スレ
十時愛梨「眠いなぁ…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410805383/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑