*

モバP「高森藍子の同調」


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/22(日) 17:38:21.98 ID:njNXIqr5o
モバP(以下P)「そうだ、旅行いこう」

藍子「旅行…ですか?」

P「そう、旅行」

藍子「いいですね…知らない所で知らない物を見て…」

P「適当な駅で降りてその辺ブラブラ歩くのとかもうたまらんな」

藍子「わかります」

P「よし、有給とってこよう」ガタッ

高森藍子(16)
高森藍子(16)


3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/22(日) 17:38:52.87 ID:njNXIqr5o
藍子「お土産、楽しみにしてますね?」

P「…なに言ってんだ、藍子」

藍子「はい?」

P「お前も行くんだぞ」

藍子「え…えええええぇ?」

P「さ、行くぞー」ガシッ

藍子「い、いやああああ…」ズルズル


4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/22(日) 17:39:20.22 ID:njNXIqr5o
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

……ガタン、ゴトン……

P「いやーやっぱりいいな、旅行」

藍子「どうして私まで連れてこられたんですか…」シクシク

P「なんでってそりゃお前、当たり前だろ」

藍子「?」

P「藍子と旅行に行きたかったからだよ」

藍子「~~~っ///」マッカ

6:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:40:28.09 ID:njNXIqr5o
P「はー駅弁うめーなー」

藍子(ずるい人…)

P「はー食った食った」

藍子「もう、おじさんくさいですよ?」

P「なに言ってんだ、俺はまだまだ現役だって」

藍子「その言葉がもうおじさんなんですよ…」

P「や、やめろ!聞きたくない!」

藍子「そういえば最近疲れやすくなったとか言ってましたし…」


7:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:40:56.55 ID:njNXIqr5o
P「あーあー聞こえなーい聞こえない」

藍子「もう…」クスッ

P「あ、藍子が俺に暴言を…いつからそんな悪い子になってしまったんだ!」

藍子「そ、そんな暴言なんて…」アセアセ

P「藍子はうちの良心だったのに…」

藍子「もう、からかうのはやめてくださいっ」

P「そうだな、藍子で遊ぶと楽しいからついな」

藍子「あ、遊ぶって…もう」

8:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:41:22.86 ID:njNXIqr5o
P「ははは」

藍子「ははは、じゃありませんよ…」

P「そう疲れた顔をするなよ、ほら降りるぞー」

藍子「え、も、もうですか?ちょっと待ってください…」

P「んーっ!空気が旨い!」ノビー

藍子「ですねえ…」ノビー

P「んで、ここどこだろうな?」

藍子「さあ…」

P「んー…おっ、あそこに案内板っぽいのがあるぞ」


9:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:41:56.11 ID:njNXIqr5o
藍子「あ、ほんと…」

P「…と、思ったが」

藍子「え?」

P「たまには当て所も無く歩くのもいいだろ、行くぞー!」

藍子「えっ、あっ、ちょっとPさん!?待って…」

P「さあ、捕まえてごらんなさーい!」ダダダ

藍子「もう…子供みたいな人なんですから」カシャー

藍子「待ってくださーい!」タッタッタ…

10:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:42:22.65 ID:njNXIqr5o
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P「」コヒュー…コヒュー…

藍子「はい、Pさんお水ですよ」

P「」ゴクゴクゴクゴク

藍子「あっ、もう…そんなに一気に飲んだら身体によくありませんよ?」

P「…ぷはーっ!生き返った!」

藍子「Pさん、全然体力ないんですね…」

P「いやあ最近デスクワークばっかりでな、体がなまってるのをすっかり忘れてた」

11:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:42:50.32 ID:njNXIqr5o
藍子「以前は何かスポーツでも?」

P「おう、学生時代は帰宅部に打ち込んだぞ」

藍子「……」ジトーッ

P「そ、そんな目で見るなよ…」

藍子「心なしか嬉しそうにしないでください…」ドンビキ

P「冗談だよ、水ありがとな」

藍子「それで、今からどうしましょうか」

P「知れたこと!歩く!」

藍子「見知らぬ土地で気ままにのんびり歩く…ふふ、やっぱりPさんもこういうのお好きですね?」

12:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:44:49.81 ID:njNXIqr5o
P「まあな、ワクワクしてくるだろ?」

藍子「いつもとは違う道だから、自然と歩くのもゆっくりになって」

P「そうそう、いつもなら目に留まらないだろうなって物まで見えるんだよな」

藍子「ふふっ、じゃあPさんの言うとおりに当て所なく」

P「ああ、ゆったり行こうじゃないか」

藍子「よかった…カメラも持ってきておいて」

P「それ、トイカメラってやつか?」
13:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:45:40.17 ID:njNXIqr5o
藍子「はい、椿さんに色々教えてもらって…今はすっかり、この子のトリコですっ」

P「俺もそんなに詳しくはないんだけど…なんだっけ、独特な写真が撮れるとか?」

藍子「そうですね、今日は一杯写真を撮るつもりなので帰ったら一緒に見てみませんか?」

P「おっ、いいな。
今日の楽しみが一つ増えるってもんだ」

藍子「じゃあ、ゆっくりと…」

P「ああ、のんびりいくか」

14:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:46:25.25 ID:njNXIqr5o
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P「おっ、こんなところに駄菓子屋が」

藍子「ホントですね…うわあ、懐かしい」

P「げんこつ飴か…子供の頃、よく食ったなあ」

藍子「きなこ棒じゃないんですか?」

P「うちの地元ではげんこつ飴って言ってたな」

藍子「へぇ…あ、ヨーグルトも」

P「お、それ粉っぽいけど旨いんだよな」

藍子「時々食べたくなるんですよね…」

15:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:47:20.23 ID:njNXIqr5o
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

藍子「あっ、Pさん見てください!」

P「んー?」

藍子「猫さんが…」

P「ほんとだ、よしよしこっちこーい」

藍子「わぁ…可愛いですね」

P「人に慣れてるみたいだけど首輪はないな…この辺に居ついてる野良だな」

藍子「おいでー♪」

P「ちょうどいい、さっき買ったジャーキーが」

藍子「猫さんが食べても大丈夫でしょうか…?」
16:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:47:53.53 ID:njNXIqr5o
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P「遊歩道か…小さい山があって登れるらしいな」

藍子「行ってみます?」

P「あたぼうよ、行かずにはおられんわ」

藍子「頂上が休憩所になってて、30分ほどで着くみたいですね」

P「ちょうどいい、ちょっと遅いがそこで昼飯にでもするか」

藍子「そう言われれば、ちょっとおなかが空きました」

P「駄菓子しか食べてないしな、歩いた後の飯は旨いぞー」

藍子「じゃあ、行きましょうPさん!」

P「おうよ」
17:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:48:23.58 ID:njNXIqr5o
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P「…疲れた」

藍子「もうすぐですよPさん、ほらあそこに看板が」

P「も、もうひとふんばり…」

藍子「ふぁいとですっ」

P「登り…切ったー!」

ザァッ…

藍子「わ…!」

P「おお…」
18:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:48:59.04 ID:njNXIqr5o
藍子「海…」

P「ウェミダー!」

藍子「きゃあっ!ど、どうしたんですかPさん!?」

P「いや、なんとなく言わないといけない気がして」

藍子「???」

P「いやいい、気にするな」

藍子「そうですか?
…それにしても、すごい」

P「ああ、疲れも吹き飛ぶよ」

19:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:49:26.03 ID:njNXIqr5o
藍子「いい景色ですね…」

P「そうだ、藍子、写真」

藍子「あ、そうですね…つい見とれちゃってました」カシャッ

P「いいの撮れたか?」

藍子「…わかりません」

P「現像してみるまで、ってことか」

藍子「そうですね…でも、素敵な写真だといいなって思います」

20:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 17:50:06.47 ID:njNXIqr5o
P「藍子が撮ったんだ、きっといい写真だろうさ」

藍子「…Pさんがそう言ってくれるなら、きっと」

P「…腹減った」グウ

藍子「あら」クスクス

P「俺はやっぱ、花より団子ってことだなー」

藍子「いいじゃないですか、なんだかその方がPさんらしいですよっ」

P「そうか?」

21:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 18:01:09.00 ID:njNXIqr5o
藍子「そうですよー」

P「なんか微妙な評価な気がしないでもないな…」

藍子「そ、そんなことないですよ…?」

P「…まあいいや、なにはともあれ飯にするか!」

藍子「はい!」

22:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 18:01:36.45 ID:njNXIqr5o
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P「ごちそうさま」

藍子「ごちそうさまでした」

P「いやー旨かった、こういう店に巡り合えるからなかなか旅はやめられない」

藍子「そうですね…眺めもとっても素敵です」

P「コーヒーも旨いし、しばらくここでゆっくりしていくか」

藍子「そうしましょうか、私もちょっと疲れちゃいました」

P「レッスンやらなんやらでだいぶ体力はついたんじゃないか?」

23:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 18:06:50.06 ID:njNXIqr5o
藍子「初めに比べたらそうですね…でも、まだまだ茜ちゃんや未央ちゃんにはかないません」

P「あの二人はバイタリティの塊みたいなもんだからな…」

藍子「でも二人とも、とってもキラキラしてて…ちょっと羨ましくなっちゃいます」

P「…藍子には藍子の魅力があるさ、あの子らにも負けないくらいに」

藍子「そうですか?ふふっ、ありがとうございますっ」

P「しかし、藍子も成長したよなあ」

藍子「私、変わりましたか?」
24:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 18:07:43.13 ID:njNXIqr5o
P「前よりも色んな表情をするようになったなーと、俺は思うぞ」

藍子「…だとしたら、それは多分Pさんのお陰ですね」

P「俺の?」

藍子「はい」

P「そんな大層なこと、した覚えはないんだがなあ」

藍子「Pさんにとって特別なことじゃなくても、私にとっては特別だったんですよ」

P「そうかあ…」
25:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 18:08:20.53 ID:njNXIqr5o
藍子「私、あまり人と何かを競ったりするのって好きじゃないんですけど…」

P「ああ、そういえば最初はそんな事言ってたな…でも最近は随分やる気出してるじゃないか」

藍子「Pさんが前に言ってくれた言葉、覚えてますか?」

P「うーん…?」

藍子「『いつもよりもう一歩だけ踏み出してみろ。そうやってしか見えない景色もあるんだ』って」

P「…そんなクサいことを平然と言い放ったのか俺は」

藍子「でも、それが私に勇気をくれたんです。
私が変われたのなら、間違いなくきっかけはPさんのその言葉でした」

26:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 18:08:46.89 ID:njNXIqr5o
P「…そりゃなによりだ」

藍子「ありがとうございます、Pさん」

P「どうした、いきなり改まって」

藍子「最近はPさんとあんまりお話できてなかったですから…言っておかなくちゃ、って思ったんです」

P「そうか…じゃあ俺も、藍子に言っておかなくちゃいけないことがある」

藍子「…なんですか?」

27:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 18:09:13.07 ID:njNXIqr5o
P「俺のアイドルでいてくれてありがとう、藍子。
これからもよろしくな」

藍子「…はいっ」

P「…うっし、堅苦しい話はこの辺にしよう!なんか背中がムズがゆくなってきた」

藍子「そうですね…でも、まだまだいっぱいPさんとお話したいこと、あるんですよ?」

P「聞こうじゃないか、時間なら売るほどあるんだ」

藍子「えっと、じゃあこの間菜帆さんと一緒にお散歩してた時の話なんですけど…」

28:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 18:09:39.27 ID:njNXIqr5o
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

藍子(Pさん、ごめんなさい)

藍子(私、ちょっとだけ嘘をついちゃいました)

藍子(私が変われたのは、確かにPさんの言葉のお陰なんですけど…)

藍子(ホントは、もっと大事な理由があるんです)

藍子(でも…)

藍子(今はまだ、Pさんと一緒にいられるこの時間を大事にしたいんです)


29:◆klx9zSJI.g:2014/06/22(日) 18:10:05.16 ID:njNXIqr5o










藍子「Pさん!これからもずっと、私と一緒にいてくださいねっ!」








END


元スレ
モバP「高森藍子の同調」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403426269/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑