*

絵理「審」涼「査」愛「員!」


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:29:37.95 ID:pEpxIGeuo

876プロ 会議室


石川「三人とも、集まったわね」

絵理「」コクリ

「」ドキドキ

「」ナニカナーナニカナー

石川「さて、今日の876プロの躍進はあなたたちの働きがなければなかったと言えるわ」

「色々ありましたねー……」

「876プロって、躍進してるんですか?」

絵理「多分」

2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:31:30.35 ID:pEpxIGeuo

石川「この調子ならもうちょっと広い事務所に移転することもできるし、環境も更にいいものになるわ」

涼(環境かぁ……)

「楽しみですねー!」

絵理「……それで、私たちを集めたのは?」

石川「三人には、今度審査員をやってもらおうと思うの」

「「「審査員?」」」

3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:35:42.94 ID:pEpxIGeuo


石川「そろそろうちも所属アイドルを増やしていい時期なのよね」

「次期候補生を集める、ということですか?」

石川「そういうこと」

絵理「あの、社長?」

石川「何?」

絵理「事務所のスタッフは、増える?」

石川「なぜかほぼ今のままよ?」

絵理(あぁ……やっぱりセルフプロデュースになっちゃうんだ……)

石川「プロデューサーを募集してもなぜか来ないし」

(危険を察知してるんだろうなぁ……)

4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:40:04.20 ID:pEpxIGeuo

石川「それで、オーディションを開きたいと思うんだけど……その目玉として三人が審査員、というのを入れたいのよ」

「あたしたちが審査員で、みんな応募してくるんですか?」

石川「結構効果あると思うわよ。三人とも、今や事務所の顔だし」

「そうだったんですか?」

石川「言っとくけど涼、あなたが一番人気なのよ?」

「わぁ~! 涼さん、凄いです!」

「あ、ありがとう……なんだか照れるけど……」

絵理「分かる話だと思う」

石川「絵理も涼に迫る人気よ。二人ともファン層が広いから」

「絵理さんも! やりましたね!」

絵理「うん。……ありがとう?」

5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:44:34.91 ID:pEpxIGeuo


石川「涼と絵理が審査員。これは美味しいし、二人にとってもいい経験になると思うわ」

「……」ソワソワ

「愛ちゃん? どうかした?」

「あの、社長? あたしは?」

石川「え?」

「なんだか、あたしが審査員になることの、えっと、ヘルメット……じゃなくて、メリーゴー……」

絵理「メリット?」

「そう! メリットがいまいち分からないんですけど!」

石川「そうね。正直愛はデメリットの方が大きいから、本当は入れたくないのよね」フー…

「ガーーーーン!?」

6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:49:23.55 ID:pEpxIGeuo

石川「ノリで「入れちゃいます! 一緒にがんばりましょー!」とか言っちゃいそうだし」

絵理(……否定できない?)

石川「舞さんの大暴れがあるから、あなたにも似たようなイメージがついちゃうことがあるし」

(本質的には、似てるっぽいもんなぁ……)

石川「何より、愛に審査されると相手も不安の方が大きいと思うのよね――」

「社長ーーー! 社長は、社長はあたしがキライなんですか!?」

石川「ちゃんと審査できるの?」

「しますよーー! うわ~~~ん!」

7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:55:25.19 ID:pEpxIGeuo


絵理「実際、愛ちゃんは直感でいい人を引き当てると思うし、いいところを引き出すのもうまいと思いますけど?」

石川「うまくいくかしらねぇ……」

「そこまで不安なのに事務所の顔とか言ったんですか……?」

石川「二人にはまだ追いつかないけれど、愛も中々のものよ? ファンも二人の合間を埋めてるし」

絵理「合間……?」

石川「愛本人のファンだと、子供と――20後半~40前あたりの女性なんか多いのよ」

絵理「……そっか、オーディションに来そうにない人たちがメインなんだ」

石川「そういうことよ。ただ、いないよりはいる方が何かありそうだし、愛にも出てもらうことにしたわ」

9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:58:38.18 ID:pEpxIGeuo

石川「オーディションについてはこれから立ち上げるから、三人とも審査の要点とかまとめておいてね」

「「「はい」」」



「さて、どうしよっか?」

「要点って、どこを重視して見るか、ってことですよね?」

絵理「うん。基本は私たちもいつもやってること――ビジュアル、ダンス、ボーカル。この三つ」

「僕らがやるなら、それぞれの得意分野で見るってことでいいんじゃないかな?」

絵理「多面的に見るなら、全員がこの三要素を審査して話し合う必要があると思う?」ウーン
10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:03:38.34 ID:pEpxIGeuo

「けどあたし、そこまで詳しく見れる自信ないです……」

絵理「少しの感想でもいいから、まずは見ることが大切だと思う。私に分からないことでも、愛ちゃんなら分かるかもしれない」

「愛ちゃんに分からないことでも、僕が気付けるかもしれないしね」

「あっ! なるほどです! まさに協力! って感じですね!」

絵理「うん。そういうこと」ニコッ

「そのためには、オーディションまで少しでも勉強が必要になるね」

「時間を見つけて、みんなで教え合いますか?」

絵理「そういう時間が多く取れればいいけど……独学である程度進めてもいいと思う?」
11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:07:06.73 ID:pEpxIGeuo

絵理「知識や技術の交換も必要だと思うけれど、大事なのは、視点を分けることだから」

「えっと……同じことばかり気づいちゃうかもってことですか?」

「そうなっちゃうね。影響って、受けちゃうと意外と染み込んじゃったりするから」

「へー……」

絵理「オーディションまで、各自得意分野以外も勉強。だけど、集まれる時だけは、勉強会」

「それがベストかもね」

「はい!」
12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:10:17.98 ID:pEpxIGeuo

「そういえば、審査員ってあたしたちだけなんでしょうか?」

「社長は来るのかな?」

絵理(尾崎さんは……流石に来れないかな?)

絵理「多分、社長は確定だと思う。もしかしたら、他は私たちだけかも……?」

「わっ! 責任重大ですね!」

「規模にもよると思うけどね」
13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:13:51.40 ID:pEpxIGeuo

絵理「とりあえず、どうなっても、自分たちのスタンスは崩さない方がいい?」

「そうだね。あとは……何か注意することってあるかな?」

「注意することですか?」

「審査員なんて滅多にやるものじゃないし、ましてや候補生を選ぶとなると……」

絵理「言葉一つ気をつけなきゃいけない?」

絵理(あとで尾崎さんに聞いてみようかな?)

「うーーーーん……」
15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:17:36.00 ID:pEpxIGeuo

「……どこがダメって聞かれても、全部とか言わない方がいいかもしれません」

「そんなこと普通言わないと思うよ?」

「……」

「……言われたの?」

「はい……」

絵理(い、いくらなんでも、ひどい……)

「だけど、あのオーディションのおかげであたし876プロに入れたんですよねー」
16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:21:03.51 ID:pEpxIGeuo

(ここに来るまで、何十回もオーディション受けてたんだっけ……そう考えると、凄いキャリア、なのかなぁ?)

絵理「……えっと、愛ちゃん?」

「はい! なんです?」

絵理「……だ、大丈夫なら、で、いいんだけど。ここに来るまでに受けたオーディションの話、色々聞かせてくれない?」

「絵理ちゃん、それはちょっと」

「大丈夫です! これが役に立つなら、望むところです!」

「愛ちゃん、つらくない?」

「辛い思い出も、参考になるなら!」

絵理「大丈夫。無駄には、しない」
17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:25:52.40 ID:pEpxIGeuo
―――
――


「――それで、春香さんに紹介してもらいました! これで話は終わりです!」

絵理(途中からほぼ同じような話の繰り返しだったけど、オーディションに来る候補生の様子とか傾向を色々知ることができた)

絵理「愛ちゃん……ありがとう」

「役に、立ちます?」

「立つよ。きっと、大丈夫」

「なら、よかったです! お茶いれてきますねー!」パァァ

絵理(……こんなに落ちてたんだ、愛ちゃん)

「諦めなかったから、最後の最後に春香さんに見つけてもらえたんだね」
18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:29:21.26 ID:pEpxIGeuo

絵理(見つけてもらえた……)

絵理(……この世界には、色々な入口がある)

絵理(自分の力では、中々開けられなくても――)

絵理(誰かの一押しで、入ってこれる)

絵理(今度来る人たちには、いるのかな?)

絵理(そんな、一押しを必要と、願っている人が)
19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:33:05.97 ID:pEpxIGeuo


絵理(じゃあ、願っても、いいのかな?)

絵理(私が――)

絵理(――尾崎さんみたいに、いいのかな?)

「……絵理ちゃん、不安?」

絵理「……」コクリ
20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:36:37.86 ID:pEpxIGeuo

「不安なのは仕方ないよね」

絵理「涼さんも?」

「うん。だけど、きっと来る人たちはもっと不安だから」

絵理「……」

「僕らも、候補生も、形は違うけど、きっと最初だからね」

絵理「……だから、願ってもいいのかな?」

「願う?」

絵理「最初の一歩」
21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:41:17.25 ID:pEpxIGeuo

「いいと思うよ。だって、審査員だから」

絵理「そうだと、嬉しい?」

―――
――


「お茶いれて~、お菓子のせて~」

TV『――それで、初めて特別審査員っていうのになったんです』

「~~~~♪」

TV『アイドル続けて、初めての経験だったから、とっても緊張しました』

「……♪」

TV『だけど、オーディション受けに来たみんなの頑張りが、私にも伝わって、熱中しちゃって』

「――♪」

TV『隣の人に、ちゃんと審査しなきゃって言われちゃって。それで、その中に、とっても元気のいい子を見つけられたんです』

「絵理さーん! 涼さーん! お茶がはいりましたよー!」
22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:44:00.55 ID:pEpxIGeuo

後日


「「「中……止?」」」

石川「ええ、オーディションは中止よ」

「な、なんでですか!?」

石川「人が集まらなかったのよ」

「な、なぜ?」

石川「鬼の娘怖いだの、女装男装怖いだの、ネット怖いだの……そんな感じ」

絵理「……」

石川「というわけで! あなたたちはいつも通り、各々の活動に専念!」


おわり


元スレ
絵理「審」涼「査」愛「員!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397309377/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新年あけましておめでとうございます。 本日1月5日から平常更新再開いたしますので、改めて今年もよろしくお願いします。
PAGE TOP ↑